風になる | 悩みとうまく同居できる人になろう 〜人生を楽に生きる簡単な方法〜

悩みとうまく同居できる人になろう 〜人生を楽に生きる簡単な方法〜

何がしたいかわからない
自分がどうしていいのかわからない
そんな悩みを持つあなた。一緒に探しに行きましょう。


テーマ:
風になる



優しいあなた、毎回押していただいてありがとうございます。
すごく励みになります。


今日もお立ち寄りいただいたあなた
いつもありがとうございます。


はじめましてのあなた。
ご縁をいただき感謝します。


先日、とある知り合いにヨットを漕艇
してみないか?と誘われ

海が大好きな私は行きたい!と即答。

そして、人生初のクルーザーヨットで
大海原へ。

想像はしていましたが、かなりハードな
体験でした。



セールを広げるときの忙しさ。

風を読むムズカしさ。

ほぼ45度に傾いた船上で移動する恐怖。


そんな日に限って、海上はかなりの強風。

自然に合わせてこちらが動くしかない感覚は
人の動きの根本を考えさせられた。

そこには計画というものが存在しない。

そもそも、計画すること自体が無意味なのだ。


例えば、どこへ何時に着きたいと思っても
ほぼムリだと考えた方がいいだろう。

風の有無や風向きに身を委ねながら
その中で出来るだけのことをする。

ただ、それはすべて自然の起こす
範疇を超えることはなく、逆らうことはできない。

もし、完全に無風だとしたら少しも進めない。


人が動くには、何かの計画とキッカケに
よって、ある程度の結果を予想して動く。

これがまったく通用しない世界に一度身を
置くと、考えかたが180度変わってしまう。


『自然を中心としたリアクション』

この構えかたは、人間本来の生きかた
そのものだと思えてならない。



雨が降りそうだから傘を用意するのではなく
雨が降ってきたから雨宿りする場所を探す。


強い向かい風に逆らって進むから
これだけしか進めない。


まるで、野生動物が腹が減ってから
狩りを始めるかのように、まさに自然の世界。


何かが起きてから、どうするか考えるように
なると、事前に不安に思うことはなくなる。

起きていることが、どうしようもないことだと
知ることができると、アタフタすることは無くなる。


すべては、自然に身をゆだねるだけ。

その中で、自分のできることなど限られている
ことを知ること。


風、海流、波にすべてを委ねるヨットに
乗って自然の偉大さを改めて知りました。

不安に思っても、何も考えていなくても
起こることは変えられない。


人生に天気予報はない。

予報したところで当たらない。



自分が風になりきるしかない。

それでいいと私は信じます。


それでは、また。

心を軽くする優しい言葉をあなたに:nobby-westさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス