あしたは

ママ友と子どもたちが

ハッピーセットもって

公園に集合なんだって。






出方をみようと思った

探りLINEに





「はーい」




しか返さない

元夫・Kくん






毎週土曜日は

むすめとあそぶ日で






「わたし不在で

初見の

ママ友&子供たちと

ハッピーセット持って公園」





について



え?
ママ友ばっかりやだよ




とか




じゃあ、あしたは
ちがう公園に行こうかな




という

返信LINEも






まぁ仕方ないよねと

受け止める気持ちだったのに




まさかの

快い承諾…!!









当日

ママ友から

送られてきた写真には




芝生の上で

マックを広げ

複数のママ友と子供たちの間で

笑顔でピースする、君









あー

この人のこと

全然わかってなかったのかな






と思った

瞬間だった












あなたとは

ともだちくらいが

ちょうどいい。







え?

俳句?


と思わず突っ込んだのは

たぶん2ヶ月くらい前









2020年末



2度目の

緊急事態宣言がでる前の

近所の焼き鳥屋さんだった







元々

大学時代のバイト仲間

Kくんとは



10年間付かず離れずの

友達で




結婚適齢期の

20代後半から付き合い

結婚した










すごく

いい人だった









そう今も

いい人






本当にごめんだけど

離婚前後の

ものすごく憎んだ記憶はもうなくて






でもたぶん





あなたとは

ともだちくらいが

ちょうどいい。






2ヶ月前の焼き鳥屋さんで

君が言ったセリフは

私たちのすべてを

物語っていたんじゃないかなと

思う









人間関係というものは

必ずなにかの

学びがあって







特に

男女においては

なにかを

「生み出す」

というエネルギーがつよい







陰と陽という

真逆のエネルギーで

生み出されるものは



無から有を

生み出せるほど

壮大なエネルギーが

発せられるのだという






その象徴のひとつが

子どもなのであるが






それ以外でも

それ相応の「なにか」を

生み出すことができる







だからこそ

パートナーシップというものが

これからの時代に

必要なエネルギーであると

思えてならない









________無から有を生むことができる

唯一のエネルギー______







無限大で

おもしろすぎる







この世の中を

もっと良くするならば

その無限のエネルギーを

使わない手は無い







なにより

あなた自身も



その無限のエネルギーが

生み出すなにかに

びっくりするんじゃないかと

おもうんです








子ども云々はおいといて

想像を越える

サプライズな人生を生きたいなら




真逆のエネルギーを感じる生活は

あなたをすごく



「生きてる」



と感じさせてくれる

なにかが

あるんじゃないかと

おもうんです







とても不思議で

あなたに予想外の

悦びと発見をもたらせる

真逆の性 ー男性ー








女性のあなたは

受容して

感じて

たのしむ




そう決めたら

さらに

エキサイティングな

サプライジングな

人生が待っているのでは

ないでしょうか







年齢とか

関係なく







Your own Life


を満喫する為に







死ぬ間際の10秒間


あなたは

どうしたいですか?







わたしは

家族に見守られながら

大好きなレコードでの音楽と

薄暗い月明かりの元




たぶんそのときも

可愛いなと思える

真逆の性に抱かれて



ありがとう



と言って

昇華していきたいと

決めています








なんか

重くなったけれど





一度でも

今世最後の10秒間を

イメージしたら


すべての瞬間が愛しいなと

おもう今夜です







そして

どうせなら

瞬間瞬間を



愛して

愛されて

生きていきたいなと

おもう

繊月の夜です





ではまた

夜に。