特別な時間を過ごしました

テーマ:





こんにちは



10月4日に17歳から私が活動していた
つんく♂さんプロデュースのグループ
キャナァーリ倶楽部が7年ぶりに一日だけ復活しました。




このグループ以外の場所で
私のことを見つけてくださった方々も
いらっしゃると思いますが
このお仕事を続けてきた中で
青春であり、楽しさ、悔しさ、、、、、、
全ての感情を感じさせてくれた時間。
それがキャナァーリ倶楽部です。

この時代に経験した全てのことが
これまでのお仕事に繋がっていると思います


元々、個々で活動していたメンバーが集結した
年齢も身長も性格もバラバラなグループ。

最初はアイドルという肩書きに
戸惑ってしまっていたし
いきなり作られたグループという存在に、
どこか自分達は違う。と思っていたり
全員が同じ方向を向いているようで
バラバラな感じがその当時は心地よかったし
このまとまりない空気感が
キャナァーリ倶楽部というグループの良さだと
私は思っていました。


メンバー同士はどんな時も仲が良くて
よくスタッフさんに
「君たちは、ライバル心がない」とか言われてた。
グループには必要でもある競い合うことも全くなし。
年頃の女の子達が集まっているのに
逆に平和すぎて当時は大人の人達を
困らせたりしたかもしれない。笑


そして私達の原点でもある
個々の活動もだんだん増えてきて
それぞれがいろんなお仕事に挑戦し、
グループ活動よりも個々の活動がメインに
なっていきました。



このときの私の気持ちは、
毎週イベントで会っていたファンの方々と
あまり交流する時間がなくなっていき
満足いかないリハーサルの時間で
なんとかイベントやライブ本番を迎えていて、、、
久しぶりに会ってもみんな優しいのに
勝手にメンバーへの距離感を感じたり、
ファンの方々にもどんな顔をして
イベントやライブに参加すればいいんだろう
っと一人で悩んでいた時代でもありました。


そこから空白の7年。


メンバーもファンの方々もスタッフさんも
みんながモヤモヤした時間かもしれません。
でも、時が経つとなんだかとても
愛しい時間だったな。

だって、
活動休止でもなく解散でもなく
しっかり私達の心の中にありつづける
キャナァーリ倶楽部。


どこかでみんな同じことを思っていたかもしれません。



今回、この1日限定という企画があって
しっかりと自分なりに準備し
(自分の体力の衰えには驚きましたが、、、)
初めてセットリストを自分達だけで決めて
リハーサルも何日もして
気持ちもあの頃を思い出して
メンバーみんなが納得しステージに立ちました。


初台DOORSに足を運んでくださった皆様
本当にありがとうございます。


一瞬で7年という時間が埋まった気がした。
そして、みんながあの頃みたいに
楽しそうにステージにいた。
ファンの方々と7年ぶりに笑顔で向き合うことができた。


あの時間はこれからも忘れないと思います。


あたたかく熱く盛り上がってくださって
本当にありがとうございます!


これからもあなたの中の
キャナァーリ倶楽部がありつづけますように。



じゃあね。じゃなく。またね。にしとこう!




この日ために当時の衣装さんが用意してくれた
白のドレス。とっても可愛かったな。


今日から三連休ですね!

素敵な連休を、、、、、、❤️❤️



公式Instagram↓


mikiho_niwaで検索してください☆