WHIZ LIMITED 2020A/W 『WILL』スタート①。 | 鉄 は 熱 い う ち に 打 て  (*゚∀゚)=3ムッハー

鉄 は 熱 い う ち に 打 て  (*゚∀゚)=3ムッハー

ショップSURPRISEなブログ。毎日更新で面白い事はなんでも好きです。ヽ(*´∀`*)ノ・.。*・:,・.。・:,・.。

この日を待ちに待ちました。

WHIZ LIMITEDが20周年を迎えるシーズン開始。



WHIZ LIMITED 2020 AUTUMN/WINTER 『WILL』

今まで関わってくれた全ての人のお陰でWHIZ LIMITEDがこのシーズンで20周年を迎えることができました。当然始めた2000年には考えもしなかった振り返れば長くなったこの年月。自分の中で一つの区切りとなった10周年シーズンの『CURTAIN CALL』で10年。あの時思ったのはこれからの1年1年は本当に難しくなるし、20周年を迎えるなんて夢どころか考えもできませんでした。11年目からは今までの10年間とは違う考えでブランドを構築していくと決め、東京コレクションに参加させて頂いてランウェイを経験したり、TOKYO FASHION AWARDを受賞し近年では毎シーズンパリでの展示会と、かなり慌ただしく動いたこの10年だったように感じます。そして気がつけば到達したこの20周年シーズン。20周年というシーズンが頭にチラつき始めた時から『どういうシーズンにするんだ?』と自問自答していましたが、出した答えは自分の20年を振り返る事でした。普段振り返ることの少ない自分にとって10年ぶりに全ての資料に目を通し、改めて自分の作ってきた物を見て自分がどう思うのか?っていうのが一つの答えになるのかなと。でも全ての資料を見終わった時の感覚ではなんか腑に落ちない。って感じでした。良いんだけど今これなのかな?って言う。10周年の時みたいにすぐにこれを復刻して作ろう!みたいなテンションじゃなくてうまく消化しきれないみたいな...そこでベースは今の気分で新しくデザインして、今気になった過去デザインしたパーツを移植してきたらいいんじゃないかな?っていう答えが見つかりました。ベースは今着たい洋服のデザイン。それに過去に自分の作ったグラフィックやパターン.仕様を乗せていくやり方。物によっては洋服のデザイン自体が前の物というものもありますが、過去の物を使っても全て自分の今の気分の物に仕上げることができました。20周年シーズンとなる今シーズンのテーマは『WILL』訳すと『遺書』遺すものを作ろうと決めた覚悟の20周年シーズン。皆さんにとって一つでも思い入れのあったパーツなんかが使われてたらラッキーかなと思っています。記念すべきシーズン、是非楽しんでください!

 

うちのお店も一緒に20周年。

「WHIZ FUKUI」が本領を発揮する、



そんな記念すべきシーズンです。

 

一番最初のWHIZ(LUMP) FUKUIのイメージは、

このシーズンの最初、立ち上げでした。

ので、これでもかと新作を用意しております。

 

その数306点。

過去にない入荷量です。

でもそりゃそーです、WHIZ FUKUIです。

 

きっと皆さんがびっくりしてくれる新作のラインナップ。

見たことないのばかりで楽しんでもらえると思います。

どうぞ2020年の秋冬も宜しくお願い致します。

 

 

 

さて、問題が大有りなこのシーズン。

型数はそんなに多くないと思ってるのですが、

一個も見逃せません。

 

自信をもって言えます。

昔からの良さ、らしさを、

現代と合わせてもっとかっこよく。

 

下野さんのセンスが詰め込まれ、

whizの良さが爆発してる、そんなラインナップです。

すでにジャケットから全部ほしいのでダメだこりゃ。



一緒に頭抱えて悩みましょうw

それはご紹介。

 

この20周年で使われているWHIZの大きなロゴ、

それを使っているのはこのジャケットだけ。

ってことで絶対欲しい候補ナンバー1だったのがこのジャケット。

 

全部が刺繍でまとまっている大好きな作りは分かる人には分かるそんなデザインが最高です。

スポーティでおしゃれって言葉は簡単ですがそれを表現するってとっても難しい。

でもwhizなら心配なし。

 

最高の20周年のジャケットを着てもっとユナイテッド(団結)しましょう。

これも色で真剣に迷ってしまう最高のラインナップ。

UNITED JACKET」。



こんな3色展開。



ワッペン大好き。



そして背中にこのロゴ。



フードが収納されています。



出すとこんな感じ。



ポケットにはジップとコードが。



サイドのラインも好きです。



この20周年のデザイン、このジャケットにしか使っていません。

 

 



そんなとこがまたwhizっぽい。

 

(画像が多すぎるのでゆっくりご覧くださいね)



ネイビー。



ホワイトのフード。



このワッペンかっこ良すぎでしょ。

分かる日には分かるオリジナル。



ホワイトとレッド。



中にはジップとボタン。



そして全部メッシュで着心地最高です。



横から見るとこんな感じ。



WHIZ。



刺繍です。



ラインのカラーになってます。

 

 



ホワイト。



フードはレッドで。



ワッペン。



こんな袖。



中。



メッシュとポケット。



サイド。



WHIZ。

 



白の素敵。

 

 



ブラック。



ブルーのフード。



ワッペン。



ブルーとグリーン。



ポケット。



メッシュ。



サイド。



ブラックはワッペンカラーです。

かっけー。



フードを出したバック。



どの色も大好きな配色。

中のメッシュも着心地最高。

取り合えずこれから始めてみようと思います。

 

 

 

 

 

whizのミリタリージャケットは20年変わらず、最高を感じさせてくれます。

今回のM-65にオリジナルバンダナをカスタムした温故知新の仕上がりです。

立体のポケットやジップのダブルポケット、フードの収納など言い出したらキリがない、そんな一着です。

 

着ていくことでどんどん変化も楽しめる、

また新しく始まるこれからをきっと共に歩めます。

無地とカモ柄でとっても悩んじゃいますがそれもきっと思い出に残る楽しみです。

 

W-65」。



こんな2色展開。



なんかオリーブに目が行く。



しっかりしたフードが付きます。



フードが収納できる、ってイメージでおまけじゃないです。



袖にはバンダナ。

新旧がまじりあう、かっこいいデザインです。



ポケット。



ジップにダブルにコードに。



盛りだくさんですね。



これもめちゃめちゃ良いです。

 

 



オリーブ。



なんかwhizっぽいですよね、このジャケット。



このフードの良さですよ。



良い感じ。



このこだわり。



袖にはオリジナルバンダナ。



ポケットはこんな変形立体。



ボタンとジップ、そしてコード。



腰にはコードが付いてますので、

しぼってラインを変更できます。



パーツが色々と。



サイド。



バックね。

 

 



ブラック。



同色。



フード。



両袖にこんなデザイン。



フード。



ポケット。

本格的なこだわりもいっぱいです。



裏。



ポケットはいっぱい入ります。



サイド。



まとまってます。

 

パーツも気が利いてて、

触ると分かるこだわりのすごさ。

着てみたら絶対欲しくなる、そんなジャケットです。

 

 

 

 

 

続いて、そんな最高のミリタリージャケット。

こっちはタイガーストライプVer.です。

よく見ると分かるポケットに柄違いのカモ柄をオン。

 

それだけでさらにセンスあふれるさすがの仕上がりです。

加工の具合にもご注目を。M-65のWHIZ版で名前もW-65。

このネーミングも懐かしいと感じます。

 

オリジナルバンダナを袖に切り替えた温故知新の仕上がりです。

W-65 CAMO」。



こんな2色展開。



フードのが付いてます。



フードすら形がかっこいい。



バンダナが両袖に。



ポケットには別の迷彩が。

裏地もそんなデザインになっています。



サイド。



すっきりタイプでも。



フード出しても。

 

 



ブラック。



タイガーかっこいいなー。



このポケットがまた好き。



袖。



ジップもインパクトあって良いです

 



裏にはウッドランドが。



ダブルポケット。



サイド。



なんかバンダナとこのタイガーかっこいい。



んでバックね。

 

 



ベージュ。



こっちも安定感ある仕上がり。



ポケットにはこの迷彩。



袖のバンダナ。



裏。



色んな着方ができます。



サイド。



んでバック。

 

無地と迷彩で悩んじゃうシリーズ。

こんなの良いに決まってますね。

 

ジャケットは4種類全部良いと思ってるので、

自分に説得力はありません。

 

 

 

 

 

whizのデニムのクオリティの良さは周知の事実。

そんなデニムジャケットにこれ以上なくこだわりを詰め込んだ最強の仕上がりのこのジャケット。

ワイドボディは着てみると分かるいま一番欲しい形でボタンもセルビッチの生地もそして袖のCASBAH柄の切り替えもこれ以上はない一枚です。

 

細かいダメージもさすがの仕上がり、オリジナル革パッチなど、

これでもかと入った情熱を是非感じてください。

同じく加工のデニムパンツ(P-109)とセットアップでも着てほしいそんな記念すべき品番はJ-「76」。

 

CASBAH 2nd」。



ブルーの一色展開。



いつも最高のデニムのクオリティです。



2ndタイプ。



幅広なのがまた良い、というか待ってました。



袖裏にはこのデザイン。



いやかっこいいわ。



一生着ちゃえるでしょう。



んでバック。



これは渋いですね。

本当デニムジャケット好きは絶対気になる。

パンツもありますので是非セットアップで。

 

皆が欲しいと思っちゃう、そんなジャケットです。

 

 

 

そんな飛ばし気味に。

まずはジャケットのご紹介でした。

 

まだまだ続きます。

お次はスポーツなラインナップへ。

続くっ!



 

→WHIZ LIMITED 2020A/W 『WILL』スタート①

→WHIZ LIMITED 2020A/W 『WILL』スタート②。

→WHIZ LIMITED 2020A/W 『WILL』スタート③。

→WHIZ LIMITED 2020A/W 『WILL』スタート④。

→WHIZ LIMITED 2020A/W 『WILL』スタート⑤。

 


 


 


WHIZ LIMITEDのアイテムのご紹介はこちら↓↓↓



WHIZ LIMITED 2020 AUTUMN/WINTER [ WILL ]


DELIVERY ONE①


DELIVERY ONE②


DELIVERY ONE③


DELIVERY ONE④


DELIVERY ONE⑤


DELIVERY TWO


DELIVERY THREE