新日本プロレスとワンピースと・・・

新日本プロレスとワンピースと・・・

新日本プロレスとワンピースが大好きな凡人のまとまりのないブログです。
その時に思ったことを好き勝手に書きます。


テーマ:

NARUTOを見ていた人でBORUTOも見ている人もいると思うんですね。
挙げるとキリがないのですが、BORUTOに凄い違和感があるので書きます。

BORUTOで、岩隠れの里の元土影のオオノキが孫のコズチを結果的に死なせてしまって、それがきっかけで人造人間(ツクラレ)や土人形(芥)が生み出されたじゃないですか。
NARUTOでは、オオノキは若い時にマダラの騙し討ちを受けて、徹底的に打ちのめされたのがきっかけで己を捨て、暁を利用するまでになって、でも、我愛羅やナルトのような若い忍の影響を受けて己を拾うんですよね。
それなのに、BORUTOになったら、また己を捨ててるわけです。

なんでも描き込む必要はないと思うんですよ。
見てる側は色々と想像力を働かせますし、想像している時間が楽しいわけですから。
描くならば、既存のキャラクターの大事な部分を損なわないようにしてほしいと思いますね。


テーマ:

何年か前までAmebaを利用していて、一度辞め、最近になってまた始めましたが・・・。

なんだかAmebaって使いづらくなりましたね。
トップページに要らない情報がとにかく多いです。
トピックスなんて邪魔なだけ。
表示されているからといって興味なんか持たないですよ。

ブログにも違和感があるんですよね。
記事の編集・削除でテーマを選んだら、そのテーマのすべての記事を表示するようにすればいいのに、いちいち年月を移動しなきゃいけないのは相変わらず。
ジャンルも訳が分かりません。
映画、アニメ・マンガ、本、音楽でいいのに、なんでレビューってわざわざ付けるんでしょう?
サッカー、野球、フィギュアスケート、プロレス、格闘技でいいのに、なんで観戦ってわざわざ付けるんでしょう?

サイバーエージェントの藤田晋社長がブログ(「ユーザー目線の勘違い」https://ameblo.jp/shibuya/entry-11709772078.html)で「ユーザー目線とは、ユーザーの立場に立つこと、ユーザーのためにとは違う」って書いたことがあるのに、なんだかゴリ押しですね。


テーマ:

ヒロムが復帰した時に対戦相手って誰になるのかと想像しました。
怪我をして以前のような試合ができるのかはわかりませんが・・・。

ヒロムは怪我をするまでは、BEST OF THE SUPER Jr.で優勝して、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンでした。
おそらく怪我をしなければ、IWGPジュニアヘビー級チャンピオンとして連続防衛記録を更新していたのではないかと思います。
とはいえ、復帰していきなりタイトル戦線に絡むというわけにはいかないのではないかというのもありますし、かといって、若手と試合をするのもどうなのかなって感じで、本当に難しい問題ですよね。

だからヒロムが復帰した時に安心して戻るのではなく、悔しがって、嫉妬して、それだけ気持ちが高まる存在が重要だと思います。
内藤が新パレハを予告した時に「もしかしたらうまくいかないかもしれない」と言っていましたよね。
それはLOS INGOBERNABLES de JAPONは崩壊する可能性もあるってことだと思うんですね。

ただし、内藤が常々言っているのは「LOS INGOBERNABLES de JAPONは常に競い合っている」ということです。
ユニット内で競い合って、みんなでレベルアップしていってこそ、LOS INGOBERNABLES de JAPONは上がっていくという意味ですね。

だから高橋ヒロムの復帰戦の相手は鷹木が適任ではないかと考えました。

理想としては、内藤がメンバー全員の名前を挙げていき、最後に自分の名前を言って前置きしつつ、観客と「デ・ハポン」の大合唱をして、最後に6人で拳を付き合わせるってところですかね。


テーマ:

棚橋とジェイ、内藤とタイチのタイトルマッチが決定している状況ですが、あえてこのタイミングで書きますね。

内藤とジェイの抗争が勃発するのではないかと予想しています。
そう予想する主な理由を挙げますね。


ジェイは大躍進を遂げてヒールとしての立場を確立しました。
さらにジェイは4強とされていた棚橋・内藤・ケニー・オカダのうち3人に勝っています。
そしてLOS INGOBERNABLES de JAPON VS BULLET CLUBの時に限ってジェイがいませんでした。

内藤がよく自分のことを「ベルト(IWGP)の価値を越えた存在」と言っていますよね。
色んな数字を見ても、その人気ぶりは圧倒的でしょう。
絡めばとてもおいしい選手です。

 

一切絡まないのが不思議なくらいなんですよね。


テーマ:

昨日の「WRESTLE KINGDOM 13 in 東京ドーム」大会の二夜明け会見後、菅林直樹会長より、飯塚高史の引退とKUSHIDAの退団について発表がされました。

飯塚の思い出・・・。
色々ありますね・・・。
正統派のベビーフェイスでサンボ仕込みのスープレックスやサブミッションが得意。
村上和成との抗争では魔性のスリーパーで勝利するなどして一躍大ブレイク。
そして、永田と組んでG1タッグリーグで優勝したり、川田・渕と闘ったり、天山と友情タッグを結成したり。
その後はヒールに転向して、G・B・HやCHAOSを経て、鈴木軍に加入。
引退試合が行われるとして、相手は誰になるんでしょうね。
永田、天山、真壁、矢野あたりと闘うのもアリですし、鈴木軍同士でめちゃくちゃやり合うのもアリかなと思います。
実況はテレ朝の野上アナで、解説は山崎が一番でしょうね。
もしもヒールから解き放たれた状態で挨拶する場合は、野上彰、エル・サムライ、村上和成、長井満也あたりの誰かがメッセージを送るのではないかと予想します。

KUSHIDAの思い出・・・。
ほぼ新日本プロレスしか見ない私にとっては棚橋がSMASHに迎えに行ったところからが始まりです。
8年とはいえ、ライガー、タイガー、田口、シェリー、飯伏、ケニー、オスプレイ、BUSHI、ヒロムなどなど、色んなレスラーと関わりましたよね。
ポジション的にはジュニアのエースみたいな感じですか。
ラストマッチは棚橋とのシングルが決定。
スーパーJカップの遺恨によりシングル戦線で金丸と抗争を繰り広げるという予想は見事に外れましたけど、なんでも実現すればいいわけではないので、色々と想像してみます。

ケニー・オメガが新日本プロレスを去るという情報がありますが、まだ公式で発表されていないので、それは置いておきます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス