6.10 RF武道柔術 関東大会

テーマ:

午前中に行われた関東地区審査会無事に終了しまして、午後からはRF武道柔術 関東大会。

 

実はその間に禅道柔術検定会というのがありまして、禅道会の組技の技術の型の動きを見て習得度を審査し、さらにその後の大会で実際の格闘能力を加味して判定するというものです。

 

以前ブログでも”禅道会で黒帯を取得する方法2”という記事でも紹介しましたが、禅道会で黒帯を取得するためには、審判の資格を取るのと、柔術検定Bクラスというのを取得しなければなりません。

 

今回私のところの小金井道場と六本木道場が2名ずつが受験しました。

 

まあこれについては言いたいことたくさんあるのですが、おいおいまあ別の機会で、、、、(苦笑)

 

そして柔術大会、今回は参加者も多く他流派からの出場もあって盛り上がりました。

 

ちょうど前日、QUINTEDという団体戦のグラップリングの大会もあって、私の中でもテンション高めな部分もあったり(笑)

 

そんな中でやはり小金井道場 工藤さんがぶっちぎりの強さを見せてくれました。

 

工藤さんはブラジリアン柔術黒帯をもっていますしプロのパンクラシスト、みんなそれだから強いと思っているのかもしれませんが、工藤さんの強さはピュアブラジリアン柔術の技術を持っているからというわけではありません、工藤柔術を確立できているというところなんです。

 

ブラジリアン柔術の技術、柔道の技術、サンボの技術、さらに中国武術やヨガの技術まで、それを独自の工藤柔術というフィルターを通して咀嚼し、実は呼吸法と体バランス、柔軟性を一番大切にしている。

 

本質的な部分を見据えている強さなんです。

 

以前ブログに書いたかもしれませんが、一流というのはその人一人しかできない技術、流儀を持っている人のことで、誰か他の人と同じ時点で二流、三流となってしまいます。

 

そしてまた本人は禅道会空手の黒帯も取ろうと午前中はきちんと審査会も出て、中島指導員と組手をやっているわけです。

その姿勢は本当に頭が下がります。

 

そしていつか工藤空手も確立していったらさらに無双になってしまいますね、ぜひ今年は全日本大会でその突き詰めた一流の技術を魅せてくれるでしょう、楽しみです。

 

なお、小金井道場では、木曜日と土曜日に工藤柔術もとい(笑)ブラジリアン柔術クラスも開講しています。こちらではブラジリアン柔術の基礎からみっちり教えてくれますので、ご興味のあるかたはぜひいらっしゃってください!!

 

 

 

今回出場した他の道場生もそれぞれにストーリーを持った人ばかり、膝の手術をして復帰、膵臓の手術をして復帰、他支部から移籍してきて初試合、長い間勝ち星に恵まれていなくて努力の末ようやく掴んだ1勝、少年部で取り損なった黒帯に大学入学して再チャレンジ、、、、

 

工藤さんもそうですが、みんな本業を持ち、家庭を持ち、それぞれの世界で活躍していて、でもまた一から武道を嗜みそこに意味を見出すために日々稽古そして試合をしている、素晴らしい生き方です。

 

みんなすでに人生黒帯持ってるわけですから、これで空手の黒帯取れば最強じゃないでしょうか?

 

そんな人たちを応援するためにも、禅道会東京支部をもっともっと盛り上げていきます!!

 

熱ですよ熱、大切なのは。

 

 

総合格闘技 空手道禅道会 東京支部では、新規会員募集中です。

初心者、女性、壮年大歓迎、運動不足、ストレス解消、健康増進、ダイエットまたMMAのプロや武道空手道の指導員になって活躍したいという方も随時受け付けております。

また一般稽古の時間に来れない人のためにパーソナルトレーニング、プライベートレッスンも受け付けております。

東京都小金井市、小平市、花小金井、西東京市、新宿区、港区、芝浦、麻布十番、田町駅近辺でお住まい、または在学、在勤の方、ぜひ一度ご見学無料体験にいらっしゃって下さい。

 

禅道会東京 WEBサイト

http://www.zendokai-tokyo.com/

武道空手少年クラブ東京  WEBサイト

http://karate-tokyo.com/

総合格闘技 空手道禅道会 東京支部

小金井道場・六本木道場、大久保道場・小平道場の

お問い合わせはこちら

0423804367