朗報!? 助成金書類の郵送提出ができるようになります。 | 人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

ほしい人が集まり、いい社員がやめない会社をつくり、人とお金を会社に残すお手伝いをする、愛知県江南市の社会保険労務士・行政書士です。
(地区)名古屋市・江南市・一宮市・小牧市・稲沢市・北名古屋市・岩倉市・岐阜市・各務原市


テーマ:

労働局管轄の雇用関係助成金。

書類の提出方法について、10月より取扱いを改善する旨の通知が、厚生労働省から入りました。

 

 

 

●厚生労働省公式サイト

「平成30年10月1日から「雇用関係助成金」関連書類の郵送受付を開始します。」

 

 

助成金の申請書類は、基本的には管轄する労働局(又はハローワーク)へ、直接出向いて提出しなければならないことが多いです。

 

遠隔地の場合は、まずは担当者に電話で相談。

担当者の裁量次第では郵送を受けてくれることもありますが、いっさい例外を認めないという県もあります。

かくいう私も、2人分の申請書提出のためだけに一地方都市のハローワークへ行ったことも…

 

今後はそうした不要な手間もなくなりそうで、ちょっとほっとしています。

 

もっとも、助成金の申請は、実際のところローカルルールが多いのが現実。

要件や提出書類は全国共通なのですが、書類の細かいチェックや指導内容、追加書類など、県によってさまざまで、窓口に行って直接対応してもらったほうが確実な面もあります。

 

近隣の県や初めての助成金については、

郵送ではなく、いままで通り窓口に行き、担当者に話を聞きながら提出することをおススメします。

 

******************************

「いい人を採用できる会社にしたい」

「社員がやめない会社にしたい」

そんな社長の参謀役です。
丹羽浩太郎経営労務事務所(愛知・江南市)

 

社労士 丹羽浩太郎さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス