face to faceは大事。そんな私がモニター越しの対話を選ぶとき | 人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

人が集まり社員がやめない会社にしたい社長のための社労士 丹羽浩太郎

ほしい人が集まり、いい社員がやめない会社をつくり、人とお金を会社に残すお手伝いをする、愛知県江南市の社会保険労務士・行政書士です。
(地区)名古屋市・江南市・一宮市・小牧市・稲沢市・北名古屋市・岩倉市・岐阜市・各務原市


テーマ:
今日午後イチは、顧問先の幹部社員の方お二人とskypeミーティングでした。
 
私は基本的に、面談やヒアリングは対面を重視するタイプです。
 
が、今回のお二人は常駐先と勤務が異なる方々。
相互に時間合わせて会うとすると かなり先になりそうでした…。
 
そんなとき、私は積極的にSkypeを活用して、遠隔でもミーティングできるようにしています。
 
お二人のうち一人は、このために今回スカイプ初登録した、とのこと。
でも意外とスムーズに参加されていましたよ。
 
スカイプでは、原則ビデオ通話※を使います。
ただ、なにぶんPCモニター越しなので、リアルな息づかいや表情が感じにくいデメリットはあります。
反面、時間や場所の制約受けずに打合せできるのは、とても便利ですね。
 
テレビ電話のように、音声ではなく相手の画像も見ながらの通話。
 
{7398D273-1B96-40B8-9C5B-86BB71180E1D}

 
アナログや対面でしか得られないことは確固としてある。
それは大事にしています。
だから、節目での打合せやじっくり意見を交わしたいときは、できるかぎり予定調整して会うよう心がけています。
 
ただ、それだけにこだわると機を逸するときもあります。
そんな時には、このようにリアル面談にこだわらず、モニター越しでもいいから、まず顔をあわせて対話できるといいですよね。
 
残念ながら私の周りの同業者には少ないのですが、私、積極的にITツールを活用している社労士です。
 
 
おためし相談(スポット相談)も、skypeの対応をしています。
遠くに住んでるんだけど…という方も、どうぞ一度問い合わせを。
Skype 初めての方でもちゃんとサポートしますよ。
 

**********************************

ちょっと聞いてみたい・何からやればいいかまず知りたい

・自分でやるので質問したい…

そんな方の、「おためし相談」はこちら
丹羽浩太郎経営労務事務所(愛知・江南市)

社労士 丹羽浩太郎さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。