塾の表も裏も伝えることで、幸せな子育てを支援したい板橋区役所前エヌラボ塾長新田です!

 

昨日までは、天才を育てるには?という話題で

『言語』『論理』『情熱』といった観点で話をしました。

 

今日の話題は、その言語・論理・情熱を育てるための

基礎について話をしたいと思います。

 

例えるなら、土と種です。

 

どんないい種でも、土が合わなかったらそもそも

芽が出ません。

 

さて、そんな土壌のお話しです。

 

 

アメリカの作業療法士エアーズさんが、発達の4段階について

まとめています。

 

第1~第4までに分類されていて、塾で普段教えている内容は、

第3-4段階の内容です。

 

 

言語や、抽象思考、推移力、各教科の学習といった内容が

これにあたるものです。

 

そして、それを支える第1,2がとても重要です。

 

その第一、第二をつかさどっているのが五感です。

 

五感視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚に分類されます。

 

人間はこの5つを使ってのみ、情報を吸収することができます。

(※第六感は、ちょっとおいておきましょう)

 

この五感が正しく育ってないと色々な不都合がおこります。

 

『注意力を持続できない』とか

 

『情緒が不安定になる』とか

 

 

こういった症状がでてきます。

 

 

こういった状態が続くと

 

どれだけインプットをしても

 

なかなか、成績は伸びません。

 

 

つまり、今回土にあたる部分は五感です。

 

 

そして、五感を幼少期に育てることが

とても重要です。

 

 

では、次回以降はどうやったら

五感が育つのか?

 

 

そういったテーマで話を進めます!

 

ちなみに、クラウドファンディング今塾でやっているので、

こちらもちょっとご覧になってもらえると嬉しいです!

 

https://camp-fire.jp/projects/view/73885

 

それと、自塾の宣伝も!!

http://www.nlabstudy.com/