こんにちは。
当ブログの管理人・no1です。
「ナンバーワン」ではなく、親しみを込めて「のいち」と呼んでください♪

今日の「オークス」では、アドマイヤミヤビ(牝3歳・友道康夫厩舎)の巻き返しに期待しています。



前走の「桜花賞」では、前々走の「クイーンC」で4着に退けていたレーヌミノルの12着でした。

競馬に詳しい方ならよく知っていると思いますが、アドマイヤミヤビは、近藤利一さんの所有馬ですね。

近藤さんの本業は、大阪市北区で、建築解体業などをしている、「合建株式会社」の代表取締役会長です。

1984年にJRAの馬主資格を取得している近藤さんは、今までに400頭近く所有していて、その中の代表的な馬は、1998年の「朝日杯3歳S(現在の朝日杯FS)」と2002年の「安田記念」を勝ったアドマイヤコジーンや、1999年の「ダービー」を勝ったアドマイヤベガや、2001年の「朝日杯FS」と2004年の「フェブラリーS」を勝ったアドマイヤドンや、2003年と2004年の「エリザベス女王杯」を連覇したアドマイヤグルーヴや、2007年の「宝塚記念」のアドマイヤムーンや、今年の「ヴィクトリアマイル」を勝っているアドマイヤリードですね。

この馬達の活躍で、近藤さんは、今までに「GIレース11勝を含む重賞57勝」という成績を残しています。

2013年には、アドマイヤラクティで「ダイヤモンドS」、アドマイヤロイヤルで「プロキオンS」と、重賞を2勝して、年間で「40勝・獲得賞金9億1013万円」という成績を残していましたね。

でも、ここ3年間は、2014年が「45勝・獲得賞金7億6855万円」、一昨年が「34勝・獲得賞金7億6816万円」、去年が「23勝・獲得賞金5億3716万円」と、「2013年」の成績を下回っていました。

ですから、今年の近藤さんは、「何としても巻き返したい」と考えている筈で、実際、先ほども書いたアドマイヤリードで「ヴィクトリアマイル」を勝って、9年振りのGI勝ちを飾っていますし、先週までの成績は「11勝・獲得賞金3億9913万円」ですから、もう、去年の7割ほどを稼いでいますね。

ただ、私は、近藤さんが先週までの結果に満足しないで、今週も貪欲に勝利を追求してくると見ています。

何故なら、近藤さんは、競走馬セールに参加する機会が多くて、去年も、7月11日(月)~12日(火)の「セレクトセール」で、1億5120万円(税込)で落札した「アドマイヤテレサの2016」(牡・父ジャスタウェイ)をはじめ、計6頭に総額3億1644万円(税込)を投じていますし、今年もこれから行われるセールに参加して、何頭かを落札する筈ですから。

そして今日は、1着賞金1億0000万円(馬主の取り分は8割の8000万円)の「オークス」に、アドマイヤミヤビを出走させます。

アドマイヤミヤビは、栗東の坂路でやった17日(水)の最終追い切りは、4ハロン55秒0、ラスト1ハロン13秒8という時計を馬なりで出していましたし、脚取りは力強い感じでしたから、惨敗した前回から巻き返せる態勢は整っていると思いますね。

陣営は、早くから「オークス向き」と言っていましたから、私は期待したいです。

そしてここからは、昨日までに続いての掲載ですが、お勧めのアプリを紹介しておきます。

昔からずっと、「競馬のファンファーレを目覚ましやアラームに使えないかな?」と思っていたのですが、その目的を果たせるものが、なかなか見付からなかったんですよね。

でも、遂に見つけましたよ!

それが、「うま鳴り君」というアプリです。

このアプリは、競馬のファンファーレをアラームにできますし、タイマー機能もありますから、

「朝、ファンファーレで目覚める」

「カップラーメンを作って、できあがる時間にファンファーレが鳴るように設定」

といったことができます。

もちろん、私は見付けてすぐに登録しましたし、競馬が好きな方なら、誰でも楽しめると思いますので、興味がある方は、ダウンロードしてみるといいでしょう。

アプリの詳細は、下のリンクで確認してみてください。

■□ うま鳴り君 □■

ではまた次回!







こんにちは。
当ブログの管理人・no1です。
「ナンバーワン」ではなく、親しみを込めて「のいち」と呼んでください♪

今日の「平安S」では、ケイティブレイブ(牡4歳・目野哲也厩舎)に注目しています。



管理している目野哲也調教師は、福岡県柳川市の出身で、お兄さんは、養子に出ていますから、今は苗字が違いますけど、2014年に調教師を引退した藤岡範士(ふじおか・のりひと)さんですね。

藤岡さんは、京都競馬場の久保道雄厩舎の騎手候補生になっていましたから、その影響で、目野調教師は、中学3年生の時に、騎手養成長期課程の試験を受けて合格していて、第14期生として、小島太調教師や、池上昌弘調教師などと一緒に、東京の世田谷にある馬事公苑に入っていました。

そして、1966年の3月に鈴木和雄厩舎からデビューして、初めて騎乗したツバサリユーで初勝利を上げていましたね。

その後は、「第1回ビクトリアC(現在のエリザベス女王杯)」をクニノハナで勝っていて、それを含めて全部で重賞を6回勝って、通算322勝を上げていました。

1987年に調教師試験に合格して、その年に騎手を引退してから、次の年に自分の厩舎を開業しています。

開業した1988年は、レースに使い出したのが10月からだったため、年末までに「3勝・獲得賞金4670万円」の成績でしたね。

でも、2年目の1989年には、ホリノライデンを使った「阪急杯」で初めて重賞を勝っていて、ホウエイソブリンを使ったセントウルSも勝って、全部で「15勝・獲得賞金2億6208万円」と一気に数字を伸ばしていました。

8年目の1995年には、開業して一番の「37勝・獲得賞金5億5064万円」の成績を残していましたし、一昨年も「26勝・獲得賞金3億3544万円」の成績を残しましたけど、去年は「9勝・獲得賞金2億3166万円」の成績でしたね。

ですから、今年の目野調教師は、「何が何でも巻き返したい」と考えている筈ですけれど、実際は、先週までで「5勝・獲得賞金7271万円」の成績に留まっていて、去年の3分の1ほどしか稼げていませんから、今は、「もっとペースを上げていきたい」と強く願っているのでしょう。

しかも、目野調教師は、ニホンピロプリンスを使った1996年の「マイラーズC」など、今までにJRAの重賞を12回、ニホンピロジュピタを使った1999年の「マイルCS南部杯」や、ケイティブレイブを使った今年の「名古屋大賞典」など、今までに交流重賞を4回勝っていますけど、JRAの重賞は、フミノトキメキを使った2005年の「小倉サマージャンプ」を勝ってから、もう10年以上も勝てていませんので、今は、「久々にJRAの重賞を勝ちたい」とも考えている筈ですね。

そして今日は、1着賞金が3600万円の「平安S」にケイティブレイブが出走しますので、私が目野調教師でしたら、「ここを勝って流れを変えたい」と考える筈です。

17日(水)の最終追い切りでは、栗東の坂路で一杯に追われて、4Fが53秒5、ラストの1Fが12秒5という時計を出していて、力強い動きをしていましたから、引き続き好調と判断できると思いますし、「平安S」で、どんな走りを見せてくれるのか楽しみですね。

そしてここからは、昨日までに続いての掲載ですが、お勧めのアプリを紹介しておきます。

昔からずっと、「競馬のファンファーレを目覚ましやアラームに使えないかな?」と思っていたのですが、その目的を果たせるものが、なかなか見付からなかったんですよね。

でも、遂に見つけましたよ!

それが、「うま鳴り君」というアプリです。

このアプリは、競馬のファンファーレをアラームにできますし、タイマー機能もありますから、

「朝、ファンファーレで目覚める」

「カップラーメンを作って、できあがる時間にファンファーレが鳴るように設定」

といったことができます。

もちろん、私は見付けてすぐに登録しましたし、競馬が好きな方なら、誰でも楽しめると思いますので、興味がある方は、ダウンロードしてみるといいでしょう。

アプリの詳細は、下のリンクで確認してみてください。

■□ うま鳴り君 □■

ではまた次回!







こんにちは。
当ブログの管理人・no1です。
「ナンバーワン」ではなく、親しみを込めて「のいち」と呼んでください♪

「オークス」で、私が「高配当を担うならこれ」と思っているのは、ヤマカツグレース(牝3歳・池添兼雄厩舎)です。



ヤマカツグレースを所有しているのは、山田博康さんですね。

山田さんの本業は、「山勝林業株式会社」の代表取締役です。

ちなみに、JR和歌山線の笠田駅(和歌山県伊都郡かつらぎ町)から、車で国道480号(西高野街道)を南に向かって進んで、紀の川に掛かる大門口大橋を渡ってすぐの東渋田の交差点を右に曲がって、3分ほど走ると見えてくる材木置き場がある、白い2階建ての建物が、「山勝林業株式会社」の本社ですね。

JRAの馬主としての山田さんは、もうキャリアが30年を超えているベテランで、今までの代表的な馬は、1999年の「阪神3歳牝馬S」を勝ったヤマカツスズランや、2003年の「フィリーズレビュー」を勝ったヤマカツリリーなどで、今は4頭を所有しています。

それと、山田博康さんの息子さんは、ヤマカツエースなどを所有している山田和夫さんですね。

2014年の山田さんは、「2勝・獲得賞金4285万円」という成績で、一昨年は、「1勝・獲得賞金847万円」と、前年と比べて賞金が5分の1ほどになっていましたから、去年の山田さんは、「一昨年の二の舞にはしたくない」と考えていた筈ですし、実際に去年は、「5勝・獲得賞金8466万円」という結果を残しています。

でも、今年に入ってから先週までは、「3063万円」の賞金を獲得していますけど、1勝もできていないんですよ。

ですから、今の山田さんは、「とにかく1勝したい」と強く願っているでしょうね。

それに、山田さんは、去年の7月11日(月)~12日(火)の「セレクトセール」で、「ヤマカツマリリンの2016」(牝・父ジャスタウェイ)を1296万円(税込)で落札していますし、おそらく今年も「競走馬セール」に参加する可能性が高いでしょうから、「セール資金を少しでも潤沢にしておきたい」とも考えているでしょう。

今週は、1着賞金1億円(馬主の取り分は8割の8000万円)の「オークス」にヤマカツグレースが出走しますので、私が山田さんでしたら、「ここを勝って一気に稼ぎたい」と考えますし、この馬を預けている池添兼雄先生に対して、迷わず渾身の勝負仕上げを依頼している筈ですね。
ヤマカツグレースは、前走の「フローラS」で2着していますし、昨日の最終追い切りでは、栗東のCウッドで、6Fが83秒8、ラストの1Fが11秒8という時計を馬なりで出していて、前走時より力強さを感じますから、期待は十分にあると私は思います。

また、山田さんは、1999年の「GI・阪神3歳牝馬S」をヤマカツスズランで勝ってから、ずっとGIを勝てていませんので、今回は、「久々にGIを勝ちたい」という強い思いも込められている筈ですね。

そしてここからは、昨日までに続いての掲載ですが、お勧めのアプリを紹介しておきます。

昔からずっと、「競馬のファンファーレを目覚ましやアラームに使えないかな?」と思っていたのですが、その目的を果たせるものが、なかなか見付からなかったんですよね。

でも、遂に見つけましたよ!

それが、「うま鳴り君」というアプリです。

このアプリは、競馬のファンファーレをアラームにできますし、タイマー機能もありますから、

「朝、ファンファーレで目覚める」

「カップラーメンを作って、できあがる時間にファンファーレが鳴るように設定」

といったことができます。

もちろん、私は見付けてすぐに登録しましたし、競馬が好きな方なら、誰でも楽しめると思いますので、興味がある方は、ダウンロードしてみるといいでしょう。

アプリの詳細は、下のリンクで確認してみてください。

■□ うま鳴り君 □■

ではまた次回!









こんにちは。
当ブログの管理人・no1です。
「ナンバーワン」ではなく、親しみを込めて「のいち」と呼んでください♪

今週の「平安S」では、ロンドンタウン(牡4歳・牧田和弥厩舎)に注目しています。



ロンドンタウンのオーナーは、薪浦亨(まきうらとおる)さんで、本業は、兵庫県姫路市の飾磨区に本社のある、「マキウラ鋼業株式会社」の代表取締役ですね。

1952年に設立された同社は、主に鉄スクラップの加工処理などを手掛けていて、最近は、周りの同業者達から「姫路地区の最大手」と言われています。

同社が一気に発展したのは、薪浦さんが、父親の後を継いで代表取締役となった1980年からですね。

その後は、1992年に新社屋が完成して、1994年に「産業廃棄物中間処理業許可」を取得して、2000年に「一般廃棄物中間処理業許可」を取得して、2004年に環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」を取得して、2003年に「遊技機のリサイクル業者」に選定されて、2004年に「自動車リサイクル業(破砕業)許可」を取得して、2005年に「建設業許可」などを取得して、順調に事業を拡大していて、2008年には、環境対策のため、同社の中核設備のプラントに、約12億円の設備投資をしていました。

その設備投資のことは当時の「日刊産業新聞」で大きく取り上げられていましたから、同社を束ねている薪浦さんは、業界の中でよく知られているそうですね。

馬主としての薪浦さんは、確かJRAで馬を走らせ始めたのが1999年からで、それから今までに130頭以上を所有していて、もう引退している馬の中で代表的な馬は、2006年の「ダイヤモンドS」を勝ったマッキーマックスです。

今、JRAで所有している6頭の中で代表的な馬は、今年の2月に交流重賞の「佐賀記念」を勝ったロンドンタウンですね。

ちなみに、2013年の薪浦さんは、「8勝・獲得賞金1億4720万円」の過去最高の成績を残していて、その後は、2014年が「3勝・獲得賞金7846万円」、一昨年が「4勝・獲得賞金5140万円」、去年が「6勝・獲得賞金7172万円」と、賞金が「右肩下がり」になっています。

今年は、ロンドンタウンが地方交流重賞の「佐賀記念」を勝っていますし、JRAでは、先週までの成績が、「獲得賞金2971万円」というもので、去年の同じ時期(5月の3週目まで)「獲得賞金2494万円」の成績を少し上回っていますけど、薪浦さんは、先週までの結果に満足せずに、今週以降も全力で勝ちにくるでしょうね。

何しろ薪浦さんは、去年の4月25日(月)~4月26日(火)の「JRAブリーズアップセール」で、1頭を「1512万円」(税込)で落札していますので、これから行われる今年の競走馬セールにも参加する可能性が高いですから。

もちろん、私が薪浦さんでしたら、「賞金の高い特別レースを勝って、セールでの落札資金を潤沢にしておきたい」と考えます。

そして今週は、1着賞金3600万円(馬主の取り分は8割の2880万円)の「平安S」にロンドンタウンを出走させますから、この馬を預けている牧田和弥厩舎に対して、メイチの勝負仕上げを依頼している筈ですね。

ロンドンタウンは、前走の「アンタレスS」では、勝ち馬のモルトベーネの2着に詰め寄っていますし、昨日(水)の最終追い切りは栗東のウッドコースで、単走で馬なりで追われて、6ハロン84秒3、ラスト1ハロン12秒9という時計をマークして、軽快な動きでしたし、調整に狂いはないと思いますから、「平安S」は楽しみです。

そしてここからは、昨日までに続いての掲載ですが、お勧めのアプリを紹介しておきます。

昔からずっと、「競馬のファンファーレを目覚ましやアラームに使えないかな?」と思っていたのですが、その目的を果たせるものが、なかなか見付からなかったんですよね。

でも、遂に見つけましたよ!

それが、「うま鳴り君」というアプリです。

このアプリは、競馬のファンファーレをアラームにできますし、タイマー機能もありますから、

「朝、ファンファーレで目覚める」

「カップラーメンを作って、できあがる時間にファンファーレが鳴るように設定」

といったことができます。

もちろん、私は見付けてすぐに登録しましたし、競馬が好きな方なら、誰でも楽しめると思いますので、興味がある方は、ダウンロードしてみるといいでしょう。

アプリの詳細は、下のリンクで確認してみてください。

■□ うま鳴り君 □■

ではまた次回!









こんにちは。
当ブログの管理人・no1です。
「ナンバーワン」ではなく、親しみを込めて「のいち」と呼んでください♪

今週の「オークス」では、ホウオウパフューム(牝3歳・奥村武厩舎)に期待しています。



ホウオウパフュームのオーナーは小笹芳央さんで、本業は、東京都中央区銀座に本社がある、企業のコンサルティングなどをしている、「株式会社リンクアンドモチベーション」の代表取締役会長CEOですね。

小笹さんは、大阪府立住吉高校から、早稲田大学の政治経済学部に進学して、卒業後の1986年に「株式会社リクルート」に入社して、人事部に所属していました。

そして、14年後の2000年に「株式会社リクルート」を退職して、「株式会社リンクアンドモチベーション」を立ち上げていますね。

それからの同社は、2001年5月に大阪府梅田に大阪支社を開設、2004年3月に株式会社リンクダイニング設立、2004年11月に東京都汐留の「日本テレビタワー」に東京支社を開設、2004年12月に株式会社リンクプレイスを設立して、2007年12月に東証2部に上場していました。

更に、2008年12月に東証1部に上場して、2009年2月に株式会社リンクインベスターリレーションズを設立、2010年11月に株式会社モチベーションアカデミアを設立、2013年の1月にはグループの拡大に伴って、小笹さんは、それまでの代表取締役社長から、代表取締役会長CEOに就任していますね。

その後も同社は順調に事業規模を拡大していて、今では、東京、大阪、名古屋などに12のグループ会社があります。

今年の5月8日(月)には、銀座エリア最大の商業施設「ギンザシックス」の12階にある、床面積が約1850坪のオフィスに本社を移転していますね。

ちなみに、JRA馬主としての小笹さんは、一昨年から馬を走らせ始めたばかりで、今は7頭を所有しています。

それと、「テーオー」の冠名でお馴染みの小笹公也さんは、2つ下の弟さんですね。

一昨年の小笹芳央さんは、出走回数が少なかったこともあって、勝ち星を上げられずにいましたが、去年は、ホウオウマリリンとホウオウパフュームで2勝を上げていましたし、今年に入ってからは、ホウオウパフュームで「寒竹賞」を勝っているように、着実に馬主としての実績を積み重ねています。

また、小笹さんは、今年で馬主キャリアが3年目ですが、積極的に「セレクトセール」や「JRAブリーズアップセール」や「千葉サラブレッドセール」といった「競走馬セール」に参加していますね。

2014年は2頭を総額5400万円で落札、一昨年は10頭を総額2億9333万円で落札、去年は5頭を総額1億6254万円で落札と、計17頭を総額5億0987万円で落札しています。(金額は全て税込)。

でも、今までに稼いだ賞金の総額は、「3814万円」(馬主の取り分は8割の3051万円)に留まっていますから、セールに投じた資金を、まだ「4億7936万円」も回収できておりません。

おそらく、今年も「競走馬セール」に参加する可能性が高いですから、私が小笹さんでしたら、「セールの資金を潤沢にするため、今の内から稼いでおきたい」と考えますね。

そして今週は、1着賞金が1億0000万円(馬主の取り分は8割の8000万円)の「オークス」にホウオウパフュームを登録してきましたので、私が小笹さんでしたら、「ここでしっかり稼いでおきたい」と考えて、この馬を預けている奥村武調教師に対して、メイチの勝負仕上げを指示します。

前走の「フローラS」では、8着に負けてしまいましたけど、4コーナーの不利で位置取りを下げてしまったことが敗因でしょうから、悲観する必要はないでしょう。

それに、小笹さんは、まだ重賞を勝てていないですから、「初めての重賞勝ちをGIで飾りたい」という強い思いを込めている筈です。

そしてここからは、昨日までに続いての掲載ですが、お勧めのアプリを紹介しておきます。

昔からずっと、「競馬のファンファーレを目覚ましやアラームに使えないかな?」と思っていたのですが、その目的を果たせるものが、なかなか見付からなかったんですよね。

でも、遂に見つけましたよ!

それが、「うま鳴り君」というアプリです。

このアプリは、競馬のファンファーレをアラームにできますし、タイマー機能もありますから、

「朝、ファンファーレで目覚める」

「カップラーメンを作って、できあがる時間にファンファーレが鳴るように設定」

といったことができます。

もちろん、私は見付けてすぐに登録しましたし、競馬が好きな方なら、誰でも楽しめると思いますので、興味がある方は、ダウンロードしてみるといいでしょう。

アプリの詳細は、下のリンクで確認してみてください。

■□ うま鳴り君 □■

ではまた次回!