消費税 インボイス制度とは?? | 税理士・CFPの100年ライフを楽しむ!
新型コロナウイルスに関する情報について

税理士・CFPの100年ライフを楽しむ!

大阪の西由恵税理士事務所です。人生100年時代を楽しく過ごすためのブログです。

大阪の西由恵税理士事務所です。

 

まだまだ暑い日が続きますね。コロナ禍の状況も気になりますねショボーン

 

消費税納税者の方のインボイス制度についてご説明をします。

 

最近、インボイス制度 を聞いたことがあるけれど、制度についてわからなにことがあると思います。

 

これから始まりますので、準備を進めていけば大丈夫です。ご安心ください!!
 

 

個人事業者、法人事業者の方は、請求書及び納品書を発行する際に、消費税の対価の額、税率について「適格請求書」という記載方法により発行及び保存義務となります。

 

適格請求書等保存方式をインボイス制度といいます。

 

このインボイス制度の適用を受ける事業者は事前に国税庁に登録が必要です。

令和3年10月1日から令和5年3月31日までの間に、登録事業者の申請をします。

 

令和5年10月1日からは、「適格請求書等保存方式」が開始されます。

 

消費税の免税事業者の方は、インボイス制度の登録事業者にはなれません。

 

免税事業者の方で、インボイス制度の適用を受けるには、「消費税の課税事業者の選択」をします。

 

基準期間(前々年度)の課税売上高が5,000万円以下の場合には、簡易課税制度(事業区分に応じた割合により算定)の選択も可能です。

 

インボイス制度の適格請求書発行事業者について、今後検討してください。

 

    国税庁:適格請求書等保存方式の導入について HP

300416.pdf (nta.go.jp)

 

申請期間は1年6か月ありますが、取引先への請求書発行の準備なども進めてください。

 

 

西由恵税理士事務所のHPはこちらで ⇒  大阪本町の西由恵税理士事務所