こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2017/12/7 東亜日報

「租税回避地」韓国

 

 

 

 

 

 

(前略)

ドイツの南ドイツ新聞のジャーナリスト、バスティアン・オーバーマイヤー氏は、昨年ある日、身元不詳の人物から10万件にのぼるペーパーカンパニーの内部資料を受け取った。これがいわゆる「パナマ文書」だ。ロシアのプーチン大統領やサッカー選手のメッシュなど租税回避地にペーパーカンパニーを建てたリストが大量に流出し、世界を騒然とさせた。その中に190人の韓国人も含まれていた

欧州連合(EU)は5日、韓国を租税回避地17ヵ国の一つに指定した韓国を除けばすべて経済規模が小さい国や自治領の島だ。どこにあるかも分からないセントルシアのレベルに韓国が突然転落した気分だ韓国が含まれたのは、外国人投資地域や経済自由区域などに投資する外国企業の減税の恩恵と関連して透明性に劣るためだという。EUは、制裁の程度を決めていないが、ブラックリストに入ったというだけで、6日、ウォン安になるなどのダメージを受けた。


 

(以下略)

宋平仁(ソン・ピョンイン)論説委員

 

 

http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1149192/1

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです。

 

 

 東亜日報も韓国がEUから租税回避地のブラックリスト入りを検討されていることを気にしているんでしょうかねえ。韓国はそんなことを気にするような国じゃないでしょうにねえ。

 

 パナマ文書・・・・・・・・私もエントリしていました

 

 しかしそんな文書を待つまでもなく、2012年7月23日の中央日報は”課税を逃れる目的で韓国から海外のタックスヘイブン(租税回避地)に移された資産が世界で3番目の規模に上る”・・・と書いていました

 

 韓国にそんなカネがあるのかねえ?と訝しがることもありません。韓国の人口などは5000万人足らずですが、既に世界各国に743万人も雄飛しているのです

 

 ええ、韓国人が韓国を嫌うように、韓国のカネも韓国を嫌っているんですね。とにかく韓国ウォンなどは”なぜニューヨークの主要銀行に5万ウォン紙幣の札束を持っていっても、ドルに両替してくれないのか”・・・と嘆かざるを得ない程度の通貨なのです

 だったらドルに替えて海外の租税回避地に移すのが安全というもので。

 

 中央日報は”1970年代から2010年まで、韓国から租税回避地に流れた資産は計7790億ドル(約61兆円)となった。中国が1兆1890億ドルで最も多く、2位はロシアの7980億ドルだった”・・・とも書いていましたな。

 

 ええ、ロシア人も中国人も地位が上でカネを持っている者ほど、自分の国なんか信用していないんですね。

 

 

 

 

 虚しくならないか?ならないんでしょうなあ。

 

 

 

 

 

 

 

 猫は箱さえあれば満足して。

AD
いいね!した人  |  コメント(22)  |  リブログ(0)

ご隠居さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。