今年は風疹が流行しています | 福岡市城南区別府 『にしのクリニック』のブログ

福岡市城南区別府 『にしのクリニック』のブログ

 ラグビーをはじめ、スポーツ大好きドクターが、みなさまの快適な健康生活を願って役立つ情報をお届けします♪


テーマ:

「風疹が流行しています」

 

今年は風疹が流行しており、患者数が昨年の45倍に達しています。

主に首都圏で流行しており福岡県では9/2現在で10人とそう多くはないのですが、今後感染の拡大が懸念されています。

風疹ウイルスは感染力が強く(インフルエンザの24倍)、免疫のない妊婦が風疹に感染すると胎児に先天性風疹症候群という重篤な障害を引き起こします。

風疹にはこれといった有効な治療法はなく、自然治癒するのを待つしかないので、先天性風疹症候群を防ぐには妊婦への感染を防止することが最も重要であり、将来妊娠を希望する女性はもとより、パートナーの男性や家族、更に言えば職場などが一緒になって風疹の予防対策を行う事が重要になります。

風疹の予防に最も有効なのは風疹ワクチンを接種する事です。

風疹に自然感染したことがある方も免疫ができていますが、風疹にかかったと思っていて実は麻疹などのほかの病気にかかっていたなどのケースもありますので注意が必要です。

風疹はウイルスに感染しても1530%は症状が出ないことがあると言われており、そういった方が感染を広める危険性もあります。

風疹にかかったかどうか、ワクチンを接種したかどうかなどが曖昧な方は採血検査で自分に風疹ウイルスに対する抗体ができているかどうか(風疹ウイルスに対する十分な免疫力があるかどうか)を採血で調べる必要があります。

また、風疹にかかった方やワクチンを受けた方でも抗体が減ってしまい十分な免疫力がない状態の方もいらっしゃいますので、身近に妊娠を考えている女性がいる場合は念の為検査された方が良いと思います。

特に注意が必要なのはワクチン接種を受けていない方が多い30代~50代の男性です。

流行を防ぐためにも検査やワクチン接種を積極的に受けることが勧められます。

 

Dr.にしのさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス