こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2018/1/10 中央日報
韓国政府も避けられなかった最低賃金のアイロニー…外国人相談員7人解雇

 

 

 

 

 

 

 タイから移住したAさんは地域外国労働者支援センターで働きながら国内滞留中であるタイ国人勤労者と移住女性の生活相談をしてきた。だが、Aさんは新年に入って突然職を失った。最低賃金の引き上げにより雇用労働部が一部のセンター相談員に対する支援を減らしたからだ。2010年から働いてきたAさんは「多くない給与を受けて働きながらもやりがいを感じた」として「賃金の引き上げは望まなかったが、なぜ職を失わなければならないのか納得できない」と話した。

  最低賃金の引き上げを押しつけた政府もその逆風を避けられずにいる。最低賃金の引き上げに人件費負担が大きくなると、雇用人員を縮小した事例が初めて確認された。9日、雇用労働部によると、全国34外国労働者支援センター(小地域センター)で働く相談員のうち国庫支援対象者が昨年59人から今年52人に7人縮小された。

  

(以下略)

 

http://japanese.joins.com/article/375/237375.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|breakingnews

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 これはねえ・・・・・・・左巻きが善意で何かをやると大抵は悪い方向に進むという・・・・・

 

 寅さんには悪気はないんですよ。100%の善意で動いているんです。最低賃金も受け取れない貧しい労働者を何とかしてやろう・・・・・・その結果が職を失うという。

 

 日本にもポッポとかいう、寅さんによく似た首相がいたことがありましたが、あいう能無しに働かせちゃイケナイんです。馬鹿は祭り上げておくだけでいいんです。

 

 寅さんの動機が善意であることは疑いないんですが、あいにく世の中というものは世間知らずの左巻きの善意が思い通りに通用するほど単純じゃないんです。

 

 寅さんだって元大統領で盟友だった盧武鉉・・・・・・通名ノムたん・・・・・の配下として働いていたことがあったんだから分かる・・・・・・分からないかな、馬鹿だもんな。

 

 とにかくノムたんも同じような政策を執ったことがあったんですよ。非正規労働者を2年間雇用したら正規労働者にしなければならない・・・・・とかね。

 ええ、企業は非正規労働者を次々に解雇していました。

 

 そういう経験があるだろうに・・・・・まあチョーセン人は鶏頭ですからねえ。寅さんがノムたん時代のことなど記憶していなくてもしょうがないですけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 ウリは獣医のことは忘れず・・・・・・・

AD
いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)

ご隠居さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。