庭ごころ
  • 21Jun
    • 住宅のお庭スペース改造

      地元菰野で工事中。昨年秋 お庭の相談会にご来店頂いた施主様。既存のキンモクセイの生垣の管理が苦痛であるというご相談。生垣を撤去してアルミのフェンスに変えるという話。しかし、いろいろお話合いをする中で、奥さまの”庭”や”ガーデニング”というものへの憧れを感じ、負担の無い範囲で、庭として楽しめる空間にしましょうというご提案をさせて頂きました。もちろん生垣は撤去した上で。スケッチよりも良くなります、という僕の説明に施主さまも「ほんとかなあ~」という反応笑しかし、今途中段階ですが、とても喜んで頂いております。やっぱり庭の最高の場所に設置してあった、物置き! 移動し正解! (敷地北面へ移動)建物やお住まいの方の人柄に合わせたお庭。家とかけ離れないように調和が第一ですが、その中にちょっと施主様の好みや憧れ部分を入れる程度の提案を心掛けています。着工前。ぐるりと囲む生垣をなんとかしたいというご相談から始まったお庭の改造。(着工前の写真です)今こんな状態。木製のオリジナルなフェンスは、グレーに塗装予定です。お庭を作ったら、部屋と庭を繋ぐステップやデッキはとても重要。濡れ縁を兼ねたステップを新たに新設しました。これも塗装します。お渡ししているイメージスケッチです。

      3
      テーマ:
    • 個人様邸 ゆる庭外構

      個人様邸の外構工事中です。とても素敵なお家なのです。敷地が広く。ヤギでも飼ってくれると雰囲気いいな笑 というお宅なのですが、ゆるーい感じの外構プランを描かせて頂きました。駐車スペースはコンクリートは打たない。砂利(赤砕石)仕上げ。こういう家は、コンクリートだと面白味がない。砂利と雑木と下草と今後の程よい雑草が似合う外構です。門柱は、木製のオリジナル。レッドシダー材をエイジング加工して、僕が塗装中。アンティークレンガのアプローチです。梅雨に入り、なかなか工事が進まず、、、施主さまをお待たせしっぱなしですが、とりあえず イメージ通り進んでおります。

      テーマ:
  • 24May
    • 五月の庭で・・・庭で過ごすワークショップ

      花庭のある暮らしの愉しさをお伝えしたい。私家族が住み過ごす多年草ガーデンと仕事場のアトリエ。そこで、企画した「庭で過ごすワークショップ」のご案内です。おかげ様で、満席の回が多いのですが、、、、29日火曜の 蜜ろうクリーム作りの13:00~の回にまだ残席がございます。講師は、三重県民の森で活躍中の森林セラピスト桝田知穂さん。蜜ろうクリームは私も普段使用していますが、虫刺されに非常によく効くんです。さすが、みつばちパワーです。それを今回、ご自分で手作りできます。5月(MAY)は、いろんな多年草が咲き始めるいい季節。弊社の社名の由来・・・のMAY!です。これを機に、お花のある庭を見て頂き、ご自分の家にも、お花を植えたくなってくれたら嬉しい限り。季節ごとに咲く多年草中心のガーデンです。その他、講座もキャンセルなど出ましたら、またお知らせさせて頂きます。詳しくはこちらにも。企画運営担当:柵山咲子https://ameblo.jp/niwacoya/entry-12364857199.html

      3
      テーマ:
  • 22May
    • ガーデニング講座

      今年から、名古屋と菰野でガーデニングの連続講座を受け持つことになりました。名古屋は星が丘での取り組み。商業施設星が丘テラスさん・養蜂家のハニーファームさんとの共同プロジェクトです。ガーデニング実習をしながら、街並みの花壇を綺麗に維持し、みつばちのための密源植物を増やすというプロジェクト。コースによっては、養蜂体験もできます。こちらは、20名の定員に達し、キャンセル待ちの状態になりました。菰野では、前回もご紹介したように、町の教育委員会主催のもの。こちらも定員を少しオーバーした、32名の参加者さま。今まで、講師のようなことは、、、得意でないし、お話があっても、スタッフや仲間のガーデナーにやって頂き、私は企画や運営をする という立場でしたが、両方オーガニックガーデニングという特殊な内容であることもあるのですが、同業者として、参考にしているガーデナーのKさんから、「自分でやりなさい」的なアドバイスを頂いたこともあり、やらせて頂いております。現在なんとか無事、両講座進んでおります!比較的ガーデニング初心者のしかも一般の方対象ということで、とてもやりがいがあります。なにより、これだけの人がガーデニングを学んで楽しみたい という思いでいること自体が嬉しい限り。正直、お申込みがこれだけあり 意外で、嬉しいびっくりです。ガーデニングはホントに楽しいし、その私の思う楽しさをそのまま伝えれば、いいかなと思ってます。伝えられる場があり、それを聞いて頂ける方がいる という とても恵まれた状況を大事にしたいです!が、あまりマニアックにならないように、、、気を付けないと(笑)。

      2
      テーマ:
  • 21May
    • 庭仕事状況

      瀬戸で庭園の工事をしています。葬祭場の新築現場です。今週中頃には、終了予定。そしたら、ちょっとお待ち頂いている個人様のお宅の工事に取り掛かりたいと思っております!こんな和風のお庭作りもやってます。

      1
      テーマ:
  • 01May
    • 森のピクニックガーデン2018 ノリタケの森

      5月3日・4日名古屋市のノリタケの森で「森のピクニックガーデン2018」というイベントがあります。こちらのイベントを主催協力しております。このイベントは、緑多き未来の街を願い、ジャンルを超えた植物好き・自然好きのクリエイターが集まり、名古屋駅近隣の一等地を緑地にして市民に開放しているノリタケの森という民間施設の敷地で作品を展示するというものです。従来のガーデンイベントとはスタイルの異なる「草の根ガーデンフェス」 と表現しています。日頃の業務で使用するトラックの荷台を庭にしてしまったトラックガーデンで乗り込む造園屋さんや自然の中での屋外ライブ、緑の中でのアート作品インスタレーション、赤レンガ倉庫への花飾り・・・など、それぞれのスタンスで植物への関りを表現します。マルシェも開催しますよ。日本リビングコーディネート協会主催による紅茶のマルシェです。飲食からワークショップまで盛りだくさん。是非お越し下さい。植物の楽しさを広めるイベントです。来場して頂ける皆様のいいね というお声が励みです。弊社は、トラックガーデンを出動し、屋外ライブのガーデンステージを作ります。ピクニック風ガーデンにする予定です。

      3
      テーマ:
  • 13Apr
    • ガーデニング講座のお知らせ

      私の菰野町内でのガーデニング講座のお知らせです。単発講座と年間講座の2つ!です。一つ目は、急なのですが、4月15日(日) 14時~15時 場所;菰野千種の弊社のアトリエです。「こもガク塾」という菰野町の町おこしイベントの参加企画として。「町を知るため、まずは人を知る」 ということで、様々な町民が塾長となり、ミニ塾を開催するという趣旨です。簡単な寄せ植えを作る中で、ガーデニングや植物の基礎知識をお伝えします。未経験者大歓迎です。ただ今2組 お子様連れでのお申込みがあり、あと2~3組受付可能です。ガーデニングのきかっけ作りやお庭の悩み相談がてら是非ご参加いかがでしょうか。2つ目は、菰野町公民館教室での年間講座。町の教育委員会主催のものです。月に1回、第3木曜日の午前中です。合計10回。初回は5月17日木曜 になります。まだまだ開催日の3日前まで、受付可能です。昨年までは、樹木医の鈴木先生が受け持っていた園芸講座ですが、今年から私が受け持つことに。園芸愛好家というより、未経験者や初心者を対象にした講座にしていけたらと思っています。自分の住まいで、花や緑を飾りたいし、ハーブを栽培してみたいけど、何からすればいいのか・・・。そんな段階の方に是非来て頂けたらと思ってます。年間2000円というお得な設定。10回もあるのですが、その内2~3回は、寄せ植えなどを制作したいと思います。(その場合だけ材料費別途)他は、植物の知識や庭作りのノウハウなど資料を作成し、それをお配りしながらの座学という形式になると思います。可能であれば、近所の庭巡りや園芸店見学といった企画も実施したいですが・・・それは、教育委員会さんとご相談です。植物を通じワイワイおしゃべりしながら、ご年輩の方がいらしたら、逆にいろんなことを教えて頂くような笑 まずは、そんな楽しいコミュニティー作りをしたいと思います。長い目で菰野町の町民のガーデニング文化活性のきっかけ作りを目指しています! 是非是非ご参加下さいませ。お申込みは、下記チラシ記載の菰野町役場の教育課へお願いします。弊社へご連絡頂いても構いません。

      3
      2
      テーマ:
  • 11Apr
    • ウェディングフォトスポット作り

      浜松の式場で、フォトスポットを作ってきました。無機質なタイル空間を「ラスティック」というテーマで。結婚式場のお仕事は、ランドスケープからリニューアルからこうした装飾から、もう20年以上手掛けています。数年前からナチュラルを望む声が多く、緑多き結婚式が人気で主流です。ウェディングは、世の中のあらゆるトレンドの集約となりつつあります。競争も激しく、その分演出もかなり洗練されてきています。流行り廃りも早く、経営側としては、その対応が大変なようですが。一生に一度の結婚式。今は、お二人の人生観を反映するようなオリジナリティのある式が望まれていますね。

      2
      テーマ:
  • 03Apr
    • 外構工事やってます

      犬山で個人様邸の外構工事中。シンプルーなデザインです。茶色い土の部分は芝です。目土を入れているので、今は茶色ですが、10日もすれば緑になるでしょう。玄関前に芝が広がる感じです。スリット広めのコンクリート舗装。ご予算の中で、アメリカンな感じという要望を反映させてます。当初予定のヤシはあきらめ・・・代替えとして、ドラセナと簡易に呼んでますが、ニオイシュロランというツンツン葉っぱの植栽を植えました。南の眺望の良い庭には、ウッドデッキも作りました。間もなく完成.

      4
      テーマ:
  • 21Mar
    • 壁面グリーン装飾

      スタッフイチローくんと金沢日帰り施工。2人で設置1日は超ハードすぎました・・・。6時起き、21時まで作業・・・午前1時半帰宅。やっぱり3~4人で行けば良かった・・。それでも、いいものできました!造園屋なのに、またまたフェイクによる壁面の演出ですが・・笑「お疲れさん!!」とさすがに、二人で刺身を食べて帰りました。 以前気に入って頂けた施主様の他の店舗です。最後に記念写真。

      7
      テーマ:
  • 28Feb
    • 今時の植栽

      名古屋市の商業施設でのバージョンアップ工事。今週中の工期です。建物内装工事等含め東京からアートディレクターさんが入っていて、打ち合わせしながら。トレンド的な植栽構成を ということで(東京ではやり尽くした構成ではあるものの)。ブルーシルバー系で葉っぱが小さい系。具体的には、樹木ならオリーブ・ブラシの木・フェイジョア・アカシア類・ユーカリ・ココスヤシなどなど。下草系はプリペット・ローズマリー・ウェストリンギア・アガベなどなど。乾いた温暖な気候という感じ。大雪降ったらアウトな植栽です。商用のガーデンは、個人のお宅の庭作りとは別物で・・・。造園した時にはもうある程度の完成形を見せないといけないのです。結構大きいものをボンボン入れ込みます。これはこれで楽しい仕事です。個人のお宅でやると・・・すべてがでかくなりすぎ・・雪も降ったらバキバキで、オススメはしませんね。

      7
      テーマ:
  • 27Feb
    • 壁面グリーン装飾

      名古屋市内の店舗の壁面。右の壁面いっぱいに緑。フェイクのグリーン。ですが、質感にこだわり、生の植物であるかのように制作します。そのようなこだわりで、造花 と割り切った作品より、断然 全体の印象は変わるのです。商用のガーデン工事をしていると、最近は造花の併用がよくみられます。下の方は生木で、上の管理の届かない場所はフェイクというように。*外部でのフェイクは使用できません。すぐ劣化しますので。弊社の作品事例をみて、たまにフェイクだけの依頼も来ます。今回のように。造園屋ですが、いつの間にか、雰囲気のいいフェイクグリーンの演出も得意分野になってしまったので、ご依頼あれば、喜んで対応致します。

      1
      テーマ:
  • 24Jan
    • 愛知県低炭素フォーラムにて表彰

      新年初の投稿でしょうか。年末にインフルエンザにかかり・・・テレビの無い隔離部屋で・・・そんな年末年始からの新年。今年は、正月の休みの設定が曜日の関係で長くなり、インフルの体のダメージも大きくなんかピリッとしないスロースタートな感じです。というわけで、昨年末のお話なのですが、夏前に名古屋の名東区の東貴船幼稚園で、私が持ち込み企画として実施した ちょっと変わった緑のカーテン作り「つる草競争よーいドン」という取り組みが、愛知県から表彰を受けました。 どんな取り組みかというと、本来、木陰を作るための緑のカーテンなのですが、その育成を子供達自らが楽しくできるように、ゲーム感覚で学習効果も含めたものにしたのです。4種の異なるつる性植物を植え込み、3m上のゴールラインまでどれが一番に到達するか競争するという企画。応援する植物でチームになり、日々水やりなどのお世話をするというもの。植え込み当日も盛り上がり、「応援するぞ、おう!」というなんとも不思議なガーデニングとなりました。ゴーヤとアサガオとフウセンカズラとホップの4種。どれが一番だと思いますか? と以外と大人も知りたいし楽しめてしまうものとなりました。1位はゴーヤ。でも僅差で2位アサガオ、またその僅差で3位フウセンカズラで、ホップがかなり遅れてゴール。このホップの遅れ具合がイイ存在で、名前もホップ と子供達も覚えやすい。かけっこはゴーヤが一番でしたが、そのうちアサガオは綺麗な花を咲かせ、フウセンカズラはかわいらしい風船のような実をつけ、ゴーヤも実がなり・・・成長の早さだけでなく、それぞれの良さがある という、そんな個性のお話も、子供達に伝わったのかなと感じています。今回はの表彰は、幼稚園さんなのです。ただ、園長さんの計らいで企画者の私もステージにあげて頂き、大村知事から一緒に表彰を受けさせて頂きました。温暖化防止にとっては、小さな取り組みですが、この企画は是非、植物を通した環境学習に昇華させ、他の保育園・幼稚園でも実施したいななんて思ってます。

      4
      テーマ:
  • 23Dec
    • ビジネスと社会活動と

      写真は、みつばちのイベント「ハニーガーデンレディオ」という名古屋栄のナディアパークでのイベント。世界的減少傾向にあるミツバチ保護をテーマに、ライブやトークやワークショップを行うイベントで、年に2回開催、今回で6回目のイベントなのです。メンバーは、船橋康貴(養蜂家・環境活動家)・内藤聡(ラジオパーソナリティ)・Asumi(シンガーソングライター)と私柵山(ガーデンデザイナー)とナディアパークのイベントプロデューサー入山逸夫 で運営されています。*第1回~4回までは、近藤かおり(公園運営管理士)も参加。要は、このイベントは入場無料で、運営も手弁当で実施なのです。それぞれジャンルの異なる者で何かを作りあげる行為は、とても刺激的です。私は、ミュージシャンのステージを植物で演出するようなコラボを楽しんでいます。私にとっては、植物を素敵に魅せ音楽に載せて伝えてくれる存在、一方ミュージシャンとしては、歌の世界観やメッセージをより伝えるための存在。それぞれ、メリットを感じるいい関係を保っています。 この制作を通じ、純粋に作ることを楽しみ、自分の作風や技術のデモンストレーションという要素も含みながら参加しています。今回は、秋枯れした草原を作りました。セイタカアワダチソウを取り入れた雑草空間作りなんてビジネスシーンではあり得ない笑。けど、このその辺にある草むらを多くの方が素晴らしいと言ってくれました。かつての私は、プロとして無償で何かを提供することに対し、否定的で、社会や環境的な取り組みなども仕事を通じて行うべきだというスタイルでありました。しかし、ちょうど2年ほど前からビジネスとは切り離した活動を積極的にするようになったのです。40代半ばという年齢もあり、そろそろ自分の積み上げてきた思いを発信してみようと思ったのです。どうにも言い訳のできない50才という年齢の自分の姿をイメージしてみたのですが・・・全くイメージができなかったので・・笑、50までの6年間、アウトプットを思い切りして、チャレンジをして積み上げようと思い立ったのでした。 お仕事ということでぼやけがちな、そもそも自分は、植物を通じて、人に感動を与えることができるのか、ということを予算というものが無い世界で、確認作業もしています。ビジネスがそのまま社会への貢献へ繋がる・・という理想を形にするのは、難しい・・・。社会への貢献であれば、ボランティアや寄付といったスタイルがもっとも効果的 という思いから、二つやろう!!と決めたのです。両方植物を世に広めることをテーマにしていますが、利益を出すことを考慮するスタイルと利益を目的としないというものの二つです。今この二つのスタイルが非常に良い関係になってきてます。が、若干寝不足気味笑  バランスが重要ですね。

      5
      テーマ:
  • 13Dec
    • 桑名での住宅の外回りお庭作り

      桑名での新築の施主様の外構お庭作り終了しました!今回は、建築設計士さんのご紹介でした。今回のデザインポイントは下記の通り。①駐車場はコンクリートを打たないラフな仕上げ。②季節の草花がさりげなく咲く裏庭的な世界。③肩の力の抜けたシンプルで飾らない雰囲気。恐らく、建築家さんも弊社の作風と施主様の好みが合うだろう・・ということでのマッチングをして頂いたのだと思いますが、1回目のご提案から施主様に大変気に入って頂き、スムーズに楽しく仕事をすることができました。提案資料のいくつかがこちら。下見した段階がこちら。Before 着工前です.細いうなぎの寝床的庭スペースが印象的でした。隣地の木塀・古いコンクリートの擁壁・外部を意識した縁側的なお部屋。「土感が漂い、ほったらかしのようで、ちゃんと大事にされている勝手に生えてきた草花のある裏道」的な・・、そんなイメージが沸いてきました。After駐車場はコンクリートは打ちません。茶色の砕石敷き。で、口元に芝を張り、ラフに採石上を芝が伸びてゆくという将来像。土のように見える茶色の砕石を庭のずっと奥まで敷き詰めました。スペースが無く、あまり立木が入れられませんでしたが、ススキ・キキョウ・オミナエシ・フジバカマなど秋の七草を中心に丈夫な多年草類で構成。冬前ですので、現在の姿は寂しいですが、来春が楽しみです。時間差サプライズでスイセンなどの球根も内緒で仕込んであります!!あと、玄関アプローチの敷石は、解体した旧家の門柱で積んで使用していた大谷石を解体時に引き取り再利用。思い出を新しい家にも取り入れることができ大変喜んで頂けました。

      テーマ:
  • 30Nov
    • 海沿いのガーデン 秋の景色

      名古屋市港区潮見町にあるワイルドフラワーガーデン「ブルーボネット」というガーデン。秋の景色です。僕の好きな角度。水面とグラス系の感じがいい!今年で16年目のガーデン。オープンからずっと、管理をさせて頂いてます。常駐しているガーデナーはうちのメンバー。オープン以来16年通い続けているスタッフもいます。僕は、年間の草花の管理監修などを16年やらせて頂いてます。埋立地で土壌も悪く、海風が凄まじく・・・厳しい環境ですが、ナチュラルな多年草中心のガーデンとして見どころも出てきました。まだまだ園芸品種の一年草をドバーっとスケール感で魅せる施設が多いですが、当ガーデンは派手さはないものの、この自然な雰囲気がカメラマンには人気のようです。秋の見ごろは終わり、次の見ごろは4月かな。球根類がたくさん咲きます。是非お越しください。

      2
      テーマ:
  • 23Nov
    • 屋上和風庭園

      今週前半は、名古屋千種区のセレモニーホール。4階の屋上というかバルコニー部分の庭園作りでした。和風庭園です。和風といってもやはり植栽があってこそ雰囲気が良くなります。が、コンクリート面の上での庭作りなので、しかも極力維持管理を無くしたいという要望もあり、石庭に近いデザインとなっております。それでも緑は欲しいので、部分的に石組で土を盛り、低めの植栽をしました。屋上は荷重制限がありますし、雨水がつまらないように排水口までの水はけや、強風も想定したり、何かと注意が必要なのです。あまり凝ったことはできませんが、シンプルな和風庭園として、これくらいの表現は可能です。そして何より、作業がかなり面倒・・・。室内を養生して通り、EVを使っての荷上げ。職人さん頑張って頂きました。

      3
      テーマ:
  • 20Nov
    • ガゼボのある庭完成

      一宮にてガゼボのある庭完成しました。何もない土地でしたが、このように。Before&Afterです。多年草をたくさん植えました。球根もたくさん仕込みました。来春5月くらいに写真を撮りにいきたいです。お客さまも大変喜んで頂きよかったです。楽しい現場でした。BeforeAfter

      2
      テーマ:
    • 千種区のお庭改造完了しました

      千種区での個人様宅のお庭の改造工事終了。Before &  After です。Before                                    After ウッドデッキを作りました。Before 何か雑然とした空間。過ごす場所にはなってません。After 既設の舗装材を撤去し、花壇はレンガでしっかり見切りを入れ、床面全体にビンテージレンガを敷きました。平板も取り入れ、小道風な使い方も。植栽は、多年草中心。2段式のウッドデッキ。材質はイタウバ。ダークブラウンに塗装しました。備え付けのベンチ付きです。立体的でかっこいい。左側のベンチは移動します。上の段で奥行1.5mのデッキ。狭いですが、ベンチを付けることで、無駄なく利用でき、落下防止にもなる。コンパクトで、これくらいのウッドデッキが僕は好きです。部屋からお庭に出る際は、ウッドデッキがあると便利で出易くなる。靴下のまま、ふらりと外の空気が吸えるよい場所ができました。お客様も喜んで頂き何より。

      テーマ:
  • 18Nov
    • みつばちイベント大成功でした

      11月11日 星が丘テラスで実施されたみつばちイベント。無事楽しく終えることができました。まずは、出店して頂いた方、ご参加頂いた方、ボランティアで運営に協力頂いた方、場所を提供してくださった星が丘テラス様にお礼を申し上げます。さて、今回弊社では、全体の運営の協力をはじめ、お花の苗の販売・シンガーAsumiさんのライブステージの装飾などをさせて頂きました。イベント開催が最終目的でなく、みつばちをはじめとする自然に感謝をして過ごす風景作り・街作りを目的としています。言ってみれば、イベントの日は、街の産業界や住民へのデモンストレーションのようなもの。マルシェの他にみつばち保護に共感を抱くジャンルを超えた者が集まり風景作りを表現しています。まだまだこれからですが、販売ブースもヨーロッパの朝市のような売り場を目指し、ストリートの中に歌があり、アートがあり、花や緑で溢れる光景をイベントを通じて提案してゆきたいと考えています。なかなか人は理屈では動かない。やって見せることで、「これいいね」「またやってよ」という風に広がり、日常に定着していったら素敵な街になるのではないかと思います。ほとんどの方がまた参加したいと言って下さいました。また春・・・5月か6月予定ですが、実施予定ですし、歌やアートや花の販売や・・そういったものが、このイベントの期日以外に実施されてゆくことになればいいなと思います。*写真の何枚かは、参加された神原一実さんの写真を使用させて頂いてます。save the bees と印刷された黄色い風船がストリートいっぱいに。MCの内藤聡さんと中央が養蜂家で環境活動家の船橋さん、と私 柵山です。春から開始するコミュニティガーデン活動の話をさせて頂きました。トラックを乗り入れ、お花の販売もしました。隣の水色の軽トラは、アリスガーデンデザイン。荷台を庭にして、種リースのワークショップを行いました。大人気でした。養蜂経験のあるシンガーAsumiさんのライブ。大きなケヤキの下がステージで落ち葉を持ち込み、秋らしいステージ装飾を行いました。イベント開始前の船橋さんと内藤聡さん。こんな素敵な車でみつばち関連商品の販売。natural-be-natural&プリティヤヤさんのブースです。蜜ろうラップもバームもその他すべて手作り。アートで参加頂いたニシムラマホさんはライブペイントを。キャンバスがハニカム模様!ストリートでも似顔絵描きをしている小林広恵さんは、みつばち入りの似顔絵描きを実施。大人気でした。500円でその場で描いて頂けるのです。また春が楽しみです。

      テーマ:

プロフィール

saku

性別:
男性
自己紹介:
【プロフィール】 通勤路の見慣れた風景が、特別に綺麗に見える時がありませんか。 その時、どんな心境が...

続きを見る >

読者になる

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス