マネジメント養成6か月コースのアンケートを紹介します。

 

◆マネジメント養成6か月コースとは

日創研のマネジメント養成6か月コースとは、マネジメントコーチングを学び、生産性・業績・成果を上げ続ける人材育成手法を習得するセミナーです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

https://ameblo.jp/nisouken-seminar/entry-12576704513.html

 

◆受講者の声

H様

望みの内容の研修でした。

 

S様

山本ディレクターからのアドバイスが細かいところまで見られていてすごく学びになりました。

 

F様

研修内容がよかったです。

 

H様

研修の内容をよく理解できました。

 

T様

ディスカッションにもっと盛り上がるような何かが欲しいかなと思いました。

 

O様

人間力、人間学の話が腑に落ちました。

 

Y様

経営会議は議題があまりリアルではないため議題を決めた方が良いと思いました。

 

N様

自身の習熟度と部を束ねる力量不足が理由となり内容と理解の点は普通と評価しました。

 

T様

講師の方の取り組み姿勢が大変よいと感じました。

 

I様

チームワーク向上の部分をさらに詳しく知りたいです。

 

H様

チーム内で意見交換をすることで、いろいろな角度から改善点、問題点に気付くことができました。すぐに取り入れられる学びがたくさんありました。

 

S様

幹部社員評価で自分の今の課題がよくわかりました。

 

K様

6ヶ月間お世話になりました。ありがとうございました。

 

I様

ディレクターの取り組み姿勢が大変よかったです。

 

N様

研修内容がよかったです。

 

Y様

実践問題を通して普段の業務のあり方や進め方にいろいろ気付きがあり、とても勉強になりました。

 

O様

研修の内容が大変良かったです。

 

S様

理論と可能見考が一緒になってマネジメントの本質を学ぶことができました。

 

A様

望んでいた研修内容でよかったです。

 

K様

担当ディレクターや講師の方の姿勢が大変良かったです。

 

E様

今後も研修を受講してみたいと思いました。

 

A様

担当ディレクターさんより適切に指摘いただき理解が高まりました。

 

A様

計画は具体的にたてることや根本的な原因を探すことなど、甘かった点が分かった。

 

S様

PDCAサイクルの習得を感じられました。

 

I様

年末年始の年またぎが厳しかったです。

 

M様

今後もこちらで学んでみたい研修がありました。

 

N様

あまり目的が達成できませんでした。

 

M様

檜山講師をはじめ、日創研の皆様、古崎ディレクター、大変お世話になりました。

 

K様

思いの外、講義が少なかったです。

 

M様

マネジメントの基本を理論と理屋で学ぶことができ、また実践にて検証することができ、自分の中で腑に落とすことができました。

 

E様

大変親身になっていただきました。

 

T様

ディレクターの方を見ていて、自分もさらに勉強継続して良い会社にしていきたいと刺激をたくさんいただきました。

 

A様

講師の説明が非常にわかりやすかったです。ディレクターの知識が豊富で本当に勉強になりました。

 

T様

研修講師の姿勢がとてもよかったです。

 

K様

課題で与えられた文献のレポートの意図目的の落とし込みを十分に頂きたいと感じました。

 

B様

実体験のエピソードを交え、すごく分かりやすく講義を聞かせていただきました。

 

M様

今回受講させていただき、PDCAサイクルについて深く学ぶことができました。

 

H様

研修内容がよく理解できました。

 

S様

研修の内容を把握しないままの受講で戸惑いも大きかったのですが、楽しく学ばせていただきました。

 

H様

次は研修が研修にならないよう自社での振り返りを行い、もう1度研修内容を落とし込んでいきます。

 

K様

大変よい研修内容でした。

 

T様

講義内容が良く理解できました。

 

Y様

講師の話し方に笑いがあり、楽しく学ぶことができました。

日創研の誰もが成功するためのやり抜く力を高めるGRIT1日セミナーのアンケートを紹介します。

 

◆誰もが成功するためのやり抜く力を高めるGRIT1日セミナーとは

日創研の誰もが成功するためのやり抜く力を高めるGRIT1日セミナーとは、、GRIT(やり抜く力)に焦点を置き、夢やビジョン、仕事の目標を実現する「究極の能力」を身につけるためのセミナーです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

https://ameblo.jp/nisouken-seminar/entry-12595518517.html

 

◆受講者の声

S様

幹部自身のGRITを高める必要があると感じました。

 

H様

講師の情熱を感じ、気づきを与えていただきました。

 

K様

自分の事を振り返らせてもらう良いきっかけとなりました。ありがとうございます。

 

K様

今の私自身の置かれている立場において、非常に大切な内容でした。

 

S様

「具体的に何をするか?」のディスカッションが多く、自分の課題について考える時間が多い点が良いと感じました。

 

K様

分かりやすい説明や事例がありました。またインプット・アウトプットの場がたくさんあり、良かったです。

 

T様

実習も交えながら楽しく意見交換ができました。

 

K様

1日セミナーは気軽に受けられ、内容も分かりやすいので好きです。

 

N様

なんとなく周りに流され、目的をすぐ見失ってしまうことを克服できるような内容でした。

 

H様

スライドの時、口頭で説明がありましたが、書くことに必死になり少し理解できない所がありました。わかりやすい説明でしたので、もう少しゆっくり、もしくは繰り返していただけると助かります。

 

I様

学生向けGRIDもつくってほしいです!とても楽しかったです!ありがとうございました!

 

B様

精神面や判断力も強化されるので、実践をもう少し体験させてほしいです。

 

H様

分かりやすく楽しく受けられました。この学びを活かしていきます。ありがとうございます。

 

K様

分かりやすい解説をありがとうございます。少しずつですが腑に落ちていっています。受講すると色々な気づきがあります。

 

T様

自分自身。または会社に何が足りないのか、明確に答えが出ました。

日創研の誰もが成功するためのやり抜く力を高めるGRIT1日セミナーについて紹介します。

 

◆誰もが成功するためのやり抜く力を高めるGRIT1日セミナー

 

誰もが成功するためのやり抜く力を高めるGRIT1日セミナーとは、GRIT(やり抜く力)に焦点を置き、夢やビジョン、仕事の目標を実現する「究極の能力」を身につけるためのセミナーです。

 

◇GRIT(やり抜く力)について理解する

◇自分の現状分析

◇やり抜く力のどこを強化すべきかを正しく知る

◇GRITを高める具体的な方法と事例

 

これらを参加者全員で考え、これからの未来を切り拓いていきます。

 

1、アーネスト・シャクルトンの220日の戦い

2、GRIT(やり抜く力) の定義

└「G」とは何か? 「R」とは何か? 「I」とは何か? 「T」とは何か?

└GRITがあなたの人生を決め、企業経営の成否を決める

3、自分のGRIT現状分析

└自分の強みをどうやって強化するか

└自分の弱み(ウィークポイント)をどうカバーするか

4、なぜ、決めたことができないのか

5、GRITとマインドセットの相互関係

└(GRITがマインドセットに影響を与え、マインドセットがGRITを支配する)

6、目標とGRITの因果関係

7、GRITを高めるポイント

 

上記のカリキュラムに沿って、研修を行っていきます。

 

◆受講者の声

こちらの記事にて、受講者の声をご紹介しています。

 

・2018年名古屋開催

https://ameblo.jp/nisouken-seminar/entry-12595519454.html