まずここをチェック!ハロワ求人票の反応をあげるポイントとは | 人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

ほしい人が集まり、いい社員がやめない会社をつくり、人とお金を会社に残すお手伝いをする、愛知県江南市の社会保険労務士・行政書士です。
(地区)名古屋市・江南市・一宮市・小牧市・稲沢市・北名古屋市・岩倉市・岐阜市・各務原市


テーマ:

今日は午後からの雨の中、大垣のハローワークへ。
私のセミナーにご参加の後、ブラッシュアップコンサルの依頼をいただいた、製造業のある会社の求人票の提出です。

労働条件少々と、全体に手を入れて、ガラッと変えた求人票を提出。
会社のこと、仕事内容のこと、経営者の考えなど、じっくりお話しを伺った内容を踏まえて、内容を盛り込んでいます。
さて、どう反応があるか、楽しみです。

 

 

ところで、求人票の反応率を上げるためには、まず

「わが社は人材募集してますよ!」とたくさんの人に知ってもらうこと。
そのためにはココをチェックしましょう、という話です。

 

 

今回の会社、今年初めにも求人票は出していたのですが、全く反応なかったそうです。
その求人票を最初に拝見したとき、「そうだろうな」とすぐ感じました。
なぜなら、情報量と発信量が少ないことが一目でわかったから。

求人票の情報量発信量
ほしい人を引きよせる求人票のポイントはこの2つだと思っています。
この2つが多いか少ないか、で反応率は変わってきます。

情報量は、セミナー等でも伝えていますが
会社のことや、仕事の内容、他の会社との違い、入社すると得られることなどを「相手目線」で書くこと。
ただ、ここは慣れないとむずかしいかもしれません。
自分の強みって、自分ではなかなか表現できないですしね。

なので、ここは後回しにしても、

すぐに手をつけたいのは、求人票の発信量。
つまり、どれだけ多くの見てもらえるようにするか、ということ。


求人票には、情報提供する範囲の区分が4つあります。

  1. 地方自治体、民間人材ビジネスの両方に提供する
  2. 地方自治体のみに求人情報を提供 (民間人材ビジネスに提供しない)
  3. 民間人材ビジネスのみに求人情報を提供する(地方自治体に提供しない)
  4. 地方自治体、民間人材ビジネスの両方に求人情報を提供しない

民間人材ビジネスとは、いわゆる職業紹介会社。
登録された求職者の働き口を探すうえで、自社ネットワークの他にハローワークの情報も活用してもらうということ。


一方、地方自治体とは、市町村や一部の公立学校。
あまりピンとこないかもしれませんが、

地方の市役所がUターン就職する人のために職業紹介している場合に、ハローワークの情報も活用してもらう、ということです。

⇒詳しくはこちら(ハローワークリーフレット)


多くの人の目につきやすいのは、当然「1」。

逆に、一番つきにくいのは「4」です。

 

今回の会社がこれまで出していた求人票は、なんと「4」でした。
つまり、ハローワーク利用者しか自社の求人情報を見せていないということ。
発信量を自ら絞ってしまっているのと同じ。
これはもったいないですね。

なので、さっそく「1」に変更しました。

 

ちなみに、求人票の会社控えの中央上部をみると、現在どの公開区分かがわかります。

 

※1.地方自治体、民間人材ビジネスの両方に提供

※2.地方自治体のみ可



さらに念をいれるには、

翌日~翌々日の「ハローワークインターネットサービス」をチェック。

ここで、自社の求人票を検索することをお勧めします。

ハローワークインターネットサービス

(求人票提出当日はアップされていないことあり)

 

通常は、会社名も含めて求人票の内容が表示されているはず。

でも、時々こうなっていることがあります。

  • 表示されない(ハローワークに求職登録した人でないと見れない)
  • 表示されるが、会社名が表示されていない

これも、情報の公開範囲の設定を絞った状態になっています。

すぐにハローワークに連絡して、全公開にしてもらいましょう。

ここで問題なく表示がされていればOK。

ハローワークや職業紹介に来ていない人の目にも、インターネット経由で自社の求人情報を見てもらうことができます。
また、indeedなどの求人専門検索エンジン経由でも表示されやすいので、情報発信の範囲はずっと広がりますね。


ほしい人を引きよせる求人票は、情報量と発信量がキモ
求人票の情報量に手をつけられなければ、まずは発信量です。
 

求人票出してるけど反応がないなー、と言う会社の方は、ここをチェックしてみてくださいね。

 

******************************

「いい人を採用できる会社にしたい」

「社員がやめない会社にしたい」

そんな社長の参謀役です。
丹羽浩太郎経営労務事務所(愛知・江南市)

社労士 丹羽浩太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス