No Rain, No Rainbow
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2019-01-22 08:00:00

いよかん

テーマ:【ワンコ】日常
かーちゃんは甘酸っぱい果物が好きです。

年が明けると、ミカンは酸っぱさがなくなり、
もうなんか甘いだけになってくるので、
いよかんとか、八朔とか食べます。

ちなみに、華は甘い果物しか食べなかったけど、
コナは酸っぱい果物も食べるんですよね。


いよかんも好き


パクっ


ちょっと酸っぱいお顔かな?ニヤリ


2019-01-21 08:10:00

初七日

テーマ:【ワンコ】日常
昨日は華の初七日でした。

華にとっても可愛いお花を頂いたので、
すぐに華に渡したくて、
早速、実家に行きました。

お花畑の中にいるような、華です。


こんなにたくさんのお花に囲まれて、
たくさんの人達に想われて、
華は本当に幸せだなぁ照れ



華のお骨の上にあるのは…
甥っ子が、華の為に折り紙で折った
リボンだそうですニヤリ


コナは、華のお供えのドッグフードをポリポリ食べ、
華のたまごちゃんで遊び、
お供えのオヤツをもらい、
満足していました(笑)

2019-01-20 09:30:00

城ヶ島 水仙散歩

テーマ:【ワンコ】おでかけ
お天気の良かった昨日は、
城ヶ島へお散歩。

この時期の城ヶ島は、八重の水仙でいっぱいになります。





ブログでは香りを伝えられないのが残念アセアセ
本当に良い香りで包まれています。






かーちゃんがお腹が重たいので、
軽めのお散歩あしあと




行きに、溶岩パンを買ってきたので、
パンを食べる為に城ヶ島公園へ。


ここで食べようと思ったのですが、
すごい数のトンビがガーン


なので、展望台下の屋根のある場所で、
パンを食べました。


写真だとかすんでるけど、
富士山も良く見えましたニコニコ

               ↓この下辺りに富士山 わかるかな?


海も穏やか~。




ポカポカ気持ち良かったねウインク

コナは眩しすぎて、このお顔(笑)





城ヶ島は、華も好きな場所。
華も一緒にお散歩しているような気がしました照れ
2019-01-18 16:04:57

そこそこ元気にやってます。

テーマ:【ワンコ】日常
華への温かいコメントを本当にありがとうございました。

お空へ旅立ってから、
たくさんのお花を頂いたり、
温かい言葉を頂いたり、
一緒に悲しんで頂いたり、
華は幸せな子だなぁと感じています。


さてさて、
かーちゃんがどんなに悲しくても、
メソメソ泣いてても、
コナは元気ですよー!


華が亡くなった時は、
みんなの様子が違うからなのか、
コナもおとなしくしていましたが、
今は元に戻りました。


お腹の赤ちゃんも日に日に胎動の強さを増して、
バコンバコン蹴ってくるので、
ご飯もしっかり作り、きちんと食べています。

気付けば出産予定日まであと45日!
入院準備や、母親学級だったり、
やることは案外あります。

コナのお散歩もね。



華のお下がりのお洋服を着てお散歩あしあと


ついこの間、
この場所で華と一緒に写真を撮ったのに。


その時の写真↓


お家にいても、
お散歩してても、
華の面影を探してしまう。


四六時中、華と一緒にいた母がとても心配だけど、
隣にうるさい盛りの孫が三人もいるので、
実家は賑やかです。
少しは気が紛れてるかな。

出産準備で、赤ちゃんの洋服を母が楽しそうに選んでくれたので、
やることがあるのは良いことかもしれません。


悲しみがなくなることはないけれど、
こんな風に日々は過ぎていくのかな。


そうそう、華を見送る日、
末の甥っ子が一緒に行きたいと言い、
幼稚園をお休みし一緒に火葬場に行ってくれました。

最後まで華をなでなでしてくれたし、
骨上げも一緒にしたので、
華が骨壷の中でどっちの方向を向いているかも知っていて、
家に帰ってから、ちゃんとお姉ちゃんに教えてあげていました。
(骨上げの際に、お骨の説明をしてくれたおじさんが、
甥っ子に、華ちゃんはこっちを向いて入ってるから、
骨壷のここを撫でてあげると喜ぶよと、話してくれたのです。)

子供が1人いるだけで、
不思議と気が紛れたりするんですよね。

華はこれからも、
賑やかな我が家をお空から見守ってくれると思います。

2019-01-16 15:30:00

虹の橋

テーマ:☆ご挨拶・おしらせ
いつかは訪れるこの日を
ずっと来ないで欲しいと願い続けてきたけど
まさかこんなに突然くるなんて…


14日の明け方に、華がお空へ旅立ちました。

そして、青空が広がった今日の午前中に
たくさんのお花に囲まれて、
オヤツとドッグフードと姪っ子甥っ子からのお手紙を持って、
虹の橋を渡りました。
華のことなので、きっと、たまごちゃんも咥えていったかな。



お正月に会った時は、いつも通りだった華たん。


4日頃から食欲がなくなり、
そこからはあれよあれよと具合が悪化していきました。

鍼に、漢方に、注射に、お薬…
それでも全く回復の兆しがなく、
血液検査をするたびに数値はどんどん悪化

最終的には、今、呼吸をしているのも不思議なくらいと言うほどの数値になり、
(もう、肝臓も腎臓も内臓がほとんど機能しなくなった)
8日には、もう治療はやめて、
お家でゆっくり過ごしましょうと決めました。

主治医からは、8日の夜を越えるのは難しいと言われた華ですが、
なんとそこからお水だけで14日の明け方まで頑張ってくれました。

突然の事に、受け入れられない私達の為に
華がプレゼントしてくれた奇跡の時間。

最期の最期まで、自分の足でトイレにいき、
お水を飲みにいき、
本当に立派だったと思います。


亡くなる前夜の華ですが、
とても穏やかな顔で相変わらず可愛い。

病気だなんて信じられない。

先週は私も実家に泊まり込みをしていて、
最期は、母と私の間で、
華を撫でながら看取ることができました。

旅立った後も、
本当に穏やかで安らかな顔で、
それだけが救いでした。

写真で分かると思いますが、
奇跡の5日間も穏やかな表情だったんです。

やっぱり可愛い。



骨上げの際に、
色々とお骨の説明を丁寧にしていただいたのですが、

華の頭の骨がツルツルで、
これは天寿を全うした子の頭なんですよ、
と言っていただき、気持ちが軽くなりました。

ちょっと早すぎると思っていた私達ですが、
華は天寿を全うし、旅立ったようです。


華を失った悲しみがなくなることはありませんが、
華がくれた、たくさんの想い出を胸に
大切にしていきたいと思います。

このブログに登場する華はシニアになってからの華ですが、
若い頃は活発で、お笑い系で、
本当に楽しい思い出ばかりです。

(シニア期の写真達ですが…)










いつも似てると言われていました。




これからは、お空からみんなのことを
見守ってね。

華たん、大好きよ。
家族になってくれて本当にありがとう。

これからもずっとずっと大好きだよ。



1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス