七夕の日は、スパイスカレーをつくって、食べてきました。 | えつこの部屋

えつこの部屋

和尚アートユニティスタッフによる公式ブログ。コースや最新情報、お仕事のあれこれなどスタッフの日常を公開中。


テーマ:

週末の土曜日は、Oauマガジンイベント「鎌倉アナン邸で習う”この日ここだけのスパイスカレー”」が開催されました。

 

 

ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

 

到着してすぐに出していただいたのは、フェネグリークという香辛料のお茶です。

 

 

とってもやさしい、やわらかな味に和みました。

 

バラッツさんのスペースは75年の古民家なので、「おばあちゃんのうちにいるみたい」でした。

 

 

 

 

この日の流れは、最初にスパイスカレーについての基礎をおしえていただいて、次に調理をスタート、最後につくったスパイスカレーをいただきました。

 

 

基礎講座の時間はクイズ形式で、当たるとポイントがもらえました。

 

バラッツさんの問いかけにみなさんが早押し並みに答えたかと思えば、「“クイズ”と言わないときはクイズではありません。」と言ってみたりと、みなさんを笑いの渦に巻き込んでいました。

(前回の笑いの様子はこちらからお読みいただけます。)

 

全体にはゆるいムードで、たいせつなことだけは強調、リピートしながら教えてくださいました。

 

細かくないので、これだとちゃんと頭にはいってきますね。

 

この日のメニューは、「白身魚のカレー」「コリアンダーチキンカレー」「3種のダールと夏野菜のカレー」でした、

 

 

どれも、最初の基礎講座でベースとなる部分をおしえてもらったあとだったので、3種類ともすんなり理解できました。

 

 

教わったことを、目の前で調理していただくのはいいですね。

 

 

香りやタイミングなどのポイントもわかりやすいし、何よりバラッツさんのトークがたのしいです。

 

今回も調理のメモのほかに、ちゃんと(笑)バラッツさんのトークもメモしてきました。

 

・みなさん、パクチー好きそうな顔しているので、たくさん入れます。

 

・鶏肉は切ってあるのを買ってきました。そのままの形と同じ値段なんです。

 

・5年前のターメリックは使えますか?と聞かれたら「知らないよ」と言いたいけど、そうもいかない。

 

・「みなさん、辛いのはだいじょうぶですか?」→(参加者、うなずく)→「だいじょうぶでなくても入れちゃうんですが。」

 

・ダールとは豆を半分に切ったものです。わたしが夜なべをして切っているのではなく、インドで機械がやっています。

 

・(今日のカレーの分量について。レシピは4人前、今回は10人以上の参加者)「4人前だとケンカになります。わたしはそんなのを見たくない。」

 

・参加者さん「にんにくをするときに手が傷つきそうになって、途中でやめます。」バラッツさん「わたしもです。」「プラスティックなんで、これはいいですよ。セットで売っているんです。」

 

 

案外ふつうの大根おろし。

 

・「かき混ぜなくていいですか?」「がんばらなくていいんです。」

 

・参加者さんが混ぜようとしたら、「がんばらなくていいんです。こげるかこげないかの狭間で生きています。」

 

・スパイスを投入したあとで、「みなさん、写真を撮りたいひとは、どうぞ!」(見せ場をわかってますね。)

 

 

・「魚を切りたいひと!」「しーん」→「たまねぎきりたいひと!」「しーん」→バラッツさん「わたしがやりますよ。1人でもやれるところを見せつけないと。」

 

 

唯一の参加者さんの調理シーン。

 

・(ココナッツミルクを入れたとき)ちょっと入れすぎたかな?人数多いからいいか。

 

・参加者「わたしたちの会社のエプロンといっしょです。」バラッツさん「マネしたの?」

 

 

・参加者「14:30にはここから出たいのですが…。」バラッツさん「余裕です。わたしも出たいです。」

 

・参加者「こげてます。」バラッツさん「みなさんにはこげているように見えますが、こげてないです。」

 

・料理本はシンプルにしたいので、編集の方に「クミンはなくてもできますか?」と聞かれると「できます」とお答えします。でも、出来上がりの味はちがいます。

 

・参加者「わたしたち、何もしていない。」バラッツさん「エプロンは気合の象徴です。」

 

・油はけっこう入れちゃいます。ガマンしてください。しょうがない。見ないほうがいい料理はあります。

 

・(ミントティーが何杯まで取れるかと云う話について)「(もっと取れそうですが、)3回までにとしておくとうちの商品が売れます」と言いながらも、みなさんがコップに氷を入れている間に、メインの魚を投入していたバラッツさん。あとでみなさんから「魚はいつ入れたのですか?」と質問される一幕も。

 

 

(こちらがそのシーンです)

 

 

15分で水出しできて、清涼感たっぷりでおいしかったです。

 

・「これはなんですか?」「帽子です。」販売しているのか、聞いてみたかったのですが...。

 

 

ここまで書いておいてなんですが、文字にすると大しておもしろくないのですが、調理のときはみなさん大ウケでした。

 

すべてお笑いなんですが、どこまでが本気かよくわからいところも。笑いがちょっとシュールなんです。

 

目の前で調理されたスパイスカレーは、みなさん「おいしい~。」と絶賛でした。

 

 

 

 

3品がたったの1時間でできあがりました。

 

 

(こちらはバラッツさんのインスタグラムより。)

 

特に魚のカレーが、レモンがきいていて、おいしかったです。

(全種類おいしくて、みなさんおかわりしてました。)

 

クイズでたくさんポイントがたまった優勝者へプレゼントが贈られました。

 

 

おめでとうございます!ピーナッツカレーをたのしみにしています。

 

最後はお買いものタイムでした。

 

 

みなさん、このあとはご自身でつくられるのですね。ワクワク。

 

アナン邸さんのサイト「インターネットオブスパイス」では、スパイスのお話やレシピ、お買いものがおたのしみいただけます。

 

 

Facebookもあるので、よかったらのぞいてみてくださいね。

 

前回はもっぱら食べる気で参加。今回もそうでしたが、さすがに2回目になったので、今回はちょっとはやってみたいという気が湧いてきました。

 

スパイスカレーにトライする予感な、今年の夏のはじまりです。

 

えつこ

 

☆ランキングに参加しました!
よろしければ、クリックお願いします☆
にほんブログ村 資格ブログ 資格学校・スクールへ
にほんブログ村
 

 

 

 

 

えつこさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります