給与計算ソフト+勤怠ソフト導入に、IT補助金が使えます | 人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

ほしい人が集まり、いい社員がやめない会社をつくり、人とお金を会社に残すお手伝いをする、愛知県江南市の社会保険労務士・行政書士です。
(地区)名古屋市・江南市・一宮市・小牧市・稲沢市・北名古屋市・岩倉市・岐阜市・各務原市


テーマ:

今日午後は、システム業者の方を顧問先の幹部2名に引き合せて、商談のセッティング。

IT補助金をからめた、給与計算ソフト・勤怠管理ソフト導入の提案・打合せです。

 

 

IT補助金とは、経産省管轄の補助金。(公募は6月4日まで)。

業務効率化・売上アップなどの目的で、指定業者経由でITツールを導入すると、費用の一部を国が補助してくれるというもの。

(詳しくは⇒ IT導入補助金公式サイト

 

 

会社によりますが、この中には、給与計算ソフト、勤怠管理(出社・退社)ソフトも含まれています。

  • 手作業で給与計算をやっている。
  • 給与明細も紙に手書きで記入
  • 毎日の勤怠管理(出社・退社)は紙のタイムカード
  • 1か月の勤務時間・残業の集計も手計算

こんな会社、まだ少なくないのではないでしょうか。

社員数が少ない会社なら手作業でもカバーできます。

でも社員が増えてきたり、給与体系や・勤務パターンが複雑だと、手作業では大変ですよね。

 

 

最近は、各社から給与計算ソフト・勤怠管理ソフトも多く出されています。

手作業をやめ、これらのシステムの力を借りることにする。

すると、次のような大きなメリットがあります。

  • 定型作業の手間が省ける。
  • 業務が効率化し、他の業務に集中する時間が増える。これだけでも「働き方改革」です
  • 人の目・人の手が介在することが減るためミスがなくなる 
    • (給与を間違えると社員に対する信用ガタ落ち)
  • 月単位の支給台帳の他、一人一人の台帳(賃金台帳)の作成もカンタン。
    • 賃金台帳は法律上作成必須
  • 勤務時間数の算出、残業代の計算や欠勤控除等の計算も、勤怠管理と給与計算のデータを連動すれば容易
  • クラウド型を使えば、どの場所からもアクセスでき、情報が一元化できる。 
    • (外回りの営業マンの時間管理、支店が複数ある、社長の自宅から見たい、などにも対応可)
  • 手書きの給与明細は、人によっては受け取る印象が悪い
    • (アパート借りる時に3か月分の給与明細を提示する必要があり、「市販の用紙に手書きの給与明細」を不動産屋に見せたら「本物か?」と言われた、という話も)

 

ただ、いままでの事務作業に慣れていると、なかなか変えるきっかけがないもの。

ましてやソフトを入れるとなると費用も心配です。

今回の顧問先の方もまさに、そのような状態でした。

 

そこで私は、最近接点のできた(株)マネーフォワードさんにコンタクト。

IT導入補助金の指定事業者でもあるマネーフォワードさんに、補助金が使えるクラウド型の給与計算ソフト・勤怠管理ソフトについて、直接提案をしてもらいました。

 

■(株)マネーフォワード:MFクラウド給与

 

 

実際の使い勝手や画面デモ、

見積もり、IT補助金をからめた導入の流れなど、説明を聞いて頂いて安心できた様子。

なにより気になったのは、いくらかかるのか?や費用対効果。

システム導入に際して、補助金を使えるというのは、背中を押す大きな要因となったようです。

 

最終決裁権は社長ですが、導入に向けて具体的な検討や決済に入ってもらうことになりました。

 

(なお、IT補助金の申請は、社労士ではなく、各システムベンダーが行います

 

 

給与計算・勤怠管理とも様々な会社がシステムを販売しています。

日ごろ相談されることが多いので、私も主要な会社とラインナップ・特徴などはざっとは把握しています。

でも個々の使用や使い勝手、できること・できないことやはり私には分からない。

直接、その会社の担当から話を聞いて質疑応答できれば、安心できますよね。

 

 

IT補助金自体は私はタッチしませんが、公募時期や要件など情報は常につかんでいます。

こうしたタイミングを見計らって、合いそうな業者の方の紹介や商談セッティング…。

顧問先の方には、私はこんなことも行っています。

 

顧問先の企業だと、日ごろの関与を通して、それぞれの会社のニーズや特性、目指す方向などが理解できるので、タイミングに応じて、有益な情報の提案をすることができます。

その中には、私の直接の業務につながる提案もあれば、私はできないけど他の会社使ってこんなことできるよ、という提案もあります。

 

今回のケースは後者。

でも私の売上には直結しないものの、労務管理の改善にはつながるのは間違いない。

いい形で前に進んでくれることを願っています。

 

 

******************************

「いい人を採用できる会社にしたい」

「社員がやめない会社にしたい」

そんな社長の参謀役です。
丹羽浩太郎経営労務事務所(愛知・江南市)

社労士 丹羽浩太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス