脱税・申告漏れ日記

大阪の若手税理士が巷に流れる脱税・申告漏れ報道の裏側を分かりやすく解説します!


テーマ:
『建物解体ラッシュで10億円所得隠し 法人税法違反で業者告発 東京国税局』
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110523/crm11052311510007-n1.htm
MSN産経ニュース 2011.5.23 11:51

『解体業者を告発=10億円隠し脱税容疑-東京国税局』
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2011052300266
時事ドットコム 2011/05/23-11:49


架空委託費の計上、鉄スクラップ販売益の除外等により法人税を脱税した事案
・東京国税局から法人税法違反の罪で東京地検特捜部に刑事告発されたのは東京都練馬区の解体工事請負業N社のN社長(42)と父親のY会長(72)。
・同社は2010年4月期までの4年間にわたり、架空委託費を計上したほか、鉄スクラップ販売益を除外するなどして法人所得計約10億円を隠し、約3億円を脱税した疑い。
・同社の弁護士によると「修正申告し、納税も済ませた」とのこと。


架空経費の計上はよくある話なので以下の記事を参照していただくとして、今回は鉄スクラップ販売益について、少し解説をしたいと思います。
<関連記事>
脱税:1億4200万円脱税、経営者在宅起訴 関連3社も /千葉
スーパー銭湯会社と社長が7000万円脱税 大阪国税局告発


建設工事に伴う廃材や、メーカー等で製品の製造過程で生じる加工屑から小売卸売業者が商品を仕入る際に発生するダンボール等、安価ではあるもののまとめて下取りしてくれる業者があります。
メーカー等では廃棄物に過ぎないのですが、下取り業者では大量に買取り、新たな製品の原材料として他に売却するわけです。

下取り単価は低いものの企業が扱う廃棄物ともなると大量になるため、こまめに売却しているとバカにならない収入となります。さらに鉄屑に関しては記事中にもありましたが、中国の建設ラッシュなどを背景にして、下取り価格が上昇傾向にあったため、4年間の売却収入ともなるとかなりの金額になっていたことが想像できます。

で、このような下取り業者を利用すると、代金の決済は現金で行われることが多く、つい魔がさして収入に計上しないという経営者も多いようです。

確かに、このような現金取引は銀行口座を通した取引に比べると証拠が残りにくいので、脱税が発覚しにくいという特徴があります。
しかし、かといって簡単に脱税できるかというと、そこまで甘くはありません。

我々税理士も税務署の職員も、そのような副収入が発生しやすい業種というのは心得ていますので、
そういう業者を調査するときは真っ先に、
「製造過程で出たスクラップの屑ってどうされていますか?売却収入は計上されてないみたいですが・・。」
という質問がされます。

「えっ。廃棄してますけど・・。」と答えようものなら、

「廃棄は自社で?業者は利用されていますか?」
「自社なら従業員のどなたが?」
「業者利用ならどこの業者ですか?」
「どれぐらいの頻度で?」

という質問が矢継ぎ早に繰り出されることでしょう。

そして最終的には実際に処分したとされる従業員や外部業者に確認をとります(反面調査)ので、言い逃れは不可能に近いです。

同社の代理人の弁護士は産経新聞の取材に対し、修正申告を済ませたことを明らかにした上で、「国税当局との間で見解の相違はなく、大変反省している」と話している。

生兵法は大怪我の元ですね。




ダンボール マンガ単行本Lサイズ~40冊用


↓ランキングに参加しています。クリックよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 士業ブログへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。