昨日はInventorで作成した3Dデータを、3D造形用のSTLデータに書き出す作業を行いました。
 
書き出し時のオプションの設定画面がコレです。
 
解像度を「高」にセットしておけば、精密に書き出してくれそうですが、そうでもない。
パーツの大きさに対する比率(%)で「高」「低」を決めているようなので、大きなパーツは粗くなってしまいます。
 
嵌合部品がある場合は、それぞの偏差の数値がある程度同じになるよう調整したほうが良いのではないでしょうか。
 

AutoCAD、Inventor、Fusion360、3dsMAXの出張講習、個別講座はCADCIL(キャドシル)へ

CADCILはニテコ図研が運営するAutodesk認定トレーニンセンターです。