ボクシングモバイルより

試合:橘が左フックの強打で先制すれば、石脇もすぐに切れのある右ストレートを返し、開始から激しく主導権を争った。すると2回、橘がペースを上げ右を放つとこれが石脇にヒット。倒れかけた石脇はパンチをまとめられるが、ここをしのぐと橘のワンツー、フックをダッキングで外し、反撃に転じた。ボディを叩かれ勢いを落とした橘だが、4回も下がらずに打ち合うと一進一退のまま最終5回に。石脇の右アッパーでグラついた橘は何とか踏みとどまり押し返したところで終了のゴング。判定は前半のポイントを奪った橘がタフな試合を2‐1で制した






試合は判定負けでした。

悔しいですが、また頑張ります。

たくさんの応援ありがとうございました。