昨日は、小金井道場、六本木道場共に稽古始めでした。






昔は体育館など借りてみんなを集めて一大イベントとしてやったり、昨年は小沢先生をお招きして新年早々技術講習会をやったり、いろいろしましたが、今年は通常稽古をいつものようにスタートする形にしました。


なぜなら大晦日に大きなイベントありましたからね、那須川天心VSフロイドメイウェザー、もうそれでモチベーションを上げるには十分、特別なイベントは必要無いと判断したからです。


あれだけ大きな試合があれば、もうみんなは感情高ぶっていて、空手をやりたいというエネルギーは十分に上がっています。


結果とすると午前中の小金井道場、午後の六本木道場、どちらも沢山の道場生が集まり活気溢れる稽古でのスタートが切れました。


年の始めに良いスタートが切れた年は間違いなく良い年となります。


さて稽古納め、稽古始め、よくよく考えればこの二つの行事は、ほんの1~2週間の間しか空いてません。


しかし年を跨ぐことで、全く別の意味を持つ稽古となるのです。


そのくらい、始まりと終わりというのは大切なものなのです。


終わり良ければ全て良しと言いますが、私は始まり、スタート、事の起こりこそもっとも大切で、エネルギーも最大値使うものだと考えています。


事の始まりは爆発的にエネルギーを使い、ランディングは慎重に丁寧に…同じエネルギーでも出し方使い方が違うのです。


エネルギーマネジメントの重要性


車はエンジンを掛ける時に一番ガソリン(最近は電気もですね)を消費します。高速道路で同じスピードで走っていればガソリンはそれほど消費するものではありません。


スタートさえしてしまえばあとは惰性で走り続けるか、ブレーキを踏めば良いだけ。


何か新しいことを始めようとするときって、勇気、行動力、感情の高ぶりなどが必要ではないですか?


とくに感情の高ぶりはとても大切です。


感情は喜びでも怒りでも最大のエネルギーです。


これを使いこなさない手はありません。


空手の技も起こりが大切


空手の技の起こりもそうです。


初動に一番呼吸やエネルギーを使います。


相手に対して一歩踏み込むとき


パンチや蹴りを打ち出すとき


タックルに入る瞬間


投げ技を仕掛けるとき


関節技や絞め技を仕掛ける時


その瞬間、瞬間、常に膨大なエネルギーが必要なのです。


これを武道用語では”緩急をつける”と言います。


「肩の力抜けよー」


というのはいざという時に出力するためです。


行動力のある人は、それをよく知っています。


普段必要無いときはエネルギーを蓄えて、これといった時に爆発させることが出来るのですね。


バカと天才は紙一重


また行動力のある人は、あまり余計な思考を巡らせません。


何も考えず直感を頼りに行動する、頭を空にし失敗を恐れないことが大切です。


思考はフィルターとなり、エネルギーの上昇の邪魔をしてしまうからです。


逆に慎重な人は、戦略を練って練って、十分に不安要素を消してから行動する人もいるでしょう。


そういう人は頭の中だけで考えたりしないものです。


メモ帳などに、不安要素を書き出して一個一個消していったり、他人とディスカッションして考えを整理したりして外部記憶に書き換え頭の中を限りなく空に近い状態を作ります。


そしてそれ自体が行動です。


書き出すところ、ディスカッションすることからすでにスタートを切っていて、ダメなら辞める。


失敗を恐れずに行動していることは一緒なんです。


良く成功者は、バカか天才かどちらかで、中途半端な小利口は一番良くないと言いますが、私から言わせるとタイプの違う行動家、スタートしてから思考するか、思考を行動化してスタートをするかだけで、どちらも行動家なのです。


ようは己を知り、己の向いた行動からスタートできる人は、その時点で勝者だという事です。


批評家になってはいけない訳


世の中には行動する人を批判する人たちが沢山います。


先日の那須川天心VSフロイドメイウェザー戦、なぜ若者の挑戦を、プロモーターの挑戦を勇気を称えることができないのでしょう?


エネルギーというものは、無限にあるわけではありません。


先にも書きましたが、行動力のある人は無駄な所にはエネルギーを使いません。


他人を批判することも膨大なエネルギーを消費することを知っているからです。


匿名でリスクを減らしてネット上に暴言を吐いてストレスは解消できたとしても、自分で事を起こすのに十分なエネルギーを貯めることができない、だから行動が出来ない、批評家になってしまいます。


もちろん行動する批評家、活動家という人も中にはいます。


そういう人は、幼少期何かしらのコンプレックスからとてつもない、怒りのエネルギーを溜め込んでいる人たちです。


しかしどんなにエネルギーを備蓄していても無駄に使いまくってしまえば、エネルギーは枯渇してしまいます。


エコシステムが構築されていない人は、怒りの炎で自ら燃え尽きてしまうわけです。


スターウォーズのダークサイド理論ですね。


さてあなたはどちらにエネルギーを使ってますか?


行動することにエネルギーを使うのか、他者を批判することにエネルギーを使うのか…


行動すればそこでまた新たなエネルギーが生み出されます。


車はエンジンをかけガソリンを燃やすことで、電気を生み出します。

カーステレオやカーエアコンなどはその二次的なエネルギーを利用します。


最近のエコカーなんかさらに複雑にエネルギーの交換をしますよね。


いずれにしろエンジンをかけなければ始まりません。


行動する事を始めよう


このブログを読んでる方の中には、格闘技や空手、武道を始めようかと読んでいる方も沢山いらっしゃると思います。


ぜひ行動してみてください。


失敗したと思ったら辞めれば良いだけです。


その時間は決して無駄では無いはずです。


なぜなら体験を伴う学習ができるから、それは必ずあなたの血となり肉となるエネルギーとなるわけです。


年の始めというのは物事を始めるのにとても適した季節です。


心の中に年始のワクワクが残っているうちに、ぜひ始めましょう!!


ウチの道場じゃなくても構いません。


家から近く、職場から近く、今世の中には沢山の空手道場や格闘技ジムが溢れています。


まずは始めることが肝心です。


空手の稽古や格闘技の練習を始めれば、そこからまた新たな活力が生まれて来ます。


体験を通じてその事を知る人が沢山増えてくれれば世の中平和になるのになって…


批評家よりも、行動家が多い世の中の方が、景気が良くなるに決まってますよね(笑)


もちろん私たちの道場も新規会員ウエルカムです、あなたとお会いできるのを楽しみにしています。





総合格闘技 空手道禅道会 東京支部では、新規会員募集中です。

初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。

また一般稽古の時間に来れない人のためにパーソナルトレーニング、プライベートレッスンも受け付けております。

東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、芝浦、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひ一度ご見学無料体験にいらっしゃって下さい。

 

 

 

禅道会東京 WEBサイト

 

http://www.zendokai-tokyo.com/

 

武道空手少年クラブ東京  WEBサイト

 

http://karate-tokyo.com/

 

総合格闘技 空手道禅道会 東京支部

 

小金井道場・六本木道場、大久保道場・小平道場の

 

お問い合わせはこちら

 

0423804367