相手に伝わる言葉の選び方 | NLP独自化 起業プロジェクト

NLP独自化 起業プロジェクト

「NLP資格」と「あなたの強み」でビジネスを独自化し、起業・副業の方向性を固め、4ヶ月でファーストキャッシュを得る!


テーマ:
こんばんは!
高杉勇成です。(^^)



あなたは、
話す相手によって
なかなか言いたいことが伝わらずに

「なんで分かってくれないの?」
(><)

という経験はありませんか?



おそらく誰にでもある経験です。

もちろん、私もあります。

「なんで、分かってもらわれへんのやろ?」

「あぁ〜、そうじゃないんやけどなぁ」

「どうやって言ったら伝わるんやろう?」

などと、悩んでいました。

関西弁で(笑)



同じ日本語を話しているのに
どうして伝わる人と伝わらない人が
いるのでしょうか?



その原因は、、、




、、、、、




相手の心の窓の形に
^^^^^^^^^^^^^^^
合わない言葉を使っているから
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

です。




人は置かれてきた環境や
経てきた経験が違います。


その経験の中で
さまざまな信念や価値観などが
形成されて『フィルター』が
作られるのです。



だから、
同じ年齢の人や
何十年も付き合いのある人でも
一人一人『フィルター』は違います。



あなたは、
そのフィルターを通して
言葉を話していますし、

聞く相手も
自分自身のフィルターを通して、
あなたが話す言葉の意味を
理解しているのです。



NLPでは、

「言葉はその人の世界を切り取る窓枠だ」

と言われています。



私たちは言葉によって、
五感から得た情報を整理して
自分の意識にうまく収まったとき

「わかった!」

と感じるのです。



ということは、
相手の窓枠に合わせて言葉を使うと
相手の心に「スーッ」と
伝わっていくのです。



では、どうやって相手の窓枠を
知ることができるのでしょか?



それは、
相手の言葉を聞くことです。



なぜなら、
相手が発している言葉は
相手のフィルター(窓枠)を
通して話されているからです。



だから、
その言葉には
さまざまなフィルターが
表れているのです。



そして、
相手の言葉を聞くためには
質問をすること。



もちろん、
適当に質問をしても
なかなかフィルターに関連する
言葉を見つけるのは難しいです。



知りたいフィルター(窓枠)に
焦点を合わせた特定の質問をし、
その応答する言葉から
どのようなフィルターかを
見極めます。



相手のフィルター(窓枠)を
知ることによって
相手に伝わりやすい言葉を選んで
話すことができ、
より伝わるようになるのです。



これらのスキルは
NLPでいう
『メタプログラム』や
『LABプロファイル』で
学ぶことができますので
本格的に学びたい方は
極めると面白いと思いますよ。



ですが、せっかくなので
次回は、
相手の心の窓枠を知る質問について
いくつかお伝えしますね。


最後まで読んでいただき
ありがとうございます。(^^)

~~~~~~~~~~~~~~~~~

「NLP」
「あなたの強み」を活かし、
“独自化”起業をする方法!


13回のメールセミナーにて
無料で公開中!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

【NLP独自化起業】 無料メール講座

■ステップ1:
 NLP独自化起業の全体像を把握し、自分の立ち位置を知る
■ステップ2:
 あなたの専門性を決める3つの視点と
 成功者の優先順位とは?
■ステップ3:
 ポジショニングを決める3つの要素とは?
■ステップ4:
 3つの分析でポジショニングを強固にする方法!
■ステップ5:
 あなたの強みを見つける方法!
■ステップ6:
 あなたのビジネスを独自化する方法!
■ステップ7:
 あなたの“売り”を見つける【USP9つの切り口】とは?
■ステップ8:
 〇〇〇〇で信頼関係を構築し、
 NLP独自化起業を加速させる!
■ステップ9:
 NLPスキルで独自化する方法!
■ステップ10:
 あなたの専門性を商品化する方法!
■ステップ11:
 お客さんがどんどん引き寄せられる!
 “引き寄せトーク”とは?
■ステップ12:
 成果を早く生み出す!
 オフラインマーケティングとは?
■ステップ13:
 オンラインマーケティングで取り組む
 たった3つのこととは?


 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


【今すぐ無料で登録する】

※ 登録後もワンクリックで解除できます




NLP起業プロデューサー@高杉勇成さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス