次への期待を持たせて「ファン」になってもらう「仕掛け」 | 労働災害・賠償問題に強い企業保険のスペシャリスト 約1000社の実績で企業の挑戦をサポート! 損害保険トータルプランナー・福利厚生管理士 西田洋平ブログ

労働災害・賠償問題に強い企業保険のスペシャリスト 約1000社の実績で企業の挑戦をサポート! 損害保険トータルプランナー・福利厚生管理士 西田洋平ブログ

北陸(主に石川・富山)で事業者さま向けリスクマネジメント・福利厚生コンサルティング・総合保険代理店を行っております。
健康経営エキスパートアドバイザー・福利厚生管理士・メンタルヘルスマネジメント検定Ⅱ種Ⅲ種・損害保険トータルプランナー

【Vol.444】

 

先日

休みを利用して

観ていなかった

「キャプテン・マーベル」

「アントマン」「アントマン&ワスプ」

やっと観ました。

 

これで

「アベンジャーズシリーズ」

最新の

「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」

も含めて

今までのものは

ほぼ全部観たのではないかと思います。

(前半忘れていますが・・・)

 

 

 

 

「アベンジャーズシリーズ」に限らず

最近は、

どの映画も

エンドロール

始まってから終わるまで

すぐに帰ることはできません。

 

以前は、

もう終わったので、と

すぐに帰っていましたが

ここ十年くらいは、

『ひょっとして次へつながる

「おまけ動画」が流れるのではないか?』

と、帰るに帰れないのです。

 

映画館で

「アベンジャーズ/エンドゲーム」

観ているのですが

 

今回も

「アントマン」「キャプテンマーベル」

『おまけ動画』により

エンドゲームへのつながりを

理解できました。

 

理解した上で

「あぁ、ここで繋がるのか、もう一回観たい!」

『仕掛け』に、はまってしまっています。

 

ただの「おまけ」だけではなく、

この「含み」を持たせた「つなぎ」

お客さんは、期待して、

次の視聴に足を運ばせているのです。

 

 

ビジネスでも一緒です。

 

満足していただいた上で、

かならず次へつながる(つなげる)

「期待」を含んだ終わり方をすることが

とても大事なのです。

 

これが自社の

「ファン」へと発展するのです。

 

マーベル(Marvel)のヒーローシリーズが

ここまで、成長してきたものも

単独で「満足した!」

では終わらず、

必ず、

他のヒーローや

次回作へとつなげるような

『仕掛け』があったことが

大きな飛躍のひとつと考えられます。

 

 

 

個人的に

『ヒーローへつなげて協力する』

というところを

 

仲が良く、尊敬している

弁護士社労士税理士などの士業

その他の事業者(IT・工事業・不動産等など)と

協力することにより

リスクマネジメント福利厚生以外の

お客さま満足へつながるように

応用しております。

 

さらに深みを持たせて

自社のファンへなってもらいたいものです。。

 

これは

さまざまな事業者でも

応用できるのではないでしょうか。

 

 

リスクマネジメント・

福利厚生に関する

お問い合わせ・ご相談は 

こちらまで

https://ws.formzu.net/fgen/S62780690