こんにちは、西山美紀です。

 

少し前のことなのですが、

 

映画『カメラを止めるな!』を家族で観てきました。

 

小学3女子と、小5男子の子どもも一緒です。




(映画のホームページより)
 


「何も調べないで観に行ったほうがいいよ!」と、いろいろな方から聞いていたので、まったく調べずにいったんですが・・・

 

 

映画館に入ると、大人ばかりで子どもはいません。

 

 

斜め後ろの若い男性たちの、

 

「この映画、子どもって入れるんだっけ…?」

 

というひそひそ声が聞こえてきます。

 

 

え? そうなの? まずいの? R指定じゃなかったよね…

 

 

と思いなら、慌ててスマホで、Yahoo!で「カメラを止めるな 小学生」と調べてしまいました。

 

 

始まる3分前だったので、これといっていい情報が得られず…。

 

 

「ホラー&コメディ」ということだけわかって、

 

 

そうか、まあ、なんとかなるか…もう始まっちゃうし…と、いざスタート。

 

 

 

結果的には…子どもたちを連れてきて、大正解!!でした。

 

 

まだ観ていない方もいらっしゃると思うので、ぼんやりとお伝えしますと、

 

 

最初の方は「連れてこなきゃよかった…」と、後悔することの連続だったんです。

 

 

小3のむすめは半泣きだったので、「ごめんね! 目をつぶっていてもいいよ」と話していたのですが、

 

 

最終的には、めいっぱい楽しみ、味わい、笑って映画館を出ることができました。

 

 

その後も家族で、「あの場面が~」「あそこであれだとは~」と、ひとしきり盛り上がりました。

 

 

映画を見てから数週間たちますが、いまだに「あの映画はおもしろかった」と、家族で話題にのぼります。

 

 

特に小3のむすめは、ストーリーを作ることに興味があるタイプなので3・・・展開としても、ものすごく刺激になったようです。

 

 

小5の兄ちゃんも気に入って、「もう一回観に行きたい。友だちといっしょに行きたい」と

 

 

何度も言っています。

 

(でも、友だちに展開を話したくなっちゃいそうだから、やめた方がいいだろうな…笑)

 

 

 

ただ、お子さんがとても繊細な方だったら、やめておいた方がいいかも・・・なんですけど、

 

 

最後まで見られる方だったら、観に行くのはとてもいいと思います。

 

 

まだ観ていないという方に、内容を詳しくお伝えしちゃうともったいないので、ぼやけた説明ですみません。 笑

 

 

モノづくりをしている大人の方にも、ものすごーくおすすめです!

 

 

 

 

今日は久しぶりの雨ですね。

 

3連休前、がんばりましょう!