クローバー 庭工房のサイト


本日は、前回の『園路とパーゴラとテラスのバラ庭園』のお宅のお隣に家を新築された、

そのご家族の方のお庭を紹介致します。


邸宅は、建築士・柴田達志さん率いるASOスタイルの設計。

外壁に乳白色の天然石を貼った、大変お洒落なモダンテイストのデザインなのですが、

お庭が、そのテイストに更に趣きと深みを与え、

家+庭の敷地全体で、ハッとするぐらい素敵な空間となるよう、

弊社も色々思考をこらしてデザインさせて頂きました。


今回の特徴は何と言っても、このお宅の顔ともいうべき『フロントガーデン』です。


庭工房的「庭のある暮らし」


門から玄関へと続くアプローチを、大胆ながらも凛とした佇まいの

ロックガーデン風のフロントガーデンとしました。


玄関ポーチに上がる階段の手前には大きな『エゴノキ』を植え、

玄関前の空間を引き締めつつ、奥行きをもたらし、更に、

門から入った時に玄関がすぐに目に入らないように目隠しの機能も兼ねさせました。


その奥の突き当りが、なだらかな斜面になっているロックガーデンです。

凛とした風合いを出せる石を、採石場まで行って選んできたのですが、

なかなか、クールな色合いを出せたのではないでしょうか?



庭工房的「庭のある暮らし」


実は、ロックガーデンの石は一部、階段も兼ねており

登っていくと、建物裏のメインガーデンへと繋がります。



庭工房的「庭のある暮らし」

石の合間を隙間なく埋めるメインの植栽は『シャガ』です。

その他、『フッキソウ』、『ツワブキ』など、常緑で日陰にも強い地被植栽を選びました。

シャガ、フッキソウ、ツワブキは単体でも形が良く楽しめますが、

組み合わせることによって更に面白い動きが出せたのではないかと思います。


石の一部は凹んでおり、雨が降ると水が溜まるので、そのうち

鳥がバードバスとして遊びに来てくれるのではないかと、今から楽しみです。





庭工房的「庭のある暮らし」

こちらは、フロントガーデンの反対側、玄関を入ったその先にある中庭風のテラスです。


玄関を入った時にまず目に入るのがこの空間なので、フォーカルポイントとして

『ハイノキ』を植えました。

『ハイノキ』は常緑高木ですが、葉が落葉のように柔らかく涼しげなので、

最近、大変人気の木です。


この写真には映っていないのですが、テラスの先がウッドデッキと芝生のメインガーデン

になっています。

ハイノキを通して玄関からメインガーデンを臨むと、2重の緑の効果で奥行きが出て、

更に緑が一杯の景色に感じて素敵です。



お庭というと、どうしてもメインガーデンに目が行きがちですが、

おうちの顔というべき敷地のファサード部分も、

工夫次第で素敵なフロントガーデンとして楽しむことが出来ます。


狭い場所でも、植栽をアレンジするだけでファサードが生まれ変わることがありますよ。


こだわりエクステリアのデザイン設計なら愛知県名古屋市名東区の庭工房。

植物の存在感を大事に、エクステリアも植物の存在感で特色をだし、世界に1つしかない

お客様だけのデザインをご提案します。

会社HPはこちら↓

庭工房