View this post on Instagram

最近、仕事で関わりのある、女性庭師2人(松野 十七さん、藤川 純奈さん)の活躍が、育ての親でもなんでもないのですが、立て続けに2人がコンテストの賞取ってて、見てて嬉しくなります。 (その時の2人のインスタ↓) https://www.instagram.com/p/BwPE4ICjmtk/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=15zpxbpe3zgbu https://www.instagram.com/p/Bw64NMFjdvm/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=s5bxf9ton18g 2人とも、何年も前から知っていて、石工事を一緒にする機会がしたことがあったのですが、 こちらが特に何か言うわけでもないのですが(敢えてそうしてるwww)、とにかく、よく動くし、次何をすればいいのか、自分でできる範囲内で判断してる。 だから、飲み込みも早く、1日仕事してて、昼過ぎになるとあっという間に、スムーズな動きに変わっちゃう。 うちの師匠でもある、70歳庭師の叔父さんも感心して褒めてたくらいだからねえ。 さて、この2人を眺めてて、何でこう、強いんだろうと考えてると、 「庭をつくってお客さんに喜んでもらいたい」 という信念の強さが、滲み出てるんですよね〜 「執念」という、ちょっとドロッとしたところも垣間見えてて、それが、「凄み」を感じさせるんだろうなあ。 いつも笑ってるイメージが強いから、俺の脳内イメージギャップが激しくて笑えてしまうw このような心持ちであれば、信念を軸に、明確な目的・目標が掲げられるから、 外から何を言われようが、全く動じませんね。 ここで揺らぐようじゃ、先へは進めませんね。アドバイスしても、できない理由を探して終わりだし。 あとは、自分の能力と今の世の中の情報を照らし合わせ、できることできないことを判断して、正しい戦略・戦術を練って、実行すればいい。 できる人は、それを自然と考えてる。だから、彼女達は、賞が取れたのだと思います。 決して偶然では無いのです。 必然です。

揖斐川庭石センターさん(@hirokun408)がシェアした投稿 -