順天堂大学陸上部同期会

テーマ:

恩師、片平俊夫先生の母校、順天堂大学陸上部同期会が、空の庭リゾートで行われました。元アスリートのカッコいい紳士の方々が、北海道から九州まで、遠くからこの福島にお集まりいただきました。熊本の方もいらっしゃったようで、場所の選定は福島や熊本を応援する。という思いも抱かれてのことのようでした。心より感謝申し上げます。最後の一人が集まるまで温泉にも入らず、ロビーのソファーで全員待たれ、絆の深さ、同期の素晴らしい友情を感じました。先輩方は、インカレで総合優勝したり、箱根駅伝の優勝チームでもあり、区間新記録保持者もいらっしゃって、他の競技の先輩方も、順大の強い時代の、トップレベルのアスリートだったようです。学生時代に何かに打ち込み、歓喜を味わったアスリートはいくつになっても、何か違います。
御礼のご挨拶で、全国からおいでいただいた感謝の気持ちと、片平先生に対する思いを少し述べさせていただくつもりが、思いが高じ、話が長くなってしまいした。すみません。。高校三年間、厳しくも愛情に満ちた、日本のトップアスリートを育てる片平先生のコーチングを受けれたことの幸せを感じています。早稲田ラグビー部という日本一のラグビーチームの門を叩き、ラグビー素人が入部を許され、幾多の退部の危機を乗り越えて4年間続けてこれたのも、人間的に優れた名コーチに巡り会えたお陰と感謝しています。冷静に考えれば、有り得ないことも、若さのなせる業、高校の時の陸上部同期、塚原や加藤が、インターハイで優勝や準優勝などしていましたから、身近に日本一がいたことも心強かったと思います。いずれにしても片平先生が原点で、高校を卒業して何年経っても、このような子弟関係が続くことの幸せを感じています。ありがとうございます!

純粋な若者は指導者の影響を強く受けます。指導者には、勝つ為の、道筋を示してくれる指導力と共に、その指導の中から滲み出る愛情や人間性が、子供たちのその後の人生に大きな影響を与えます。誰が見てなくても全力を出し切ること、何事にも一生懸命立ち向かうことの大切さ、チームワーク、人を思いやることの大切さなど、人間教育としての大事な使命があるように思います。
順天堂大学陸上部の絆が今宵、より深まることを願っております。