みなさんはご自宅の庭に満足されていますか?

「DIYしてみたいけど全体をやり切る自信がない」という方、朗報です!

実は、庭造りのむずかしい部分を業者にお任せして残りの部分をDIYにする、という方法をとればみなさんの希望どおりの庭を実現することは十分可能なのです。

そこで今回は初心者でもできる、業者委託とDIYを組み合わせた庭造りの方法とその利点について徹底解説します!

○業者委託とDIYを組み合わせるって?

「業者委託とDIYを組み合わせる方法」とはいったいどんな方法なのか気になりますよね。

これは、洗練された庭のデザインや、敷地の問題から自分ではなかなかできない重量物の運搬据え付けといった、難しい技術面の作業を業者に行ってもらい、あとの細かな部分を自分好みに選択・据え付けし庭造りを行うという方法です。

この方法をとることによって、時間や予算を調整したり、自分オリジナルの庭造りをすすめたりすることができるようになります。

ご夫婦で、石組みの庭石を探されています
ご夫婦で、石組みの庭石を探されています。


○和風テイスト

落ち着いた雰囲気と粋な空間で、日本的な美を感じられる和風庭園に憧れる方は多いです。

ですが本格的な和風の庭づくりには、かなりの労力を要します。

ここで、日本庭園のようなむずかしいレイアウトから大きな庭石などの運搬据え付けまでの作業を業者に任せてしまいましょう。

庭石をプロにお任せすることでぐっと日本庭園らしさが上がると思います。

すると残りは、ししおどしやつくばいなど和のアイテムを選んで設置したり、砂利など小さな庭石を敷き詰めたりという作業をすればよいので、無理せず理想の庭を作ることができます。

庭木とつくばい石組みは、弊社では施工。残りの砂利敷きや飛石はお施主さん家族で完成させます
庭木とつくばい石組みは、弊社では施工。残りの砂利敷きや飛石はお施主さん家族で完成させます


○洋風テイスト

モダンなおしゃれさが特徴の洋風庭園ですが、モルタルやレンガを扱ったりウッドデッキをつくったりとこれまた初心者の方にとっては気の遠くなるような作業がいくつもありますよね。

そんなときにも業者委託をうまく利用しましょう!DIYする部分を限定することで作業のハードルは格段に低くなります。

もし、和風の庭にもともと住んでいて庭石があるのならば、たとえば、不要になった庭石を業者に粉砕してもらい、粉砕した庭石から自分で花壇を作ることが可能です。

そしてその花壇に四季折々の花を植えたり、植栽フェンスの据え付けをおこなったり、ガーデニングの作業に近いDIYをすれば、楽しみながら簡単に庭造りができます。

また西欧風のアンティーク小物を選ぶことでも雰囲気はグッと変わるので、単なる業者委託ではない自分オリジナルの庭を実現させられるでしょう。

既存の庭石を使って、土留めの石積みに再利用。そして、石の隙間に草花を植えて、洋風な庭に変身
既存の庭石を使って、土留めの石積みに再利用。そして、石の隙間に草花を植えて、洋風な庭に変身


以上が業者委託とDIY組み合わせた庭造りの方法と利点でしたが、なんとなくできそうな気がしませんか?

DIYに意外と庭石が使える!ということにも気づいていただけたのではないでしょうか。

手作りしたいという思いがあっても、さまざまな理由からそれがむずかしい場合は多々ありますが、いろいろな方法を活用して、あなただけの庭づくりをしてくださいね。


お問い合わせ→http://www.niwaishi.co.jp/contact/index.html

揖斐川庭石センター  (本家ウェブサイト)