こんにちは。


四日市:一人で頑張るママが気軽に話せて心が軽くなるベビーマッサージ教室楠元です。


9か月頃になると、離乳食にも手づかみ食べのメニューが並ぶことが多くなりますよね。


でも赤ちゃんの手が伸びてきて、すぐにぐちゃぐちゃにされて。


「お口に入っているよりも、落ちている量のほうが多いんじゃない?」「せっかくつくったのに、もう!!」


なんて思って、お皿を赤ちゃんの手が届かないところに置いたり、全部食べさせてしまったりしてませんか。



食べ物に手を伸ばすのは、赤ちゃんが「食べたい」という意欲を持って、自分で食べるという自立の一歩。


この日のために、赤ちゃんは指しゃぶりをしたり、おもちゃを目で見て、手をのばして口に持っていったりという練習をいっぱい積んできているんですよ。


そしてこの手づかみ食べの練習を経て、今度はスプーンを持って食べるという段階へと進んでいくんですね。


手づかみ食べは、スプーンを上手に持って食べるための練習なんですよ。



食事は食べさせるのではなく、自分で食べることを基本に赤ちゃんのペースで進められるといいですね。


とはいえ、離乳食に手づかみ食べのメニューを取り入れるのは、忙しいママたちにとって負担が大きいですよね。


そんな時は野菜をスティック状にしてやわらかくしたり、それも面倒な時は、輪切りにするとことで、手に持ってたべやすくなり、丸のみにして窒息するなんてことも防いだりできますよ。


でもせっかく作った食事が毎回、毎回ぐちゃぐちゃにされたり、とばされたりしたら、ママだってがっかりしたり、イライラしたりしちゃいますよね。


そんな時は、気軽に教室に遊びに来て、たくさん話して、すっきりとしてくださいね。


一人で考え込んでいるより、誰かに聞いてもらうだけで気持ちが軽くなりますよ。

最新の教室日程

1月23日(水)
1月30日(水)
2月13日(水)
2月22日(金)
2月28日(木)

お問い合わせはこちら

Mail:noababyma@gmail.com
Tell:08051267349