ベトナム株投資詐欺:6100万円脱税 懲役1年、罰金1800万円求刑 /長野 | 脱税・申告漏れ日記

脱税・申告漏れ日記

大阪の若手税理士が巷に流れる脱税・申告漏れ報道の裏側を分かりやすく解説します!


テーマ:
『ベトナム株投資詐欺:6100万円脱税 懲役1年、罰金1800万円求刑 /長野』
http://mainichi.jp/area/nagano/news/20110818ddlk20040049000c.html
毎日新聞 2011年8月18日 地方版


ベトナム未公開株投資で得た収入を過少申告し所得税を脱税したとされる事案。
・長野地裁の初公判において検察側からと懲役1年、罰金1800万円を求刑されたのは長野市篠ノ井会、無職、K被告(67)。
・同被告は2006、2007年に、ベトナム未公開株での高利回りをうたった投資会社J社(千葉県)の会員として受けた投資の配当等、計約1億7934万円の所得があった。
・にも関わらず同被告は長野税務署に所得を約666万円と偽った所得税の確定申告書を提出。
・2011年2月、所得税合計約6116万円を脱税したとして関東信越国税局から長野地検に刑事告発。
・2011年6月15日、長野地検が所得税法違反罪で長野地裁に在宅起訴。
・2011年8月17日、長野地裁の初公判において、検察側が「脱税額は高額」と懲役1年、罰金1800万円を求刑。
・一方、弁護側は被告が修正申告済みで、重加算税など約1億1200万円を既に支払ったことを示して、執行猶予付き判決を求めた。


今回の事案が発覚したのは、配当をした投資会社がベトナム未公開株への投資を名目に集めた出資金を騙し取った事件がきっかけのようです。
同社は約1万人から約218億円を集金していたとのことですから、かなり規模の大きい投資詐欺事件でした。

「確実に儲かる」
詐欺師の常套句ですね。

実際にネズミ講でもマルチ商法でも、初期段階で投資した人は儲かるのですが、後から加入した大半の会員は、出資金以上にお金が戻ってくることはありません。

今回の事案の被告は運よく(?)初期段階で投資した会員だったようですね。

犯罪で得た収益にも税金が課されるのは以前紹介した通りです。
今回のように犯罪そのものではなく、犯罪がらみで得られた収益にも税金が課されることになります。

非上場の法人から得られる配当は所得税法では配当所得(総合課税※)に該当することとされています。
※配当金額10万円/年以下等の一定の配当は確定申告不要制度の選択可

これだけ収入金額が大きいと累進税率の最高(所得税40%、住民税10%)いってたようです。

本税+重加算税+延滞税等で約1億1200万円。
これに罰金がおそらく1200万円~1800万円になるでしょう。

隠した所得のほとんどを没収されることとなってしまいました。

<関連記事>
脱税:違法DVD販売で1億円、容疑で元経営者を告発 /大阪





図解 所得税法「超」入門〈平成22年度改正〉


↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村

税理士なかじっちさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。