みなさんこんばんは(^o^)
6月に入って、ちょっとジメジメっとした感じになってきましたね滝汗

 

今回も、熱中症関係を復習がてら書いていこうと思います。

今回は、「経口補水液」についてです。

 

経口補水液とは

 

商品名で言うと「OS-1」が有名ですね。

脱水症状になった身体にとって必要な成分である、ナトリウムをはじめとした電解質と糖質を効率よく吸収されることを考えられた飲み物です。

 

熱中症と脱水症状について

 

熱中症と言えば高熱が出るイメージですが、実は身体の中で、水分が失われる脱水が最初に起こる症状です。

この脱水症状は、最初のうちは気付きにくいので、脱水に気付けない状態を「かくれ脱水」と名付けられており注意が必要になります。

熱中症は人によって進行具合が違いますが、必ず最初の段階で「かくれ脱水」が起こります。

かくれ脱水の段階で早めに対応すれば熱中症はかなり防げると思います。

 

夏バテの原因も脱水??

 

身体の中の体液が減ると消化器での水分も減るので食欲が減ったり、消化機能が落ちたりしてすぐにお腹を壊したりしてしまいます。

 

経口補水液の作り方

 

経口補水液自体はご自宅にある材料で簡単に作ることができます。

経口補水液の材料

●水・・・・ 1リットル(500ミリリットル)

●塩・・・・ 3g    (1.5g)

●砂糖・・40g    ( 20g)

〇レモン汁     適量

 

 

 

 

ただし、よっぽど市販の経口補水液の準備が無くて、買いに行くには目が離せないときだけにしてください。(O塚製薬の回し者じゃないですよ滝汗

なぜかと言うと、家にある砂糖はだいたいが上白糖かグラニュー糖ですので、ミネラル分が取り除かれたものだからです。

そして、自作された経口補水液はその日のうちに消費してください。

 

かくれ脱水をそのままにして悪化してしまい熱中症になってしまうと2~3日は体調がすぐれないです。そんなことにならないように脱水症状からしっかり予防していきましょうね。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

にしからかわ接骨院
岡山市北区西辛川540-6

℡:086-236-7127

mail:nkk2367127@gmail.com

ホームページはこちら↓

http://nishikarakawa-sekkotsuin.com/