2005年02月28日(月) 01時00分00秒

No.7 モラル

テーマ:マナー&モラル
西村@NMAです。

殺伐とした事件が多い昨今、私も悲しい出来事に遭遇しました。
自分のマンションの駐車場に停めていた車に2度も当て逃げされてしまいました。一度目はマンションの住人が現場を目撃されていたのでナンバーまではっきりとわかっていたのですが、大した傷ではないし警察に届けるのも可哀想だと思い、そのまま放置していました。そして2月25日の朝、出勤するために車に向かった私はまたしても右フロント前部を擦られたマイカーを発見しました。それを見た瞬間何とも暗澹たる気持ちになりました。
車を傷つけられたことよりも、それを何の責任も取らずに逃げてしまうという行為に2度も直近で遭遇したことに対してです。
 「自分さえよければそれでいい」という世の中に今はなってしまったのでしょうか?こういう出来事に遭遇すると何とも悲しい気持ちになってしまいますが、私はNMAの活動を通じて少なくともこういう利己主義の人間ではなく他を利することのできる人たちを一人でも増やしたいという気持ちでいっぱいです。



このブログを読んでいただき感謝します。NMAは、人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてもらえると、カウントがアップします。よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月27日(日) 10時51分02秒

No.6 LED信号機

テーマ:環境保全
齋藤@NMAです。
最近、幹線道路を中心に普及が進んでいるLED信号機を
ご存知でしょうか?

この新型の信号機は以下の利点があるそうです。

・既存の信号機と比較して寿命が長く消費電力も少ない。
・西日などの外光の反射がなく視認しやすい為、
 ドライバーや歩行者にとって安全性が高くなる。

確かに、西日が射す時刻にLED信号機を見ると
今迄と比べて見やすくなったと思います。

しかし、その反面、色覚異常の障害をお持ちの方にとっては、
ある一定の色が認識しにくいため、どの色が点灯しているか
判らない場合があるそうです。

この話を聞くと「新型は見やすくて良い」と手放しで
喜ぶ事は出来ません。
誰にでも識別しやすい信号機が早く登場して欲しいものです。

ただ、信号機がどんな新型に変わろうとも交差点進入時には
注意が必要なのは変わりません。

信号機そのものを見落としてしまい事故になってしまう
ケースもあるのですから・・・



このブログを読んでいただき感謝します。NMAは、人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてもらえると、カウントがアップします。よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月26日(土) 03時06分32秒

No.5 二輪車通行禁止区間

テーマ:法規
安部@NMAです。

皆さんは二輪車通行禁止区間というものをご存知でしょうか?
NMCA日本二輪車協会「二輪車通行禁止区間解除に向けた取り組み」
http://http://www.nmca.gr.jp/society/traffic/traffic_top.html <BR>
終日「原付」が規制対象の区間が多いですが、「125cc以下」から「全二輪車」までさまざまです。なかには「125以上400cc未満」と、よくわからないものもあります。 二輪車に乗らない人はあまり意識していないと思いますが、だからといって乗っている人がきちんと意識しているかは疑問です。実際、新橋地下自動車道(終日・全二輪車対象)には多くの二輪車が通っています。

今回問題にしたいのは、その(規制の)必要性や有効性ではありません。実際通ったことのある方はご存知でしょうが、あの地下道が二輪車通行禁止ということは事前に知っていなければ直前になるまでわかりません。気づいたときにはもう地下道の入り口です。ここで止まったり急に車線変更を行うのは非常に危険です。

近々高速道路の二人乗りが解禁されますが、首都高速の"一部"では二人乗りが禁止されるようです。いろいろなところで叫ばれていますが、上記の通行禁止区間のようにならないか、危険を回避するための規制が別の危険を作るのではないか。。。

危険は二輪ライダーだけではありません。高速道路で前を行く二輪車が急に速度を落としたり、車線変更をすると後続の四輪車にも影響を及ぼします。四輪ドライバーの方も無関係とは思わないで、二人乗り禁止区間は覚えておいたほうがいいでしょう。

もちろんライダーが事前に調べておくことも必要です。が、首都高速は不慣れな人にとってはわかりにくい道です。わかりやすい明確な標識ができるよう私たちも声を上げていきたいと思っています。



このブログを読んでいただき感謝します。NMAは、人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてもらえると、カウントがアップします。よろしくお願いします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月25日(金) 09時00分00秒

No.4 油断せずに行こう!

テーマ:運転技術
矢田@NMAです。昨夜関東では結構雪が降りましたね・・・おかげで散々な目にあいました。春一番の翌日は急激な冷え込みがよくあるそうです。
そんな事も知らず一昨日とても暖かかったのでバイクに乗りたくて乗りたくて。天気予報も見ずにバイク通勤してしまいました。せっかく気持ちよくバイクで出かけたのに帰りは大雪(関東では)の極寒です。
ヘルメットのシールド(風防)はあっという間に雪で覆われ、シールドを開ければ時20キロで目もまともに開けられませんでした。どっちにしろ視界は最悪です。そんな時、左の脇道から右折しようと私の進路をクルマが遮りました。滑りやすい路面のうえ前方の視界最悪・・・ヒヤッとしました。昔、似たような感じで転んでしまった事があるのです。
脇から出てきた車の人はバイクがどれほど視界が悪いかなんてわからないでしょうね。それからは転ばないように、滑らさないように、ゆっくりゆっくり帰ってきました。
私のバイクはオフロードの車体にオンロードのタイヤを付けたモタードという車両です。私はこの状態でダート(砂利道など)を走るのが好きで休日になると砂利道探しに行きます。普段からバイクが滑る事に体を慣らしているので滑る事に恐怖感はあまり無いのですが、雪の上でも少しは役にたちました。
あまり雪の降らない関東では雪が積もるとクルマの事故が非常に多くなります。慣れの問題も有るのでしょうが、自分が安全運転しているから事故が起こらないとは限りません。雨や雪の日は必要以上にクルマやバイクに乗らない方が良いのですが、滑る・滑らす事を体験する事もスキルアップだと感じました。
以前、自動車メーカーのドライバー講習を受けた事があります。人工的な滑りやすい路面での走行や急ブレーキの体験。また、それを補うテクノロジーも勉強し体験してきました。それらはクルマを操る上で非常に役にたっています。NMAの前身でもそういった活動をしてきましたし、バイクのオフロード体験走行などもこれからしていきたいと考えています。

最後に・・・バイクを降りた後、玄関へ続く階段を登っている途中足を滑らせ転んでしまいました(汗)油断せずに行こう!



このブログを読んでいただき感謝します。NMAは、人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてもらえると、カウントがアップします。よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月24日(木) 09時49分01秒

No.3 示談が一転、裁判へ。。。

テーマ:交通事故
奈良@NMAです。
交通事故の被害者になった経験が何度かあるのですが、あとあと引きずりますよね…。
最近、「交通事故と裁判所」 という記事を拝見していたところに、昨日「裁判で目撃証言してください」とホットな電話がかかってきました。タイミング良すぎてちょっとビックリ通り越して怖かったです(笑)
私は今年始まってすぐの頃にバイクと車の交通事故を目撃しました。
怪我もたいした事無さそうだし、急いでいたので、警察が来たらその場を去りましたが、いちおう事故当事者達には私が目撃者になるということで連絡先を教えていました。
その後しばらく何も連絡が無く、無難に話が進んでいるんだろうと思ったら昨日、バイク側の人から電話があり「実は、車の人に訴えられました。裁判で目撃証言してください。」と。
思わぬ展開ですが簡単に言うと、車の運転手は「弁償します」と言っていたが保険屋が入り「一切支払いません」となったそうで、バイク側は「なんとか弁償して」と言ったところ裁判になったそうです。

このような揉めごとを避けられる方法は何か無かったのだろうかと考えさせられます。
NMAサイトは立ち上がったばかりで、まだ情報は少ないですけど、いろいろネットを探し回らなくても情報が見つけられるようなサイトにしていけられれば良いなと考えてます。



このブログを読んでいただき感謝します。NMAは、人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてもらえると、カウントがアップします。よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年02月23日(水) 09時27分40秒

No.2 危険な横断歩道 2

テーマ:環境保全
 森村@NMAです。スタッフが交代で毎日ブログに登場します。
楽しみにしていただけると嬉しいです!!

私の家の近所にも危険な横断歩道があります。
勝手に名付けましたが、その名も赤信号で渡ったほうが安全な横断歩道

二車線の一方通行
交通量は少ない・・のでやって来る車のスピードは速い!!

 交通量は少ないし、一方通行なので、赤の時でも車が来ていないと
確認できる時に横断歩道を渡ったほうが悲しいかな安全なんです。

 信号が黄、赤になっても「本当に停まってくれるの??」という
スピードで車は交差点まで来ます。いつも歩行者信号が青になっても
来ている車が完全に停止するのを見届けてから渡るんです。
大抵の車は停止線をはみ出していますね(悲)。

 この間、例のごとくかなりスピードを出した車がやってきていたので
見届けていたら、停止線はみだしどころか、横断歩道まで侵入してましたの!!
「危ないなぁ・・」と思いながら、思わずその運転手さんを見ながら
青信号を渡っていると、けたたましくクラクションを鳴らされました(涙)
私が何をしたっていうのーーと腹立たしくなりましたが、我慢、我慢。。

 健康な大人の方は良いものの、お年寄り、体の不自由な方、子供だけで
この横断歩道を渡るのは信号があるとはいえ、不安だなぁといつも思います。
上記のようにマナーの悪い人にも出くわすかも知れないし。

 自分自身もパイクでこの道を走ることが多いので、歩行者が飛び出して
くる可能性大ーー、ちゃん余裕をもって停止しよう、とここの信号機には
特に敏感になっています。

 こうして自分が歩行者の時の気持ちを考えれば、無理な運転はしないと
思うのですが、皆が皆そう考えている訳ではないですよね。
相手の事を思いやる姿勢が、運転にも大切だと痛感することが出来る
赤信号で渡ったほうが安全な横断歩道のお話でした。



このブログを読んでいただき感謝します。NMAは、人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてもらえると、カウントがアップします。よろしくお願いします。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005年02月22日(火) 20時21分28秒

No.1 危険な横断歩道

テーマ:環境保全
浅川@NMAです。

本日から、NMAスタッフブログを開始します。

私の職場そばに、とても危険な横断歩道があります。
この道路は交通量も多く、幹線道路のような所です。

ざっと2キロ程度の直線距離、信号と横断歩道は基本的にセットになっています。
ただ一ヶ所を除いては。

その一ヶ所が画像の所なのですが、ここだけ信号機がありません。
そしてここは停止線無視の車のオンパレード。

横断歩道があるのに、歩行者は左右を何度も確認しながら駆け足で
渡りきらねばなりません。

大きな信号と信号の中間で、新たに信号を付ける程の距離ではありません。
かといって横断歩道を無くすには、不便な場所でもあります。

ここに横断歩道があり、停止線があるのは、ドライバーには見えているはず。
しかし誰一人、歩行者がいても止まりません。
何とバスすら止まらずに通過します。

唯一止まって歩行者を見届けているのは、警察と消防の車のみ。
これでは事故が起きないはずがありません。

実際年に数回の交通事故が発生しています。
時折、花束を置いてあるのを見かけますので、悲しい結果を生んでいる
危険な横断歩道であるのは間違いありません。

我々にできる事は多くありません。
せめて、こうした問題を改善するように、国や自治体へ説いていく活動を
率先して行いたいと思っています。



このブログを読んでいただき感謝します。NMAは、人気blogランキングに参加しています。ここをクリックしてもらえると、カウントがアップします。よろしくお願いします。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。