12/7(金)に、映画「Heal 奇跡の治癒力」を上映します。 | えつこの部屋

えつこの部屋

和尚アートユニティスタッフによる公式ブログ。コースや最新情報、お仕事のあれこれなどスタッフの日常を公開中。


テーマ:

「癒されたい。」

「ヒーリングされた。」

 

など、いまではすっかりお馴染みのフレーズですが、ほんの数十年前までは、こんなにつかわれていなかったと思います。

 

多くのひとが口にするこの日常的なつかい方は、心身のバランスを取るための安心感やリラックスのことでしょうね。

 

しかし、もう一方では治療という意味もあります。

 

このHealing のローマ字のあたまにある「HEAL」という名前の映画が、今年日本に上陸しました。

副題が、“奇跡の治癒力”です。

 

 

病気のときは、できるだけ薬をつかわずに、人間が持っている治癒力で治したいと思っているので、夏にFacebookのタイムラインなどでこの映画のおしらせを見かけるようになったときは、「ぜひ、観に行きたい!」と思いました。

 

ところが、一般の映画館では上映されていなくて、自主上映のように1日1回限りの上映がほとんどで、行ける場所と日にちがあわずで、観に行く機会をつくれませんでした。

 

そんななか、「自分たちで上映できないか?」という想いがわいてきたので、直接お問い合わせをしてみました。

 

映画の上映なんてはじめてのことだったし、でもそれ以上に「観たい!」という想いのほうが強くて。

 

だいたいいつも、自分たちがたのしめてワクワクすることはとても大きな原動力になります。

 

そして、思いがけず、今回和尚アートユニティの協賛という形で、「HEAL 奇跡の治癒力」の上映に参加させていただくことになりました。

 

 

12/7(金)18:20スタート、20:45終了予定。

イオンシネマ みなとみらい (横浜ワールドポーターズ5F)

お申し込みはこちらから

 

タイトルにある奇跡の治癒力にも惹かれましたが、この映画には19名の出演者がいます。

 

なかでも有名なのは、ディーパック・チョプラ医学博士ですね。

 

先日もHEALのFacebookでこのようなコメントがありました。

 

 

「感情的なトラウマは、病気の始まりである~ディーパック・チョプラ~」

  

 日々の感情と思考の繰り返しは、その内容が、良くも悪しくも、個々の意識に変化をもたらし、その人の個性となっています。その個性は、物ごとの受け止め方の違いにつながります。

もし、良からぬ意識から、良からぬ感情が湧き上って、それに気づかないでいると、肉体的(生理学的)にも良くありません。

それはあたかも、体に良くない食べ物を無意識に摂りつづけて、上手く消化できないことで、毒素をためていることと同じだからです。

トラウマの解決は、先ずは、その感情に気づくことからです。

 

あと、気になったのはケリー・ターナー博士。

 

この方は、Oauマガジンの創刊号「生活のバランスをとる」の特集内で、「がんは治るべくして治る」を執筆していただいた松野哲也博士のおすすめです。

こちらからサンプルページをご覧いただけます。)

 

 

松野博士は、ご自身の経験を通して自らの腸がんを治された方です。

 

ケリー・ターナー博士の著書「がんが自然に治る生き方」については、以前のブログに書いたことがありましたが、余命宣告から「劇的寛解(かんかい)」に至った人たちが実践している9つのことについて書かれたものです。

 

 

ちなみに、その9つの事例とは、以下です。

 

・抜本的に食事を変える

・治療法は自分で決める

・直感に従う

・ハーブとサプリメントの力を借りる

・抑圧された感情を解き放つ

・より前向きに生きる

・周囲の人の支えを受け入れる

・自分の魂と深くつながる

・「どうしても生きたい理由」を持つ

 

これを読んで、どう感じましたか?

 

そのほとんどが、自分の内面に関係しているようですね。

 

 

 

(画像は、お打ち合わせの様子。Oauマガジンをご覧いただいているところです。)

 

そして、もう1人は“喜びから人生を生きる”の著者アニータ・ムアジャーニさん。

 

 

この方の本は、生前のリーラが当時おすすめしていた本で、弊社のメルマガでも何度かご紹介していた本です。

 

ご自身の臨死体験のあと、奇跡的な治癒をされて、いまは「自分を愛すること」のたいせつさを世界中で講演されています。

 

このような方々がドキュメント形式で出演しています。

(映画の10話の見どころはこちらから)

 

いまから上映がたのしみです。

 

席数に限りがあるので、早割り期間より先に売り切れが予想されます。

 

ご興味のある方は、ぜひ、劇場へ足を運んでくださいね。

 

 

またね。

 

えつこ

 

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆
にほんブログ村 資格ブログ 資格学校・スクールへ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

 

 

えつこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります