にしよどおやこ劇場

にしよどおやこ劇場

体験は知識に勝る宝物。感動いっぱいおやこ劇場。

今年はコロナの影響でキャンプに行けなかった分

みんなで楽しもう!と中高・青部企画のみかん狩りに。

11月15日(日)に上の子太子 観光ミカン園に行ってきました~。

久しぶりのお出かけ楽しかったよ~。

久しぶりのミップルヘラクレスのサークル会もみじ

10月29日(木)西宮へサイクリングしてきました~自転車

阪急西宮駅で自転車を借りて

幼少の頃過ごした場所をまわってきました!!

子どもの頃、クラスで実はこんなことがあったとか

双子やけどすべてを相談してたわけではなく、

秘密の告白みたいで面白かった~。

おやこ劇場にふたり揃って出会えて、子育てができて

幸せやね~としんみり劇場についても話がもりあがりました~(笑)

 

阪神タイガースがシーズン前に優勝祈願に行かれてるという廣田神社

通っていた小学校前の越水城石碑 

大河ドラマ麒麟がくるの登場人物 松永久秀氏ゆかりの地だったなんて子どもの頃は知らなかった~

例会「南の丘の大きな切りかぶ」冒険舎

2020年9月13日(日)此花区民ホール

今回の担当劇場のよどがわさんが、数年前の岸和田演劇祭で下見をしてから、ずっと合同例会を待望し続け、ようやく実現した例会です。にしよども待望し続けていたから「アラビアンナイト」が実現しましたね!市内6劇場での例会企画は各劇場のアンケートを元に、皆必死でアピールやプレゼンテーションをして予算や時期を検討し調整しています。                        

 さて、今回の作品ですが、八百屋舞台(舞台に傾斜がついている)に置かれた舞台装置には、あちらこちらに仕掛けがしてあり、こんな舞台を観るのは初めてでした。事前配布の作品紹介資料に「ナンセンスな面白さの根底に…」と、書かれていたことが納得できるお芝居でした。「郵便屋さんがスープにされてしまうの〜!そんなシュールなお話?!」「ちょっとちょっと~!」とハラハラしていると、スープにされた郵便屋さんが、翌朝に切り株から生えてきたよ~(苦笑)。そんな不思議なお芝居でも、伝えたいテーマがしっかりありました。『人間なんだもん、時には嘘をついてしまうことはあるよ。でも、言わなきゃって思った時点で正直に伝えなくっちゃ!自分の気持ちに正直に!』ということでした。 パパとママに成績が下がって叱られて、妹にヤキモチをやいて家出してきたアーちゃんと、ひょうきんで摩訶不思議な魔女さんとのそんな言葉のやり取りが心に染みました。

大きな雷音がしたり、真っ暗になっても、小さな子もじっと観ていました。きっと思いは伝わったんだろうな~。 

 最後の場面でアーちゃんが魔女さんに教わった魔法は、目をつぶり両手を胸の前で固く組んで『フレ~フレ~アーちゃん!なんとかな~る!なんとかな~る!』と唱えると勇気が湧いてくる魔法でした。私も使わせてもらいます(笑)。

今回の感染予防対策は、平土間をファミリー単位で座る升席にしました。ホールの舞台上にも座席を作ったので、そこからは高い位置から見下ろすように観ることが出来ました。

冒険舎の皆さんが久々に人前でお芝居がでたことをとても喜んでおられたことにも感動しました。

よどがわさん作成看板!素敵~キラキラ

 

家族単位で間を空けて座れるよう工夫された座席の様子

 

ハート感  想ハート

ブルー音符始めは剣を刺したり鼻から紐が出てきたりとマジック(マジック)を入れた劇なのかな~!こんな例会は始めてな感じやな~と思って観ていたら中盤で切り株の枝を折ってしまった子どもが嘘をついて悪いとわかってても言えない自分。それをちゃんと伝える大事さを魔女が教えてくれて、最後はどんな時にも役立つ魔法の言葉を魔女が子どもに教えた「なんとかなーる!なんとかなーる!」言葉が私の心にスッと入ってきました!人生半分はほんまに「なんとかなーる」で乗り越えてるな~と気づかせられた例会でした! (大人) 

むらさき音符お母さんみたいなゴロゴロがおもしろかった。またみたいなとおもいます。ありがとうございます。

                                                           (高2)

ブルー音符例会の帰りに息子に「ゴロゴロお母さん怒った時みたい」と言われて「そんな怒ってるかな?」と聞くと「お父さんに」と言われた〜(笑)少し反省。
劇中の「やろうと思ってる事を素直にできないのが一番悪い」のセリフが自分の胸に突き刺ささり涙が出てきた。魔女に教えてもらった、おまじない本気で使ってます。我が家にとっては実用的な例会でした。

 (大人)※「ゴロゴロ」というのは魔女が怒ると雷が鳴る場面の事です。