自分をゆびさしたよ!

テーマ:

ああ、ブログはお久しぶりですが

日記もつける余裕がなく

少しでも記録の足しにとかいてみました


お話のちょっとおそめなもんちゃん

ぱぱ、ままなど繰り返していうことはします。

最近はみんなで指差しをおしえています。


今日はじいじ、ばあばを教えてきましたが、

ばあばがもんちゃんはどこ?

ときいたら

ここラブラブ

と、じぶんの口を指差したのです。


もんちゃんをゆびさすということは教えていなかったので

けっこうびっくり。

ああ、少しずつ大きくなってる、

というか、私がいつまでも赤ちゃんとおもっているのですね。


のんびりしすぎねえ。


まま教育もちっとがんばんないとね。

AD

今巷で大流行

・・・といってもインフルエンザ。


我が家は感染症流行先取りのようで。


りんちゃんの保育園、まだいなかったはずなのに

保育園の帰りに


「きもちわるい・・・」


といいだして、

たまたまもんちゃんの鼻かぜで

病院に向かっていたところだったので

一緒にみてもらいましたがそのときは熱はなかったんですよ。


先生が、

熱が出たらインフルエンザかもしれないからまたきて

というもので

念のために次の朝も計ったら

38度を超えていました。


実はこの日は午前は仕事、

午後は後輩君の結婚式に御呼ばれしていたもので

もともと実家に行く予定。

ピアノ教室にも連れて行ってもらうはずでしたが

先に病院にお願いしました。


実家って本当にありがたいね。


式場で待っているときに電話が来て

インフルエンザだったと聞いたときは

どこでもらったかな?

と思っていましたが・・


いただいた薬は

もちろんタミフルです。


48時間以内に服用すれば劇的に効くというあれ。

テレビに出てきてますね。


出ると思っていました。


夕方、うちからまだ来れないのか?

と電話が。

なんかおかしいんだ、ぐずっているんだ

と父もあやしんでいる。

そりゃ熱があってかぜひいてるんだもの。

と思っていましたが。


その夜、

深夜にりんちゃん泣きだした!!

「コワイ~!!!!!!」ショック!


何かと思えばお化けがいる!オバケと震えて泣いているのです。

目を閉じてといってもパッチリあいたまま閉じない!!


やっとねた・・・と思っても

これが数回ありました。


ねぶそくですよう。


これがうわさのタミフルの幻覚か・・

なんて笑い話になると思っていましたが、

これが実に5日間つづいたんです。


マジで寝不足になりました。






AD

またまた愚痴です。

ここで出させてもらわないと

もうどうにかなりそう・・・・


今日もんちゃんをお迎えに行ったときのこと


その先生は割りにはっきり

「(こうしてくれないと)こまります」

みたいなのをいうタイプなんでちょっと苦手ではあったのですが


たまたま

ご飯食べてますか?

ときいただけだったんですが


ずっと気にしていたんでしょう、

ハハオヤである私への

「こうしてください」

が吹き出したようです。


おやつのお茶が飲めない

ストローをうまく使えない(ストロー飲めますが飲みたくないとその飲み物は飲まないタイプ)

食事に対してどう考えているのか

連絡ノートがきちっとかけていない(メニューを詳しく書いていない)

服装でしたぎを着せ忘れていたことがある(覚えていないんですが)

朝、車で食事を取らせてくる、その上顔を拭いていない

夜寝る時間が遅い

・・・・などなど


本当にまあみみがいたいことではあります。


確かにできていない悪い母の私。

小さいときから忘れ物が多くて

寝坊で遅刻魔の私。

それでも朝食を作るべくがんばっておきてきた。


りんちゃんはねぼすけですけどね。


もうとにかく

お母さんの努力が足らない

ほかのお母さんはそれをやっている

と、いうわけです。


私の能力としては

それは出来る努力なんでしょうが

今のところまだいっぱいいっぱいなんですよ

あさ時間までに出勤するので精一杯。


それだって本当に朝5分はやく出るのも

がんばってきたのですけど、

そんなことは

あたりまえなんでしょう。

もう、なにがたいへんなんですか?

それじゃこうしたらいいじゃないですか?

ときめてくれるんですけど。


ロケット私はアドバイスしてるだけです

お母さんは壁を作ってますガーン

というんですけど、

私はそのアドバイス、

求めたことはありません。


なんとこのやり取り

1時間もこうそくされたんです。

もんちゃん抱っこのまま・・・

もう今は筋肉痛です。


もう、せつなくて

涙が出てしまいました。

この人は受け入れることを一切しないので

共感されずに否定されたんですから。

でもそれも

悪く言っていない、

マイナスにとるのはお母さんの方です

といいきる。

あるいみこの人は幸せな人です。


ほんとうにせつなかったです。

もうやめてください

といってしまいました。


それでもまだいいたそうでしたが。


そんな出来の悪いお母さんがいること

先生は受け入れてくれないのかしら。


ほんとうにつらい。


りんちゃんがそつぎょうしたら保育園を変えようと思っていたけれど

もう変えたい気持ちです。


だめかあちゃんだってこと

自分がよくわかっています。

ほかの人を引き合いに出されても困るし

ひとつずつ小出しでこうしてください

といわれるならクッションもあったでしょうが、

こういっぺんにいわれると

努力しない人間全否定

って感じなのです。


もう少し人を変えようとするなら

言い方も学んでほしかった。

すべての先生がこうとは言いませんが

私の仕事ではこの言い方はありえない。

(心理学を学んできているので)

接遇と言われるこの時代、

ダメ母に対しても

もっとやさしくしてほしかったなあ


はあ、落ち込み。







AD

おひさしぶりなのです

テーマ:

本当にしばらくぶりで記事を書いています。

たいへんでした。


仕事もさることながら


私が流行先取り

ノロウイルスドクロ

にかかってみたり・・・


ノロについてはまた別の記事にいつかまとめたいと思います。


遅ればせながら

今年も

またよろしくお願いいたします。


歩いた!!

テーマ:


かなりお久しぶりです


毎日もんちゃんの風邪と闘う毎日です。


みなさまはいかがですか?



仕事を休めない私の代わりに

心配してもんちゃんを預かってくれたのが

私の実家の両親です。


私より先になんか見たらしいんですけど、

気にしません。


祝日クラッカーもんちゃんがあし歩き始めました!!


やっとですー

まだ歩かないかなあと思っていましたが

1・2歩足を前に出してました。


あらすごい。

でも家ではめったにやってくれませんけど。

さすが姉妹だけあってか

おんなじ1歳3ヶ月です。


なので保育園に預けているのとは別に

靴を買いたいんですが、

なかなか売っていないのね。

っていうか、高いですしょぼん


預けているのだって

6千円くらいするんだもの。

私の靴が数個買えます・・・

何個も買うなんてできません


サイズがないのがまた一苦労。


もんちゃん11センチ。

このサイズはほとんど屋内履きばかり。

シューズメーカーのものは

ほとんどが13センチから。


いつも売場でうろうろしています。

買おうかな、どうしようかな。


靴だけは自分でみて買いたいんです。

でもよさんがねえ。


靴を履かせて外出したいなあ。


いい出会いがありますように。














うちの近くの病児保育の現実

テーマ:

今回もんちゃんのお熱で考え始めた病児保育ですが

数年前、りんちゃんが痙攣をやったり

風邪をひきどおしだたっとき

調べました。


本当に予約までしましたが

開始時間が遅かったので

ぱぱにお願いしたのに

めんどくさいと断られ

キャンセルしました。


今回もんちゃんもお願いしようと考えていたところ

かかったところが病児保育しているところだったので

ちょっときいてみたんですけど、


ここは病後回復期の子供を預かるところ

というものらしく、

熱があると預かってもらえないんだそうで

定員も4名ほどなので断られることもあるようです。


しかも前に書きましたが

開始時間は普通の就業時間みたいに

8時半からという設定です。

これじゃ、預けてから職場に行って・・・という風に

がんばってもできません。

うちも8時半すたーとだもの。

しかも2つあるうちの

片方は駅前でいつも渋滞、

もうひとつはかなり片田舎の町のほうで

とにかく距離があります。

遅刻前提?ですか?



・・・・だから預けるメリットはどこ?

と思わずにいられませんよ。


働くママの為の施設のはずなのに

そういうのはユメ?

お菓子の家みたいな?


ひどいハハオヤですけど、

お熱があっても

働かなくてはいけないのが現実。

休めるなら有給消化したいものです。

天秤にはかけられませんよ。


やめたい気持ちもたくさん。

ぱぱさえいいよっていってくれたら。

子供が熱で呼び出されましたなんて

職場を休むことがどんなに規則で守られていることだったとしても

雰囲気というものがあります。

私がどんな気分で働いているかなんて

わからないんでしょう。


あさ、テレビで鬱のことをやってましたが

あの病気になるのも時間の問題ってくらい

ほんとうにしんどい。

でも家族にさえ理解がないなんて

どうしようもないですね。


こういうところから

制度が変わらないものでしょうか。



おねつキター!!!!

テーマ:

ここ3週間ほど続いている

もんちゃんの熱。


少しよくなったかと思うと

また呼び出し。


職場でも肩身が狭い私です。


こんなに女性が多いのに

どうしてこんなに理解がないというか・・・

休みにくいのかしら!?



・・・・がっかりです。


日本の人口減りますよ。

こんなんじゃ、本当に。


というわけで平謝りで

もんちゃんを迎えにいき

病院へ行ってきたのでした。


そしたら

38,3度で呼び出された私ですが、

病院で測ったら

37,6度

・・・・・これ微熱の範疇じゃありませんか?

まってよー これじゃ休んだ意味ないじゃないの?

帰りに病院行こうと思っていたのに・・・


なのでいつも仕事でいけない

ちがう病院へ行ってきました。


ここの先生子供のことをきちんと考えていてくれているようですが、

お母さんが働いてるの

そして仕事をしながら子供を持つことが

どんなに大変か

よくわかっていないようです。

うーんお母さんの立場には来てくれないみたい。


数日休んでうちで面倒見たほうがいいって

いわれましたが、

あまり現実的ではありません。

病時保育もよく聞くと条件があるようだし、

朝8時30分開始じゃ、私の仕事の時間とかぶっていて

ちこくしちゃう。


保育園はもっと早く始まってくれないとなあ・・・


もんちゃんはといえば、

ママがいてうれしいようで

ニコニコでお昼もぺろりでした。


どこが機嫌が悪くて具合が悪いのかしら?

って感じです。


先生~ちゃんと見てくださいよう

働くお母さんのための保育園じゃないの?


よろしくおねがいします!!

明日どうするか悩まなくっちゃ・・・






もうやめたいです・・・

テーマ:

復職して異動になって2週目ですが、

もうしんどくなってきました。


こんしゅうももんちゃんはお熱が出て

実家の両親が面倒を見てもらえたんですが、

なんと

42度メラメラでていたそうです


半日で帰りたいので

上司に申し出てみましたが

なんだかすっきりしない返事。


どうも帰りにくいので

両親にお任せしました。


こんな職場ってあるのかしら。


本来の(部門上の)上司に相談しまして

上層部を通さないと応援体制を作れないとのこと。

その旨伝えてみましたが、


なんと

「自分は困っていないから」

と上層部への希望は自分自身で出しなさいと

いわれました。



しかもこの移動、

いつまでここでがんばればいいのか

期限は決まっていないんだそうで。


もうやめたい度急上昇中。アップ


しかし収入がなくなるのも困るしなあ、

たくわえはほんのちょっとだし。


気持ちよく私を解放してください!!

もうやめさせて!!!!



おねつです

テーマ:

やられました・・・


久々にお熱です。

きのうも病院へ行ってお薬もらったばかりなんですが。


朝計った時点で39度になってしまいました・・・


本当ならばお仕事を休んでうちでお世話するところなんですが、


いかんせん今週から新しい職場にデビューしたばかり。

しかも私は歓迎会をすっぽかしたおばか職員ですから。


そして水曜はもんちゃんの検査のため

お休みしたばかり。


とても休めません。


しかも休むと 代わりをしてくれる人がいない

少人数職場です。


迷惑はかけられないもんねえ。

パパに言ったら


やめたいって言うんでしょ?


っていわれたけど。

こういうときは「たいへんだね」って言われれば気が済むもんなのになあ。


で、久々に私の実家を頼って預けてみました。


泣いたりおなかがゆるかったりで大変だったようですが、


赤ちゃんに慕われるのってやっぱり本能に入ってるんでしょうね。

喜んでいたようです。


お迎えはがんばって早く行ったつもりですが、

お熱は変わらずの様子。


お薬を飲んで帰ってきました。


明日も仕事だって言ったら

明日も預かってくれるんだって。


本当にありがたいことです。










完治したそうです!

テーマ:

にひひ今日は半年に一度の検査の日でした。


もんちゃんは産まれたときに

心室中隔欠損症とかいう診断名がついていたんです。


心臓に本当に小さな穴が開いていて経過を見ていきましょうという状態。



今日は最後の検査となりました。


眠る薬を飲んでしばらく寝なくて予約の時間を大幅に過ぎ

検査科の人にいやみを言われながら

散々待たされて

検査をしてもらったのですが、


先生が

あ、ふさがってますね、

という言葉を聴いて怒りも吹っ飛んだ感じです。


でもよく考えたら

検査科の人たちは

医療人としてサービス業としての言葉使いを

忘れた態度だったということをかなり感じたので

いつかコメントしたいと思います。


で、もうこの病気のことは

忘れていいですよ

とのお言葉を頂き

晴れて健康体のお墨付きとなったもんちゃんでした。


祝日母としてはうれしいことこの上ありません。祝日


もんちゃんよくがんばったね。

これからも元気でやっていこうね。


ただもう2週間ほど引いている風邪が

なかなかよくなりません・・・

今もちょっと微熱なのがきになりますが・・・


うーんがんばれがんばれ

来週は運動会です。


もんちゃんのクラスは

ありさんになってケーキのトンネルをくぐるらしいのです。

たのしみです。