あの日が近づいてきました。

 

そう、11月11日のネットショッピングデー。

 

これ、相当な経済効果があるようで、

大陸ではスゴイ事になってます。

 

大手ネットショッピングサイトに「天猫」という会社があります。

猫とついてるぐらいなのでキャラは猫。黒猫です。

何かに似てるなぁ、と思ったら黒猫のジジ!

 

で、、広告に出てた「T-MALL」というレタリングが、、

京阪モールそっくり。

 

なので広告はもう

京阪モールに黒猫のジジがいるようにしか見えません^^;

 

日本もこのネットショッピングデーを広めたらええのに。

 

さて、、もうネタなんて無いやろう~と思ってると

降って沸いてくる新たな食材。

 

掃除のオバチャンに四川の青菜漬けをいただきました。

どうやら夫さんの故郷の名物らしく、

オバチャンの実家辺りではないそうで。

 

四川は広い~~。

それに農産物がかなり豊富なのでご当地食材には事欠きません。

 

こんなお漬物。

srisentuke1

塩だけで枇杷の葉と斎頭黄という青菜を漬け、

発酵させたものだそう。

 

泡菜と違う菌の発酵だとか。

 

これ、相当嬉しかったです。

 

というのも・・香港の欖菜に入ってる油が残念だったもんで。

なので発酵青菜の油煮・欖菜は一度で終了。

 

油ナシの青菜の漬物の方がエエなぁ。

そう思ってたところでまさかの油のない欖菜(みたいなやつ)!

 

ホンマに願えば叶いますね^^

 

こうなれば早速使ってみよう~~と白菜に合わせてみました。

 

あ、、本場では欖菜と同じく、

豚ミンチと一緒に炒めます。

それをご飯の御供やチャーハンにしたり

和え麺のタレにするそうです。

 

中国のお漬物はそのまま食べるのではなく、

食材や調味料として火を通して食べる方が美味しいです。

 

自身はこう使ってみました。

 

材料は白菜・塩・ニンニク・唐辛子・四川青菜の漬物・

酒・味醂・鰹昆布の出汁です。

 

白菜はざく切りにし、塩少々ふってしんなりさせ、

水洗いしてからしっかり絞ります。

 

小鍋にニンニク・唐辛子・漬物・酒・味醂を熱し、

香がたってきたら上記白菜を加えてザザっと混ぜます。

 

鰹昆布の出汁を加え、蓋をして白菜に透明感が出るまで炊きます。

 

蓋を取り、混ぜながらしっかり煮詰めれば完成です。

sisentuke2

 

欖菜と同じ感覚なので味は何となく想像できました。

ら・・予想通り。どってことない味です。

 

が、発酵した独特の香がいい旨味に代わってます。

漬物自体も美味しいし、白菜臭さは抑えられてます。

 

臭みはないものの油の味がないので

白菜本来の味が引き立ってました。

 

いやあ~嬉しい、ホンマに嬉しい。

理想的な食材がまさかの所から手に入るなんて!

 

しばらくは調子こいてこの漬物シリーズになる予定です^^;

 

先日のお弁当

2018.11.7bento

活けホタテの味醂炊き

セロリの酢の物

青菜の胡椒和え

芥蘭菜の豆味噌炊き

おにぎり

 

にほんブログ村テーマ 香港/HONGKONG/ホンコンへ
香港/HONGKONG/ホンコン

にほんブログ村テーマ 中国で自炊・家ごはんへ
中国で自炊・家ごはん