電子帳簿保存法とは? | 税理士・CFPの100年ライフを楽しむ!

税理士・CFPの100年ライフを楽しむ!

大阪の西由恵税理士事務所です。人生100年時代を楽しく過ごすためのブログです。

大阪の西由恵税理士事務所です。

 

2021年もあと数日となりました。あっという間ですねびっくり

寒い日が続きますが、暖かくしてお過ごしください晴れ

 

令和4年1月1日から施行される「電子帳簿保存法」についてご説明します。

 

経理処理の会計帳簿や請求書・領収書などを紙での保存でなく、電子データで保存することです。

保存方法について3種類に区分されてます。

 

①電子帳簿等保存

  仕訳帳、総勘定元帳、財務諸表、請求書控えなどを最初から自分で電子的に作成したものは、データのまま保存可能

 

②スキャナ保存

  紙の請求書や領収書を紙でやり取りしたものをスキャンしてPDFに保存可能

 

③電子取引保存

  クレジット決済や電子決済、電子メール取引したものを、電子データのままで保存すること

 

 特に③電子取引保存ですが、取引内容を紙で印刷していたものは廃止され、今後は電子データで保存しないと「青色申告」の取り消しになります。

 

 でも、まだまだ準備や対応できてないことだと思いますショボーン

 

 令和4年度の税制大綱で、2年間(令和4年1月1日から令和5年12月31日まで)の猶予が決まりました!

 

 猶予期間といっても、電子帳簿保存法に適した対策を進めていかなくてはなりません!!

 

  対策方法のひとつとして、

 訂正削除の防止に関する「事務処理規程」を作成して規程に沿って運用・管理を実施

 

 事務処理が煩雑になっては、本末転倒なので、まずはできることから実施してください!

 

  <参考:国税庁 電子帳簿保存法Q&A 各種規程等のサンプル>

 

電子帳簿保存法Q&A(一問一答)~令和4年1月1日以後に保存等を開始する方~|国税庁 (nta.go.jp)

 

 

 西由恵税理士事務所のHP

       ↓

 大阪の西由恵税理士事務所