生き物が活発に動き出す季節になりましたね。藤本です。

草引きをしていてもダンゴムシやナメクジなんかがそこらからうごうごと出てくるので、「おいおいおまえそんなとこおったら死んでまうぞ!」と思いながら作業をしているこの頃です。

 

こちらは、高齢者向けの住居施設で中庭の手入れをさせてもらっているときに撮った写真です。

かなりソーシャルディスタンスを保っていますね。

あとで調べたところコキアという植物らしいのですが、これについて施設の利用者さんから「あれって花が咲くの?」と聞かれて焦った話をします。

 

これが何なのかもわからないので、とりあえず近寄って観察してみます。

 

あっ、ピンク色のつぼみらしきものが咲きかけている!

小さい花がたくさん咲くのかな?と思ったので、「かわいらしい花が咲くと思いますよ!」と答えたら大変楽しみにしていらっしゃいました。

適当に答えたような形になってしまい、間違ってたらどうしようとハラハラしていましたが、確かに花は咲くようなのでホッとしています。

 

ただ、コキアの見ごろの本番は、どちらかというと花よりも紅葉のころみたいですね。

7月から8月にかけて大きく成長していき、9月下旬ごろから少しづつ紅葉して、10月中旬ごろには全体が鮮やかな赤色に、という流れのようです。

大きく綺麗に色づいてくれたらいいですね。