Dr.にしむらのひとりごと

Dr.にしむらのひとりごと

宝塚市小林の歯医者さんのお話

当クリニックは、

下記の『クリニックの取り組み・考え』をもとに

通常通りの診療体制をとります

 

 

 ①歯科治療・クリーニングを受けて

 コロナに感染することはありません

   歯の治療・クリーニングを受けたいけど、新型コロナウイルスのリスクが心配・・・と

  いう方もおられるかもしれません。ですが、通常から感染対策をきちんと

  行っていますので歯科治療が原因でコロナ感染が起こることはありません。

   ぜひ、安心して受診してください。

 

 ②当クリニックは常日頃から感染対策を万全にしています

 

    ・常日頃から行っている感染予防対策に加え、下記のような感染防御を行っています

 

   ・ 院内すべての共有スペースにおける消毒用アルコールの設置

・ ソーシャルディスタンス(社会的距離)確保をします。
・当院関係者の感染防護対策の徹底をしています
・院内スタッフの毎日の検温及び手指消毒の徹底をしています。
患者様に対する処置前の抗菌性洗口液によるガラガラ嗽をお願いしています。
 
・待合室における雑誌、新聞などの撤去をしています
 
・診療室内の全面換気、待合室などの清拭を徹底しています。
 
・患者様に対する来院時の非接触型体温計による体温測定をお願いしています
 
 
 
③お口のケアによりコロナ感染リスクを下げることができます
 
 
お口のケアをしっかりと行っている人はウイルス感染を起こしにくくなるということが
  わかってきています。これはインフルエンザに関する研究によって明らかにされたもの
  で、口腔ケアでお口の細菌をコントロールすることにより、ウイルスが体内の細胞に
  侵入しにくくなるというものです。特に歯周病菌はウイルスを体内に侵入させやすく
  する酵素を出すと言われています。ぜひ、こんな時こそ、しっかりとお口のケアをして
  おくことが大切と考えます。
 
皆さんに安心して受診していただけるように書かせていただきました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

いつも、にしむら歯科クリニックをご愛顧いただきありがとうございます。

この度新型コロナウィルス感染拡大により、患者様・スタッフの安全確保を考え

最小限のスタッフでの診療体制をとることとなりました。

 

それに伴い4月20()52()の間、クリーニング・定期検診のご予約をキャンセルさせていただきます。

医療人として、患者様の口腔内の健康を守るという使命を果たせなくなることは、とても辛く断腸の思いであります。

「先生頑張ってやー」「スタッフの皆さんも気を付けてねー」「こんな時にホントありがとう」などといった

励ましや感謝のお言葉をいただきながら日々診療を行っておりましたが、

スタッフの不安や健康を気遣うと診療を縮小せざるを得ないと判断しました。

 

今、我々が出来る事を行ってコロナウイルスが収束し

また皆さんの笑顔が溢れるクリニックに戻れるよう

『今』を頑張りたいと思います。

 

にしむら歯科クリニック

院長  西村 知晃

 

先日、床矯正研究会主催の講習会に参加しました。

『乳幼児期の食べ方が生涯のかみ合わせと口腔機能を作る』

 

離乳期から食事の仕方で顎の成長が決まっていくことを勉強しました。

スプーンでの食べさせ方

手づかみでの食事の方法  ・・・など

これらが、お口の中の機能を高める大きな要素になっています。

小さいときに『5感を育てる』ためには、食事が非常に大切であることを

再認識させていただくいい講習会でした。

 

今の、子供たちの約40%は歯列不正があるといわれています。

これには、食事の中での顎の育成がうまくいかなかった結果とも

いわれています。

もちろん、子供の時の食事の方法を改めることで顎の育成ができます。

そして、『床矯正治療』で歯並びをなおし、口腔機能を高めることもできます。

ぜひ、ご相談ください。

今年の診療が昨日で終わりました。
今年一年、ご愛顧いただきありがとうございました。

今年は、より精度の高い診療を目標にして
行ってまいりました。
なぜ、今の状態になったのか?
今後、どうすることが良いか?を
出来るか限りお伝えし、診療させていただきました。

人それぞれ、色々な理由で病気になってしまいます。それを今後どう予防していくかをお伝えしていくことが、我々の使命と考えております。
身体の状態と口の中の状態は、本当に密接な関係があることを今年一年の間、学会、講習会で学びました。
その学んだことを皆さまにお伝えし、健康を口の中から作って頂けるよう、来年以降も頑張っていこうと思っております。

スタッフ一同、日々精進し、より良い歯科診療を提供していきますので、来年もにしむら歯科クリニックをよろしくお願いします。



去る10月21日土曜日、西公民館で歯の健康講座でお話しさせていただきました。

台風の影響で大変な雨の中でしたが、約70人の市民の方々に参加していただきました。

 

『え!?これが口の中の主役?」

 

口の中には、いろいろな器官がありますが、歯だけが活躍して食事、おしゃべりなどが

できるわけではありません。

 

歯と同じくらい大切な器官があります。

それが、唾液、舌です。

 

講演では、それぞれの凄さをお話しさせていただきました。

唾液の成分の役目、どれだけ我々が唾液の活躍で

生活ができているかをお話しし、

舌については、呼吸に関与することをお伝えして

正しい舌の位置を覚えていただくために

楽しい舌の体操を皆さんで体験していただきました。

 

皆さん、すごく楽しげに体操をして下さっているのを見て

私も楽しくなりました。

 

皆さんの健康への関心の大きさを肌で感じ、

今後も歯科医師として、口の中から健康のサポートを

させていただくことを

改めて決意しました。

 

 

先日、大阪で開催された『国際歯周内科学会』に参加してきました。

 

歯周内科とは、歯垢を採取し、顕微鏡で菌の状態に合わせてお薬を選択して服用していただく

治療法です。この治療法で歯周病に悩んでいた患者さんがすっかり良くなり

とても喜んでいただいております。

もちろん、クリーニングも非常に大切な治療なので、

積極的に受けていただいております。

 

今年は、『糖尿病』との関係がクローズアップされていました。

全身疾患である糖尿病は歯周病ととても関連性があり、

糖尿病になれば歯周病になりやすく、

また、歯周病になれば糖尿病になりやすいのです。

つまり、歯周病をしっかり治療を受けていただくことで

糖尿病のリスクを下げることができるんです。

口の中で起こっていることが、全身に大きな影響を与えていることが

改めて勉強することができ、充実した一日でした。

先日、2月26日(日)に根管治療の講習会に参加しました。

根管治療は、歯の寿命を延ばすために、とても重要な治療で

以前から、講習会を探していました。

ある後輩先生が『先輩、いい講習会がありますよ!』と、

声をかけてくれたおかげで、今回参加できました。

 

根管治療は、歯の根の神経を取ったり、

以前に治療している根の先が膿んでしまった根を

治す治療を指します。

とても繊細な治療で術者の経験が大きく関係しやすい治療です。

 

治療の考え方は、大きくは変わっていませんでしたが、

『感染』に対して、どう対応するのかというところのアプローチの方法が

変わってきていると感じました。

また、器具も、良くなり、患者さんの負担がとても少なくなるように進化していました。

進化が早くとても驚きました。

 

今回習得したことを、臨床で生かせるよう、がんばっていきます!

今年1年、ご愛顧いただきありがとうございました。

今年は、診療内容をより充実させるべく『スタッフの強化』に努めました。。

特に接遇、歯科の知識などの勉強会を行いました。

『患者様一人ひとりのニーズ』は違い、『何を求めておられるか』を細心の注意を払って

診療をさせていただいたつもりです。

『歯科クリニックに来ていただいていることは非日常である』ということを

スタッフ全員で共有し、それに合わせた行動をスタッフ全員で行ったつもりです。

まだまだ、『歯医者が嫌い!』とおっしゃる患者さまはたくさんおられます。

その思いを消していただき、本当の『笑顔』で帰っていただけるよう

今後も精進してまいりたいと思います。

来年も、今年以上に『安心して通っていただけるクリニック』にしていきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いします。

今日、バラホーム保育園にて『歯科保健指導』に行ってきました。

3歳児から5歳児までを対象に、『歯の大切さ』を歯磨き指導を含めて行いました。

子供たちは元気いっぱい!

『歯磨き大好き!』っていっぱいアピールしてくれました。

まず、パワーポイントで『歯の大切さ』のお勉強

そして、主任/歯科衛生士・木村が子供たちみんなの前で『歯磨き指導』

みんな、一生懸命頑張って歯磨きしてくれました!

 

私は、地域のかた向けに『子供の歯を守るには…』と題して

お父様、お母様方に話をさせて頂きました。

皆さん、とても熱心に聞いて下さり嬉しかったです。

講義の後の質問も普段から困っていることから、予防についてなど、

たくさんのご質問があり、すごく楽しい時間を過ごすことができました。

 

今回の保健指導の準備において、色々な勉強をする機会にもなりました。

歯科の内容も然りですが、日頃、お母様方の悩みが分かることもできました。

本当にいい経験をさせて頂きました。今後の診療に役立てていきたいと思います。

最後になりますが、バラホーム保育園の先生方、色々お世話になりありがとうございました。

床矯正研究会の講習会に参加しました。

『拡大床装置は歯・歯列にどのように作用する?』という題目。

 

床矯正治療は、取り外し式の拡大装置を口の中に入れ、ねじを巻いて

歯列を整えていく『機械的な矯正』と、食事の中で咬むことやトレーニングによって

顎に刺激を与えて整えていく『バイオロジカル的な矯正』の2つの大きな柱で

成り立つ矯正です。

 

今日は、中でも機械的な矯正力がどのようにかかっているかを実際の症例をもとに

見ることができました。歯の動きがイメージしている動きと違ったことが大きな発見でした。

体の反応がこんな風になっているんだ…と、体のすごさに感心するばかりでした。

 

歯並びは、生活の中での結果であり、その生活習慣を変えるだけでも口の中が大きく

変化することも、改めて確認することができました。

 

当医院でも、たくさんの子供たちが床矯正治療を受けてくれています。

子供たちが自ら装置を付けて、そして保護者の方のサポートによって

歯並びが良くなってきているのを診ていると、とてもうれしくなります。

そして、子供たちの顔がいい顔になってきています。

男の子は凛々しく、女の子はかわいい顔に成長してくれています。

今後がすごくたのしみです。

 

ほんと、床矯正治療は、いい治療だと思いました。

今日勉強してことを、今後の治療に役立てていきたいと思います。