これからは、「好き」を追求する時代なのです。 | えつこの部屋

えつこの部屋

和尚アートユニティスタッフによる公式ブログ。コースや最新情報、お仕事のあれこれなどスタッフの日常を公開中。


テーマ:

前々からブログに書いていますが、わたしは本を読むのが苦手です。

 

ちょっと読んでは閉じて、またちょっと読んでは閉じて...。

 

1冊読むのにすごく時間がかかります。

 

そして、家で読むときはあまり頭にはいりませんが、なぜか本屋さんで立ち読みしているときは「スッ」と頭にはいってきます。

 

どうしてなんでしょうね?

 

で、買って帰ると、また読んでは閉じて、読んでは閉じての繰り返しなので、読書家の方やどんな内容の本かをひとに話せるひとってとってもうらやましいと思っています。

 

そんななか、最近最後まで読み終えた本があります。

 

ホリエもん(堀江貴文さん)と落合陽一さんのコラボ本、「10年後の仕事図鑑」です。

 

 

この本は、AI(人工知能)時代について書かれた本で、それがどのように経済へ及ぼすのかについて書かれてあります。

 

(わたしが)「そんな本、読むの?」と思われそうですが、

 

昔から本も映画もマイナー嗜好なのですが、本屋さんに行ったらベスト10のコーナーを見るのが好きなのです。

 

なぜなら、そこには社会の動向が凝縮されているからです。(つまり、情報源なのです。)

 

この本を読んでおもしろい!と思ったのは、「自分にしかできない仕事をつくる」というところでした。

 

まあ、そうじゃないとすべてAIがやれてしまうわけですが、そのために、好きなことを突き詰める(そして、発信していたらいつのまにか仕事になっている)という話が書かれてあります。

 

たとえば、ファミレスの店員はコンピュータが代わることができるけど、スナックのママさんは「このひとがいるから」という理由でお客さんが通ってくるからコンピュータには代わることができない、など。

 

そういえば、みうらじゅんさんの著書「「ない仕事」の作り方」にも、同じようなことが書かれてありました。

 

 

(ちなみに、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名づけ親がみうらじゅんさんだって、ご存知でしたか?)

 

先月末にようやくOauマガジン5号が発売されましたが、特集は「遊び」でした。

 

 

今回もいろんな方に執筆をしていただきましたが、多くの方が「自分の好きを突き詰めていたらこうなった」というお話ばかりでした。

 

みなさんにとって、「あれが好き」とか「こんなことに興味がある」っていうことっていろいろとあると思うのですが、

 

仕事になるのかな?とか、いくらかかるのかな?と思うよりも、自分の好きを追求するほうが価値の出る時代へと移り変わっているようです。

 

「色」を入り口に、「ほんとうのわたしを探す旅」オーラソーマのレベル1のコースが来週の8/9(木)より4日間開催されます。

 

 

このレベル1は最初の資格講座なので、このあと、レベル2やレベル3へと進んでいくことができるものです。

 

気になっている方は、この波に乗りましょうね。

 

夏の由比ヶ浜は海もいいですよ。

 

ではね。

 

えつこ

 

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆
にほんブログ村 資格ブログ 資格学校・スクールへ
にほんブログ村
 

 

えつこさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります