国際歯周内科学会に参加してきました | Dr.にしむらのひとりごと

Dr.にしむらのひとりごと

宝塚市小林の歯医者さんのお話


テーマ:

先日、大阪で開催された『国際歯周内科学会』に参加してきました。

 

歯周内科とは、歯垢を採取し、顕微鏡で菌の状態に合わせてお薬を選択して服用していただく

治療法です。この治療法で歯周病に悩んでいた患者さんがすっかり良くなり

とても喜んでいただいております。

もちろん、クリーニングも非常に大切な治療なので、

積極的に受けていただいております。

 

今年は、『糖尿病』との関係がクローズアップされていました。

全身疾患である糖尿病は歯周病ととても関連性があり、

糖尿病になれば歯周病になりやすく、

また、歯周病になれば糖尿病になりやすいのです。

つまり、歯周病をしっかり治療を受けていただくことで

糖尿病のリスクを下げることができるんです。

口の中で起こっていることが、全身に大きな影響を与えていることが

改めて勉強することができ、充実した一日でした。

Dr.にしむらさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス