青森市の社長向けのブログ/中小企業の経営戦略

青森市の社長向けのブログ/中小企業の経営戦略

中小企業の経営者の皆さん、経営戦略を研究していますか?

このブログでは、私の専門分野である税務、会計、経営について

中小企業の経営に役立つ内容をお話しています。




Amebaでブログを始めよう!

こんにちは。

 

今年もまた3月11日がやってきます。以前にも書いていますが、初めてブログをご覧になる方もいますし、常日頃から心に留めていなければならないことだと考えているので、また同じことを書きたいと思います。

 

ご存知の方も多いと思いますが、民主党政権下では「事業仕分」というものが行われました。国や地方自治体が行っている事業を取り上げて、公の場でその必要性を議論した会議です。世界で一番のスーパーコンピュータの開発を目指していた事業について、蓮舫さんが「二番じゃダメなんですか」と問うたのは今でも語り草です。

 

この事業仕分でやり玉に挙がったのが、東京都江戸川区が当時実施していた「スーパー堤防」の事業です。スーパー堤防は東京江戸川区で200年に一度の大洪水に耐えることができるようにと、1987年に始まった堤防整備の事業です。総事業費12兆円、完成まで400年かかるという途方もない事業で、事業仕分の結果「廃止」となりました。

 

事業仕分の様子は報道各社も取り上げていましたが、このスーパー堤防の事業は行政の無駄を絵に描いたものとして批判されました。どこのテレビ局でもコメンテーターが「200年に一度のことのために膨大なお金と時間を投入するなんて馬鹿げている」といった論調で切り捨てました。世の中の多くの人も同調したと思いますし、私自身も「お金の無駄だな」と感じていました。

 

さて、東日本大震災では、700年前の貞観地震の記録が残っているのに、なぜ対応しなかったのかと手のひらを返した論調になりました。当時スーパー堤防事業をバカにしていた人たちはどこに消えてしまったのでしょうか。津波の予測可能性を争う裁判でも、裁判所は「津波は予測できた」として学校関係者などが敗訴しています。でも、当時津波の可能性を主張したら、変わり者として相手にされなかったでしょう。

 

責めたり批判する意図は全くありません。

 

我々の考えというのは、実に浅はかで思慮の足りないものであるか、自戒しなければなりません。鬼の首を取って勝ち誇った気持ちでいても、周りやマスコミがはやし立てていても、大きな間違いかもしれないのです。人間の力というのは自然の前では微々たるものにすぎません。我々は、大きな災害で一生懸命に積み上げたものも一瞬で無に帰することを思い知らされました。生かされていることに感謝し、謙虚に生きることの大事さを改めて思うのであります。

 

ではまた明日。

 

 こんにちは。

 

続きです。

 

○安易な節税対策としては使わない

特例事業承継税制は、株式の贈与や相続の際に贈与税や相続税を「猶予」する制度です。猶予する条件は後継者が会社を継ぐことで、継がないということになれば猶予は取消になって、本税に加えて利子税も納めることになります。まだ学生であったり他で働いている子を後継者にして、納税猶予と引き換えに子の人生を決めてしまっては恨まれるだけです。子が既に会社に入社していて、会社を継ぐ覚悟を決めている場合に検討するべきです。

 

 

○相続時精算課税制度の効果はどこまでか

特例事業承継税制では、推定相続人以外の第三者への株式贈与についても猶予することとしています。従来、相続時精算課税制度は直系親族の間だけの制度でしたので、画期的なことと評価されています。確かにそうなのですが、第三者に株式を全て贈与するなんてなかなかできることではありません。通常は売買が絡んでくると思われますが、一部を売買して残りは贈与にするか、株は贈与で終わらせる代わりに退職金を十分もらうか、当面は代表権のない会長として会社に残って給料をもらうことができるのか、いろいろ考えることが出てきそうです。後継者はたとえ株をもらえるとしても、借金の保証人になってまで会社を継ごうと考えるかどうか、後継者の家族がどう考えるかの問題は相変わらず残ります。

 

ではまた明日。

 

 

こんにちは。

 

西谷会計事務所でも4月に入ると「特例事業承継税制」を中心とした平成30年度税制改正セミナーを予定しています↓

 

 

 この特例事業承継税制、順調に進めば3月末の国会で税制改正法案が通ることが予定されています。県に提出する計画書のひな形などはこれからですから、まだまだ不明な点も多くあります。昨年12月末に税制改正大綱が公表されて以来、「使い勝手が非常によくなった」ということで、どんどん計画書を申請しましょうと言う前向きな意見が多いようです。

 

さて、大綱や解説書を研究する中で、何点か気になることや留意すべきと思われる点がありますのでメモ代わりに記載しておきます。

 

○贈与する筋合いはありません

特例事業承継税制では、現代表者から後継者へ株式を贈与する場合に加えて、現代表者以外の株主から後継者への株式の贈与についても、贈与税を猶予することとしました。これにより、株式の分散を防いで事業承継がスムーズに行われることが期待できるとされています。しかしながら、後継者の方は贈与税を免除されて嬉しいでしょうが、株主はそもそも後継者に贈与する筋合いはありません。贈与を受けて贈与税の猶予を受けるというのは後継者側の希望に過ぎません。株の売買による方が現実的な感じがします。

 

○複数の後継者指名は争いのもと

特例事業承継税制では、後継者が3人まで認められることとなりました。この税制が公表されたときに、一番初めに懸念したことなのですが、後継者を3人まで認めるなんて争いの元にしかなりません。誰を後継者にするかを決めるのは、現代表者の重大な任務のはずです。

 

続く。

 

 

 

 

こんにちは。

 

以前にもブログでお話したことがあるのですが、高校や中学を卒業して東京なり仙台に進学したり就職する前に、是非とも青森県のことを知るまとまった機会を作ってほしいと思います。事業主体は学校でも県でも市町村でもよいです。補助金を出して民間の観光会社でも構いません。

 

私自身の経験でも、東京に行って初めて地元のことを全く知らないことに気付きます。ねぶたとリンゴの話しかできません。一度でも都会に出てしまった人に対して青森に戻って来いと言ってもまず戻ってきません。住宅ローンなり子供の学校なり、都会の生活に縛られてしまうからです。それよりは、青森を出ていく前に生まれたところがどういうところなのか、故郷の素晴らしさを知ってもらって、青森を出る前から青森に戻ってくることを選択肢に加えてもらうべきです。希望者だけではなく、県外に出る学生を対象に必須事項にします。

 

座学ではなく、実施で県内を回るのがよいです。青森の色々なところをじっくり楽しんでほしいと思うのです。そのまま地域創生につながる事業だと思うのですが、いかがでしょう。

 

ではまた明日。

 

 

こんにちは。

 

オリンピックが終わりました。選手の皆さんお疲れ様でした。長野を超えるメダルラッシュで毎晩テレビの前にくぎ付けでした。

 

女子フィギュアで銀メダルを取ったザギトワさんは、練習では3回転を4連続で飛ぶのだそうです。でも実際の本番では3連続までしか飛ばないのだとか。これは、ライバルにプレッシャーを与えることが目的だそうです。つまり、ザギトワさんの4連続飛びを見たライバルは、それ以上の技をしなければ勝てないプレッシャーで本番失敗してしまうのです。今回のオリンピックの練習では、ザギトワさんは5連続飛びをしていたそうです。荒川静香さんも練習でライバルにプレッシャーを与えるタイプだったとか。

 

羽生さんはケガをして、出場するフリーの演技の直前まではメディアに登場せず、ケガの具合が心配されていました。登場していきなり素晴らしい演技でしたので、ライバル達は大きなプレッシャーを受けたと思います。

 

本番前からいろいろな駆け引きが行われています。自分をわざと弱く見せたり、逆に強く見せたり、経営においても参考になりそうです。

 

ではまた明日。

 

 

こんにちは。

 

スマホ決済とか電子マネーとかキャッシュレスとか、最近は新聞紙上、特に日経新聞をみていると良く出てくるキーワードです。いかにもこれからどんどん浸透してきそうな論調なのですが、私は少々疑問に思っています。というのも、いくらかチャージしてコンビニで利用する分には良いとは思いますが、それで全部済ませようとする人はごくごく少数なのではと思います。

 

もともと日本はクレジットカードの利用率も先進国の中では高い方ではありません。一人あたりの所有枚数は高めですが、利用率は20%程度だそうです。一方で、中国や韓国は40%、50%の水準だとか。つまり、日本人は現金志向が強いのです。ポイント付与して一生懸命広めようとしてもこの程度なのに、これがスマホ決済になったからと言って現金志向が薄まるとは思えません。実際のところ、スマホ決済というのはプラスティックカードがスマホの液晶画面にすり替わるだけではないかと勘ぐっています。

 

現金志向の理由の一つには、日本人が「お上」を奉る思考が根っこにあるのだと思います。時の政府は勿論ですが、政権が変わっても天皇制は脈々と続いてきました。ガラガラポンで国体が変わり、旧政権の支配層が追放されるお国柄とはわけが違います。機械よりも制度を信奉しているのが日本人なのです。でも、これって悪いことなのでしょうか?

 

マイナンバーが導入されてプライバシー云々を主張する人が多いですが、電子決済になれば商品取引の記録は全て残ってしまいます。それらの情報が漏れたり、利用されたり、売買されたりと、そちらの方がよほど恐ろしいと思います。マイナンバーには敏感なのにスマホ決済は鈍感なのはどうも辻褄が合わない感じもします。

 

私はやはり現金主義の方が、パスワード管理とかスマホの紛失とか考えることが減っていいなと思うのです。

 

ではまた明日。

 

こんにちは。

 

商売をしている人は皆さん、いろいろな団体に所属したり登録していると思います。そういう団体からメールで「アンケートにお答えください」とか「意見を募集しています」とか連絡が来ることがあります。メールでなくても、どこだったかの教育機関から「調査しているのでご協力ください」とかで、何ページかにわたる質問用紙が郵送で送られてきたことも何度かありました。

 

それほど親密な関係でもないのに、メールで一本で依頼してくる感覚は理解に苦しむところです。回答にも時間がかかりますが当然タダ働きです。送るほうは「効率的に」情報収集しているつもりでしょうが、回答するのはなかなかの暇人ではと推察しますし、そうやって回収したデータがどこまで実態を反映しているのかも疑問です。教育機関の学術研究にも協力する義務はありません。ダイレクトメールの開封率がどの程度なのかも知らないのでしょうか。

 

正直、浮世離れしたものを感じます。

 

ではまた明日

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

今でも放送しているのかどうかわかりませんが、私が学生の頃は「朝まで生テレビ」というのがあって、司会が田原総一郎さんで、政治家や学者さんなどいろいろな立場の論客が特定のテーマで議論を戦わせるという番組がありました。結構な人気番組だったようで、この番組に出演するようになって有名になったり、大晦日に放送されたりと、看板番組の一つであった記憶があります。かつての東京都知事の舛添要一さんも、この番組で有名になりました。

 

いつだったか出演した人のコメントを目にしたことがあるのですが、番組側からすると議論が白熱、盛り上がるのが望みなようで、お互いの共通点を認めたり、話をまとめる方向にもっていく人はだんだん敬遠されていって、むしろ過激な発言をしたり、対立を鮮明にするような人、攻撃的な人に繰り返しお声がかかるようになるのだそうです。

 

テレビに限らず露出が多い人の意見についつい耳を傾けてしまいますが、どうしてその人が選ばれているのか、一歩下がって考えることも必要なのだなと思います。

 

ではまた明日。

 

 

 

 

 

こんにちは。

 

ボルダリング、東京オリンピック競技にもなったということで盛り上がっています。あまりよくわからないスポーツなのですが、昨年富山県を訪れた時に発見したのがこちら

 

 

 いろいろな大会も行われるそうですが、すごいですねー、高さ20mはありそうです。  

 

富山県南砺市というところにあります。この南砺市では「恋旅~True Tours Nanto~」というオリジナルのショートアニメを放送していて、このボルダリング場もアニメの中に登場するのだそうです。自販機にも宣伝がありました。

 

 

施設を作っておしまいではなく、アニメで宣伝までするのは面白い企画だと思いました。

 

で、訪問した後で知ったのですが、、、

 

この南砺市、平成16年に8つの市町村が合併して誕生しました。そのうちの一つが福光町というのですが、この町には青森が誇る世界の巨匠、棟方志功が6年間滞在しています。で、なんと、(南砺市のサイトより転載↓)

 

 

http://www.city.nanto.toyama.jp/cms-sypher/www/section/detail.jsp?id=219

 

棟方志功記念館「愛染苑」には志功の作品が展示されています。いやあ、全くノーマークでした。次回に訪問するときは必ず行こうと思います。

 

ではまた明日。

 

 

こんにちは。

 

「畳も障子も発明した人がいるが誰も名は知らない」

 

年末年始の番組で、ターヘルアナトミア、いわゆる解体新書の翻訳を取り上げた番組がありました。教科書では翻訳者として杉田玄白の名が有名ですが、杉田玄白はむしろプロデューサーで、実際の翻訳に多大な貢献のあった前野良沢を取り上げた物語です。

 

 

この前野良沢は翻訳を極めようとするあまり、解体新書の訳文はまだまだ不十分だということで、出版にあたり自身の名前を記載することを固辞したのです。

 

冒頭の言葉は、前野良沢の名前抜きの解体新書の出版について、平賀源内と田沼意次が会話する場面で平賀源内が発した言葉です。考えるまでもなく、誰の発明か特許として名が残るようになったのは極々最近の話なわけです。それ以前にも誰が始めたのかも記録にない膨大な数の発明があって、それらをなんの気にもせずに使用して生活しているのが今日の我々なわけです。

 

改めて、ありがたい気持ちになりました。

 

ではまた明日。