【営業力強化】運を味方につける「ラッキーポイント」 | 株式会社パワフルブレーンズ   「今」を大事に、「今」を楽しむ。

株式会社パワフルブレーンズ   「今」を大事に、「今」を楽しむ。

人生、良いことも悪いことも色々ありますが、起こる出来事は「すべて必然」

仕事にスポーツに遊びに食事に、、、
今を大事に今を楽しんだ者勝ちだと思います。

一喜一憂せずに、目の前のことに集中して、気楽に大いに楽しんじゃいます!!!

「2億4000万円の大赤字を引き寄せで何とかしました」が、光文社様より発売されました!

 

「はじめに」~「47ページ」チョイ見せファイルは、下記をクリックしてダウンロードしてください。

https://bit.ly/3brz326

 

下記の画像をクリックするとAmazonの購入ページに飛んでいきます。

 

是非、是非、ご購入下さい!

Amazonのレビュー記載もお願いします!

 

2億4000万円の大赤字を「引き寄せ」で何とかしました!

 

●Facebookはこちらです。
●Instagramはこちらです。
●Twitterはこちらです。


----------------------------------------
営業力強化メールマガジンから転載します。
----------------------------------------

ポチっとお願いします!

↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング

----------------------------------------

 

色々な人と仕事をしていると、

いわゆる「運の良い人」と

そうでない人に出会います。


真面目にコツコツ仕事をしていく中で、

ちょうど良いタイミングで、

凄いチャンスがやってきて、

バッチリうまくいく、、、

そんな人がいます。


仕事の成果には、

本人の努力や能力も必要だと思いますが、

やっぱり最後の最後は「運」じゃないかな~

って思います。


どんなに素晴らしい能力を持っていても、

どんなに一生懸命努力しても、

「運」が無いと、

物事がうまくスムーズにいきません。


逆に運が良いと、

そんなに一生懸命死ぬ気で努力をしなくても、

物事がスムーズに進んだりします。


飛び込み営業をしたら、

ちょうど良いタイミングで検討しようと思っていたとか、

時間が空いたので、顧客のところに顔を出したら、

ちょうど社長様がいらっしゃって、

追加の発注を頂いたとか。。。


同じ行動をとっていても、

「運の良い人」と「運の悪い人」とでは、

雲泥の差が出てしまいます。


では、

「運の良い人」になるためにはどすれば良いのか???


私の周りの「運の良い人」に共通する行動特性として、

日常的に、

「ラッキーポイント」を貯めている

ということがあります。


「運の良い人」は、

例えば道を歩いていると、

何気なしにゴミを拾ってゴミ箱へ捨てたり、

エレベーターに乗るときも、

ボタンを押す場所に乗って最後に降りたり、

応接室を出るときに、

お茶をひとまとめにして片づけ易くしたり、

飲食店でお皿を下げやすいようにまとめたり、

「ちょっとした良いこと」をしています。


私は、この「ちょっとした良いことポイント」を

「ラッキーポイント」とよんでいて、

これを貯めているかどうかで、

「運が良い人かどうか」分かれているような気がします。


例えば、平気で道端にゴミを捨てている人や、

飲食店で店員さんが困ってしまうくらい偉そうな人や、

電車のドアが開いたときに我先に乗車する人に

「運の良い人」がいるとは思えないですし、

実際にそのような方々で、

「運の良い人」は見たことがありません。


必死の形相で、不眠不休で働いて、

何とかカツカツで契約をとってくるよりも、

日常的に、ちょっとした良いことをして、

運に恵まれる人になった方が、

楽に仕事ができると思います。


みなさんも、

今日もこれから「ラッキーポイント」を貯めて、

いつでも大きな成果を出せる、

運の良い、

プロフェッショナル営業マンになっちゃいましょう!!!

 

--------------------------------------
営業力強化プログラムはこちら!
www.powerfulbrains.co.jp/info/sales.html
---------------------------------------
ポチっとお願いします!
↓↓↓

にほんブログ村 経営ブログ コンサルタントへ
にほんブログ村


マーケティング・経営ランキング

---------------------------------------
今日も最後までお読みいただきまして、有難うございました。
---------------------------------------

 

●Facebookはこちらです。
●Instagramはこちらです。
●Twitterはこちらです。