月次支援給付金 | 税理士・CFPの100年ライフを楽しむ!
新型コロナウイルスに関する情報について

税理士・CFPの100年ライフを楽しむ!

大阪の西由恵税理士事務所です。人生100年時代を楽しく過ごすためのブログです。

大阪の西由恵税理士事務所です。

 

暑い日が続きますね晴れ マスクをしていると、余計に暑さを感じます滝汗

 

「月次支援給付金」について説明します。

給付対象は、①及び②を満たす事業者です。

 

①緊急事態宣言・まん延防止法等重点措置により「時短営業・休業要請・外出自粛の影響を受けていること」

2021年4月以降の事業者全体の売上高が、2020年または2019年の同月売上高と比較して50%以上の減少した月がある場合。

 

 

つぎに該当する場合には対象外となります!

 

①事業活動に季節性・繁忙期・閑散期がある場合の対象月比較

②売上基準の変更や取引時期の変更による売上高の減少

③単に営業日数が少ない月の売上高の減少

④対象月に地方公共団体の休業要請・時短営業により「協力金」の支給対象となっている場合

 

対象申請期間は、令和3年4月から8月です。

 

制度の詳細につきましては、「経済産業省の月次支援金」のHPに掲載されています。

 

一時支援金・月次支援金 (ichijishienkin.go.jp)

 

 

コロナ禍の状況が続きますが、事業資金計画の検討をしてください。

 

大阪の西由恵税理士事務所のHPはこちらです。

大阪の西由恵税士事務所