昨日は、江崎グリコ株式会社の社長さんや役員さんを対象にした講演会。
質疑応答のコーナーではクリティカルな質問がバンバン飛んできて、メチャクソ楽しかったです。

講演でお話しさせてもらったのは、僕らが挑戦を続けていく上で絶対に無視できない『お金と広告』について。

『広告』というのは、モノを売ったり、集客をしたり、話題を作ったり…そういった“広く告げる作業”全般を指します。
特に『広告』のトレンドは数ヶ月ペースで変わっていくので、「今の広告は何か?」ということをお話しさせていただきました。



| 1時間で読めるビジネス書「新・魔法のコンパス」

『お金』と『広告』繋がりで…

このたび、3年前に出版した『魔法のコンパス ~道なき道の歩き方~』というビジネス書の文庫版の出版の話をいただきました。
『魔法のコンパス ~道なき道の歩き方~』を今、読み返してみると、予言者ばりに3年後の未来をミリ単位で的中させている自分に惚れ惚れしてしまうのですが、時代は、また変わります。

今のトレンドを書いたところで、またすぐに古くなってしまいますし、そもそも、単行本と文庫本の役割の違いを考えた時に、文庫本というのは、本屋さんに何年も何年も置かれ続けるので、文庫本で、新しいことを書けば書くほど、まもなく古くなります。

そもそも僕が持っている一番新しい情報はオンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』で毎朝発信しているので、そことの棲み分けもしなければなりません。

てなわけで、今回の『新・魔法のコンパス』はゼロから全部書き直して、『お金』や『広告』についての最新のトレンドというよりかは、『お金』や『広告』を知る上で押さえておかなければならない普遍的な内容にフォーカスしてみることにしました。

そんなこんなで昨夜、自分が書いた『新・魔法のコンパス』の原稿を読み返してみたところ、「読み終えるのに1時間以上かかってしまう本はシンドイ!」と思ってしまった私がそこにいまして、主題から少しでも脱線している内容はバンバン切り落とすことにしました。

とくに、これだけ選択肢が溢れた世界になってくると、どうしても、お金が価値が下がってきて、時間の価値が上がってきてしまいます。

なので、たぶん、初稿の半分ぐらいをカットします。

『お金』の問題にしても、『広告』の問題にしても、つまるところ「時間を大事にしよう」なので、「ビジネス書」が読者の方から奪っていい時間というのは確実に存在するので、とにかく、『新・魔法のコンパス』は1時間以内で読める本にしまーす。

700円でサクッと読めて、サクッと行動に移せる本になるよう、もう少しブラッシュアップします。
お楽しみにー。



【オンラインサロン】
毎日、議論&実験&作品制作&Webサービスの開発&美術館建設を進めています。
んでもって、ビジネス書に掲載するレベルの記事を毎朝投稿しています。
今朝は「オンラインサロン勉強会」というテーマで記事を投稿させてもらっています。
興味がある方はコチラ↓


Instagramで楽しみたい方はコチラ↓