みなさんこんばんは

最近、急に暑くなりだしましたね。

 

岡山県内でも高梁市は5月だというのに、30度の真夏日を記録したりして、夏になったらどうなるんだろうと心配するばかりですゲッソリ

 

暑くなると気を付けないといけないのが、「熱中症」です。

体が慣れていない今の時期が一番熱中症にになりやすいです。

4月上旬まで最高気温が15度とかでしたしねポーン

 

今回は、熱中症について、復習がてら書いていきますので、良かったら読んでみてください。

 

熱中症とは

 

体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気のことです。

 

熱中症になる仕組み

 

熱中症の分類と対応

 

 

熱中症の予防について

①体を慣らす

今は体もまだ暑さに慣れていないので、汗もかきずらい状態です。

適度に外出か運動をすることで、暑さに慣れてください。

 

②しっかり塩分を摂る

汗をかくと塩分も出ていってしまいます。体にとって塩分(ナトリウム)はとても重要なものになります。体の中の塩分不足=熱中症と言っても言い過ぎではないので、注意して塩分を摂るようににしてください。

 

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

にしからかわ接骨院
岡山市北区西辛川540-6

℡:086-236-7127

mail:nkk2367127@gmail.com

ホームページはこちら↓

http://nishikarakawa-sekkotsuin.com/