世田谷区 塗り替え工事 外壁塗装 | 日成塗装職人社長と元保護犬ココロの虹色日記

日成塗装職人社長と元保護犬ココロの虹色日記

世田谷区の住宅街にある地域密着系のペンキ屋 (有)日成塗装。
2011年から二代目社長として奮闘中!!


作業日記〜看板保護犬ココロ君のことまで幅広くコツコツ書き綴っていきます。

仕事の事、社長の事、ココロ君の事、気軽にコメント書き込んでくださいね。


テーマ:

お世話様です。 ㈲日成塗装の長田です。

 

世田谷区での塗り替え工事も数日雨で休止致しましたが、段取りよく作業を進め外壁部分が形になりました。

 

 

今回の使用材料は 日成塗装が自信を持ってご提供している 関西ペイントさんのラジカル制御型高耐候性水系上塗塗料

 

 『アレスダイナミックTOP』

 

 

 

 

ラジカル制御塗料って??

 

塗膜破壊を引き起こす原因物質「ラジカル」は、塗料成分のひとつ「酸化チタン」に紫外線が
当ることで発生し、塗膜劣化を促進させ、耐候年数も早めます。

 

 

代表的な症状として色褪せやチョーキングという現象があります。

 

※身近なもので説明すると ガードレールを触ると手に白い粉がつきますよね?あれは既存塗膜の劣化によるものでチョーキングという現象です。


その塗膜の悪さをするラジカルの発生を抑え、樹脂性能を最大限に引き出したのがダイナミックトップ
機能としては、超低汚染・防かび・防藻を付与していますので従来の塗料+αの優れモノ。

 

 

もちろん耐候年数もアップし、従来のシリコン塗料10年に対し、15年と高耐候となっております。

 

 

ダイナミックトップ発売から2年近く経ち、しばらく様子を伺っておりましたが、さすがの関西ペイントさんです。他社の ん?? って思う点をしっかり補って開発された商品ですので今期より安心してご提供させて頂いております。

 

※日成塗装では外壁の艶あり仕上げの選定ではこちらの塗料を軸としてオススメしております。

 

各メーカー様々なラジカル制御型塗料を発売しておりますが、なぜ弊社が関西ペイントを一押しにしてるのか?

 

この場ではお話致しませんが、、詳しく知りたい方は打ち合わせ時などでご説明させて頂きます。

 

 

 

塗料の説明はこの辺で、、、、現場の進行状況をご説明します。

 

 

既存

 

数回塗り替えられている外壁。

全体的に艶引けがありましたが過度なチョーキングなどは発生しておらず、通常の3回塗り工程でのご提案となりました。

 

 

主に窓まわりにヘアクラックが発生しておりましたので下地処理。

 

 

※前回の投稿でご説明しておりますので端折ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは下塗り。

 

関西ペイント ダイナミックフィーラー

 

 

 

 

雨樋の隙間のこんな狭い場所までしっかり下塗り。

前回の業者は途中までで誤魔化し。

 

 

 

 

ミニミニローラーと刷毛を駆使し

 

 

 

 

徹底的に下塗り!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それと、、、、今回は秘密兵器を投入していました!!

 

 

外壁の塗装作業に取り掛かる前に2日ほど雨が降り、現場は湿気が収まっていない状況。

 

こんな時頼もしいアイテムが、、、、

 

 

アレスダイナミック強化剤!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この強化剤は優れ物で付着力を強化し、これまで難しいとされてきた湿潤面・高湿度環境でも塗装適正を有し、
天候に左右されがちな外装塗替工事において、従来は塗装を回避するような条件であっても、
適切な養生をおこない使用することができる様になりました。

 

大げさな話 降雨中でも直接雨が当たらなければ施工が可能。

※弊社は雨の中作業は致しませんが、、、(笑)

 

 

まさに今回の現場の為の添加剤。

 

 

が、、、、、、しかし、、、、、、、雨休み時に材料屋さんに問い合わせ致しましたが在庫が無く、納期が掛かるとの返信。。。

 

とりあえずこの先使用機会が増えるので在庫として発注。

 

 

 

さてさてと困り果てたところ

 

 

あ!!!

 

関西ペイント施工店のスペシャリストがいるではないか!!

 

 

困った時の坪井さん!!

 

 

厚かましく、ダメもとで連絡し、有り難い事に在庫があると!!

 

しかもお忙しい中わざわざ弊社に持ってきて下さいました。本当に頼もしい仲間がいて幸せものです!!

 

※坪井さーん、大切に使わせて頂きました。ありがとうございました。材料と美味しい甘味でお返しいたしまーす。(笑)

 

 

 

有り難や有り難やと投入。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特に湿度の滞留する駐車スペースでは大活躍!!

 

 

 

 

 

しっかり乾燥させます。

 

 

 

 

 

 

続いて中塗り(アレスダイナミックトップ1回目)

 

 

 

 

 


乾燥後 上塗り(ダイナミックトップ 2回目)

 

 

 

 

作業の合間に塀も補修

 

 

 

膨れ、剥がれが数箇所。

 

 

 

 

 

 

 

不陸、脆弱箇所を左官処理。

 

 

ただこのまま塗装では補修箇所が目立ってしまうので下塗り材で厚づけパターン処理

 

基礎巾木部分もフラット仕上げでは塗膜が持ちませんのでこちらもパターン処理。

 

 

 

 

 

 

 

実は左官補修部分に裏技を。

 

 

 

 

 

処理前

 

 

 

 

普通はこんな感じですが、、、

 

 

このままではパターン付けしても実は目立ってしまいます。

 

 

 

 

 

なので、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

塵取り刷毛でトントンっと目立て作業。

 

 

 

 

 

 

 

なんとなく近い模様でしょ??

 

 

 

 

下塗り厚づけパターンゴロゴロっと塗って

 

 

 

 

 

中、上塗りをすると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕上がり!!

 

 

 

 

 

 

ほとんどわかりません!!

 

 

ちょっとした発想、一手間でグッと仕上がりが良くなります!!

 

同業の塗装屋さんのみなさんも簡単だから是非真似して下さい。

 

日成塗装は綺麗に仕上がる現場が増えれば良いのでこれくらいの裏ワザでしたら惜しげもなく公開します。

 

 

外壁もピカピカツヤツヤに仕上がりました。

 

 

 

 

 

本日より、窓枠等の付帯部分塗装作業を進めております。

 

 

また外壁のベランダ部分で不具合を発見!!ちょっと大掛かりになりますので後日ご報告させて頂きます。

 

 


ちなみに今日はが誕生日の私。塗装の技術、知識と共にしっかり歳を重ねて参りますのでご期待を!!




 



塗料の知識を贅沢に現場に活用。 


 ㈲日成塗装のラジカル制御型塗料による外壁塗装。 お試しあれ。

 

 



 

 日成塗装二代目さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス